CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宇都宮まちづくり市民工房のブログです。
「市民による市民のためのまちづくり」を目指して!!!
まちづくりにけかる熱い思いを綴ります。

市民工房のHPはコチラ

« 2017年08月 | Main | 2017年10月 »

プロフィール

宇都宮まちづくり市民工房さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index2_0.xml
コミボラin宇都宮番外編活動〜岡本北小学校宮っこステーション[2017年09月02日(Sat)]
2017年9月2日(土)

 先月8月19日(土)宇都宮市今泉地区で行われる予定だった「夏の夕べ・盆踊り」がゲリラ豪雨により中止となり、せっかく覚えてもらったバルーンアート技術を発揮できませんでしたが、

 法人が運営している支援センター「まちぴあ」の登録団体の協力を得て、学生達を活躍の場へといざないました。その2回目の番外編を去る8月30日に行ないました。 

 バルーンを使ったボランティア活動をしにお邪魔したのは、岡本北小学校宮っ子ステーション(放課後子ども教室)です。

okakita.jpg


 活動を一緒に行ったのはコミボラin宇都宮でバルーンアートの技術を伝授した「うつのみや地域盛り上げ隊」とコミボラメンバーの男子高校生2名。

 開始前、岡本北小学校の地域コーディネーターの方々にご協力いただきながら、バルーンを80個ほど膨らまし会場に向かいました。 岡本北小学校1年生の児童34名に対してバルーン工作体験を始めに行いました。

okakita2.jpg


 バルーンに始めて触る・作る子が多く、手分けして、手こずってしまう子ども達の所へ行き指導をしました。

 剣やハートなど簡単にできるものを作り、その後は子ども達同士で遊んでもらいました。

 今回、1時間半くらいの内容でしたが、終始、子ども達から「剣をもっと作って欲しい」「犬さん作って欲しい」「ベルトを作って欲しい」と子ども達に囲まれながらバルーンプレゼントを行いました。 参加してくれた高校生達も子ども達に囲まれながら頑張って活動してくれました。

okakita3.jpg


 小学生たちの盛り上がりに少し圧倒されちゃった感もあった高校生たちでしたが、全力で喜んでくれる子ども達との出会いは、夏休み最終日の素敵な思い出になったことと思います。

(記事投稿:小松)

Posted by ANDO at 12:22 | 市民工房 事業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
佐藤順
発育状況 (09/23) かばてぃ
みよりキャンプ2010第二弾 報告3 (08/29) ネイチャー日和
イベント/20100710-11みよりキャンプ2010vol.1 (07/07) den256
寒川上映会 (06/07)
大根の収穫 本格化! (10/23) ANDO
組織が生き残ること (04/24) 前田利一
組織が生き残ること (04/16)
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30