CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宇都宮まちづくり市民工房のブログです。
「市民による市民のためのまちづくり」を目指して!!!
まちづくりにけかる熱い思いを綴ります。

市民工房のHPはコチラ

« 2012年05月 | Main | 2012年07月 »

プロフィール

宇都宮まちづくり市民工房さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index2_0.xml
地域コミュニティにおける絆の再生[2012年06月26日(Tue)]
2012年6月23日(土)宇大峰キャンパス2101教室で
地域コミュニティにおける絆の再生 〜これからの近所付き合いを考える〜
を開催しました。約110名参加

kaijou.jpg

福山市立大学の前山総一郎教授より
「21世紀の地域経営を考える」というテーマで、基調講演をいただきました。


少子高齢化が進む日本で、政治的試み(上からの改革)は、何度も失敗している。
今問われているのは、地域を形作る住民の力。高度経済成長時代に弱まったように
見えるが、これからの時代だからころ、底力を持つ。

★近隣ネットワークと絆の力
東日本大震災で大きな被害を受けた南三陸町馬場中山地区では、、
その後一致団結してコミュニティ作りを進めてきた。
その特徴は、

@チーム作りに長けている
A内部からエネルギーをくみ出す、
B相互信頼:震災前から育んできた
Cコミュニティ自治:自分たちで、生活圏と生活の形を守る

★近所付き合い
事例1.新潟市西区:こんふにてぃ協議会と町内会の連携による安心マップづくり
    <安心基盤の提供>
事例2.青森県階上(はしかみ)町:各地区で地区計画を策定し、町の総合計画に反映
    自らの提案が形になることの安心感
    <将来像策定>
事例3.鳥取県智頭(ちず)町:百人委員会を立ち上げ、住民が身近で関心の高い課題と
その解決製作を行政に提案。限られた予算の中で、本当に必要なものを実施する
ことで、納税への納得感が得られる。<事業創出>
事例4.埼玉県深谷市:自分たちで出資して、配食サービスやケアサービスに取り組む。
    <地域経済循環>

近所付き合いにはこのような力がある。ここから、新たな地域運営が始まる。
それは、住民一人ひとりに高い満足感と安心感を提供する。

最後に、前山先生から、「自分は宇都宮の大応援団ですから!」とのお言葉を
いただきました。
ご講演ありがとうございました。

Posted by ANDO at 10:42 | 市民工房 事業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
佐藤順
発育状況 (09/23) かばてぃ
みよりキャンプ2010第二弾 報告3 (08/29) ネイチャー日和
イベント/20100710-11みよりキャンプ2010vol.1 (07/07) den256
寒川上映会 (06/07)
大根の収穫 本格化! (10/23) ANDO
組織が生き残ること (04/24) 前田利一
組織が生き残ること (04/16)
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30