CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宇都宮まちづくり市民工房のブログです。
「市民による市民のためのまちづくり」を目指して!!!
まちづくりにけかる熱い思いを綴ります。

市民工房のHPはコチラ

« 2011年03月 | Main | 2011年05月 »

プロフィール

宇都宮まちづくり市民工房さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index2_0.xml
今日1日の動き[2011年04月01日(Fri)]
主に、宇都宮市内の避難者の方を対象にしたプログラムの

準備をしました。

@手作り餃子会(市民工房・ソノツギ主催)
Aカラダとココロ元気プロジェクト(宇都宮市民活動サポートセンター主催)

いずれも、避難所の皆さんに、宇都宮市内の会場に来ていただき、
餃子作りや、頭皮+フェイシャルマッサージを楽しんでいただこうという
企画です。

二つの企画のチラシを持って、まずは姿川体育館へ。

現在、76名が避難所生活を送ってます。そのうちほぼ半数が18歳以下。

体育館周辺では、子どもたちがキャッチボールやバスケットをして

遊んでいました。

企画について避難所の方とお話したところ、車はあるがあまり出歩いてはいない、

とのこと。

外に出るよりも、体育館に来ていただくほうがより多くの方に

楽しんでもらえるとアドバイスいただきました。

ということで、Aのほうは8日15時にお邪魔することになりました。

体育館に伺ったのは14時頃ですが、外では宇都宮リーダースクラブの

メンバーが子どもたちと遊んでいました。また体育館の中では、地域の

健康推進委員の方が講師役となり、皆でストレッチをするなど

多くのボランティアが活躍いる様子がわかりました。


その後、@の企画を持って茂原へ。

・環境学習センター 10世帯40名
・管理棟 26名

こちらは、車で外出している方が多いようです。

餃子づくりに参加する避難者の方も多いかもしれません。

ということで、センターと管理棟の二ヶ所にチラシを置いてきました。

この日は栃木SCから2名が来ていて、外で子どもたちと

体を動かしていました。また炊き出しも、週何回かは行われて

いるようです。


避難所の生活は、それぞれの場所で異なるため、要望も丁寧に聞き取りを

しないとミスマッチが起こってしまうことが、よくわかりました。

上河内生涯学習センターと冒険活動センターにも声かけをしてみます。

Posted by ANDO at 17:40 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
佐藤順
発育状況 (09/23) かばてぃ
みよりキャンプ2010第二弾 報告3 (08/29) ネイチャー日和
イベント/20100710-11みよりキャンプ2010vol.1 (07/07) den256
寒川上映会 (06/07)
大根の収穫 本格化! (10/23) ANDO
組織が生き残ること (04/24) 前田利一
組織が生き残ること (04/16)
<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30