CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宇都宮まちづくり市民工房のブログです。
「市民による市民のためのまちづくり」を目指して!!!
まちづくりにけかる熱い思いを綴ります。

市民工房のHPはコチラ

« 2010年04月 | Main | 2010年06月 »

プロフィール

宇都宮まちづくり市民工房さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index2_0.xml
[開墾ツアー 2010]第一弾![2010年05月29日(Sat)]
こんにちは、スタッフ高橋です。
ついに今年も、満を持して!
みよりキャンプをはじめとするツアー事業が始まります!
まずは耕作放棄地の開墾ツアー、
詳しくは以下をご覧ください↓^^




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●限界集落/高齢集落の魅力に触れる
『耕作放棄地 開墾ツアー 2010』第一弾!
----------------------------------------------------
               2010年6月13日@栃木県三依地区
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NPO法人宇都宮まちづくり市民工房
三依プロジェクト 事務局

「限界集落/高齢集落の魅力発見」を目指して、09年よりスタートした
体験ツアーが、いよいよ今年も始まります。

今回は、『耕作放棄地 開墾ツアー2010』と題して、上三依の耕作放棄地を再生し、そばを作って三依のそばやさんとタイアップすることを目標に、全5回の開墾ツアーを行います。そのうち2回は、『みよりキャンプ2010』の中で行います。

▼予定
第一回6/13   萱の根を掘り返して開墾!
第二回7/10.11  草を除去、土を見せる!
第三回7/31 土をかまして肥料をまいて畑に!
第四回8/21.22  そばの種まき! 
第五回未定  収穫!
(各回それぞれ参加者を募集します。一回のみの参加でももちろん大丈夫です。)

高齢化に伴い畑の管理ができなくなると、耕作放棄地・遊休地となる。すると鳥獣と住民の距離が近くなり、残された畑の野菜が鳥獣に食べられる。と同時に、耕作者は生きがいをひとつ失うことになる。

また、日本全国の耕作放棄地は、昭和60年の13.5%以降増え続け、平成17年で38.6万ha、埼玉県と同じ広さと言われています。

若者の手により、こういった耕作放棄地を再生し、一面の蕎麦畑の景色を蘇らせ、地域の誇りと思い出を再生させることへのチャレンジ・ツアーです。

 ミッションを持って自ら行動し課題に挑戦したい方、
 自然の中で皆と楽しく汗を流したい方、
そば・渓流釣り・高原大根で有名な三依に行ってみたい方など、
 参加を希望される方は、下記の概要をご確認ください。

▼ミッション
2010年、上三依の耕作放棄地をそばづくりで再生し、三依のそばやさんとタイアップする!

【第一回】萱の根を掘り返して開墾!
○日  時:6月13日(日)7:30〜18:00
○集合場所:栃木県青年会館(コンセーレ)(駐車可/無料)
○集合時間:7:30
○場  所:日光市上三依地区畑
○定  員:30名
○参 加 費:無料 
○持 ち 物:作業できる服装、長靴、軍手、心意気

◎プログラム
9:30 現地到着/作業開始
10:00 萱刈り(草刈り/束ねる/株を取る)
12:00 昼食(三依の蕎麦)※昼食代は各自負担
13:00 萱刈りor キャベツ苗植
16:00 現地出発
18:00 宇都宮到着 

===================================================
◇問合せ/申込み
NPO法人宇都宮まちづくり市民工房 栃木県宇都宮市平松町561
E-mail utshiminkoubou@yahoo.co.jp
氏名、所属、緊急連絡先をお送り下さい。
Blog:https://blog.canpan.info/shiminkoubou/ (三依プロジェクトの進捗も随時更新!)
====================================================

◎行きたいけど行けない場合
情報会員に登録すると、三依プロジェクトのイベント情報をメルマガでお送りします。
上記アドレスに、『情報会員希望』とお名前だけ書いてお送りください。













Posted by ANDO at 18:29 | 三依プロジェクト イベント・お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ふるさと再考キャンペーン下野新聞掲載されました[2010年05月29日(Sat)]





ふるさと再考キャンペーン映画「寒川」上映会の記事が5月26日の下野新聞に掲載されました。


多くの方のご協力もあり、現在、前売り、ご予約含め、170名の方にお申し込み頂いております。できるだけ多くの方に「ふるさと」を再考していただきたく、まだまだ広報に力を入れていきたいと思います。

多くのご協力頂いております皆さま、お近くに関心のある方がおりましたら、引き続きご案内のほど、よろしくお願いいたします。

____________________

映画「寒川」上映のお知らせ

映画のタイトルにある「寒川」は、宮崎県西都市にあった村の名前です。

あった・・・、そう、高齢化が進んだ結果、最後まで残った6世帯が
集団移転して、1989年に消滅してしまいました。

この映画は、山の同窓会として集まった元村民の方々や、
農山村の自然破壊がもたらす下流域への災害などを取り上げた
ドキュメンタリー映画です。

三依交流プロジェクトでは、この映画の上映会を実施することにしました。

「限界集落」「高齢化集落」の問題は、決して農山村に限定されたものではなく、
都会にも共通する課題だということを、考えるきっかけになればと思った
からです。

これから上映会に向けて、広報をしていくたいと思います。興味のある
方は、下記までご連絡下さい。

上映会日程

日時:2010年6月6日(日) @10:30〜  A13:30〜

場所:栃木県教育会館(コンセーレ隣) 4F小ホール

前売り 1,000円(学生500円)  当日 1,200円(学生600円)

主催/問い合わせ先
    NPO法人宇都宮まちづくり市民工房
    TEL 028−634-9901
    メール utshiminkoubou@yahoo.co.jp
協力 自然教室ネイチャーフレンド/One's Cinema

メール、電話での予約も可能です

Posted by ANDO at 16:28 | 高齢化集落/限界集落課題対応事業 三依プロジェクト | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
佐藤順
発育状況 (09/23) かばてぃ
みよりキャンプ2010第二弾 報告3 (08/29) ネイチャー日和
イベント/20100710-11みよりキャンプ2010vol.1 (07/07) den256
寒川上映会 (06/07)
大根の収穫 本格化! (10/23) ANDO
組織が生き残ること (04/24) 前田利一
組織が生き残ること (04/16)
<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31