CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宇都宮まちづくり市民工房のブログです。
「市民による市民のためのまちづくり」を目指して!!!
まちづくりにけかる熱い思いを綴ります。

市民工房のHPはコチラ

« みずほの緑の郷 | Main | 新潟福島水害 »

プロフィール

宇都宮まちづくり市民工房さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index2_0.xml
第60回「ひろのカフェ」報告[2015年02月22日(Sun)]
2015年2月22日(日)

 昨日の2月21日(土)に、毎月福島県いわき市にある広野町の皆さんの仮設住宅にお邪魔して、移動カフェや駄菓子屋などを通して交流する支援活動「ひろのカフェ」の第60回目がありました。

 今回は、一緒に活動を行っている、宇都宮大学「陣内プロジェクト研究」の学生さん3名が同行下さり活動することができました。

 お店を開店しますと、大人の皆さんが早速遊びにきてくれました。「ちゃんとカレンダーにカフェが来る日をメモっているの」と、この活動を楽しみにして下さっている方々からのお声を頂くこともでき、のんびりとスタートしました。

DSCF8222.JPG


 今回の活動では、いつも朝1でやってくる子ども達の登場が遅かったこともあり、午前中は大人の皆さんがそれぞれにご歓談&喫茶下さいました。

 和気藹々とお話しされる中に、仮設から復興住宅や自宅に帰るにあたっての不安などもお話しされており、皆さん同士で気持ちを共有されながら今後の動きについて語り合っている様子が印象的でした。

 そうこうしているうちに、子ども達も続々とご入店!

DSCF8224.JPG


 子ども達からのリクエストももらったので、駄菓子のラインナップを補充したのですが、みんな喜んでくれましたね。

 今回は、いつもの活動に加えて、3月11日に宇都宮で行われる震災支援イベント「ともしびプロジェクトin宇都宮2015」で募集している、キャンドルライト用のカップを作るワークショップを集会場でも行いました。

DSCF8229.JPG


 大学生のお兄さん、お姉さんたちに見本を見せてもらいながら、小さい子も小学生のにいちゃん・ねえちゃんについて一緒に作ってもらいまして、宇都宮市から復興への想いを伝えるキャンドルカップづくりに楽しみながら協力してくれました。

DSCF8228.JPG


 ステキな作品がたくさんできましたね。心を込めて宇都宮にお持ちいたします。

DSCF8250.JPG


 こんな感じで、賑わいながらも寒い季節、暖かい室内でみんなで過ごしまして。大人の方達が8名、子ども達が10名ほどで過ごすことができました。

 午後に入ると子ども数が増えて15名くらい皆さんで、お昼を終えて遊びにきてくれまして。恒例の「子ども城」状態になりましたが、屋外で縄跳びをしたり、かけっこをしたり。目一杯遊んでくれて無事に活動を終えることができました。

 ちなみに、次回の活動は、3月14日を予定しております。4月以降は新年度になりますので、近日中にボラ協力を募集している「まちぴあ・ボランティア情報」のページも更新し、来年度の活動予定をお知らせ致しますので、関心のある方は随時ご連絡下さいませ。

(記事投稿:小倉)

【参考URL】
 ・宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」
  (※ボランティア募集ページ)

Posted by ANDO at 09:47 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

第59回ひろのカフェ 〜宇大&白鴎大学生の活躍♪[2015年01月25日(Sun)]
 2015年1月25日(日)

 昨日の1月24日(土)に、毎月福島県いわき市にある広野町の皆さんの仮設住宅にお邪魔して、移動カフェや駄菓子屋などを通して交流する支援活動「ひろのカフェ」の第59回目がありました。

DSCF7734.JPG

 今回は、一緒に活動を行っている、宇都宮大学・陣内研究室の学生さん2名と、活動主体でもある当法人の運営しているまちづくり活動支援センター「まちぴあ」を通じて、ボランティア協力を申し出て下さった、白鴎大学の学生さん2名を加え、総勢6名でお邪魔してきました。

 お馴染みのカフェも、思えば新年初の実施となりまして、シニア世代の皆さんと子ども達が午前中15名ほど、午後も子ども達を中心に10名ほどが遊びにきてくれまして。

DSCF7731.JPG

 初めて参加の白鴎大コンビのお兄ちゃん&お姉ちゃんに、子ども達から駄菓子屋さんのルールを教えてもらいながら、お店と喫茶がスタートしました。

DSCF7719.JPG

 子ども達は相変わらず元気いっぱいで。午前中は、ウォーミングアップも兼ねてか頭の体操とばかりに、オセロ対決をしてくれたりしていました。

「大人(学生含み)に勝つと駄菓子を買うことができる」

DSCF7721.JPG

 のですが、新年明けたからか分かりませんけども。子ども達の腕が明らかに一段上になっておりまして。大学生のお兄ちゃんも四苦八苦しながら戦ってくれました。

 午前中のウォーミングアップの時点で穏やかながらも、中々の賑わいがあった「ひろのカフェ」でしたが、お昼ご飯休憩の直前には、子ども達から、

「午後は外で鬼ごっこだ」

 などと言われていたりして。すっかり初めてきた白鴎大学生コンビもなじんでおりましたので、内心みんなで戦々恐々していたのですが、午後に入ってみると、お腹を満たして遊びにきてくれたおかげもあって、鬼ごっこはどこかにいきまして。

 オセロやトランプといった脳を使う系のゲームや、絵本の読み聞かせなどでのんびりと過ごすことができました。(・・・良かったです)

DSCF7755.JPG

 こんな感じで、無事に滑り出すことのできた新年一発目の「ひろのカフェ」。朝早くから集合いただき、ほぼ一日ご一緒して下さった学生の皆さま。ありがとうございました。

 写真には残っていないものの、活動時には、カフェの会場となっている集会所以外のところも見て回る時間を作らせてもらって、震災が発生し、仮設住宅が設置され、そして今日まで経過していることなどを一緒に考えてもらう簡単なワークを行うなどすることもできました。

 次回のカフェ活動は、2月21日(土)に予定しています。ボランティアの皆さま、仮設住宅の皆さま、次回もぜひ宜しくお願い致します。

【参考URL】
 ・宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」
  (※ボランティア募集ページ)

Posted by ANDO at 15:31 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

第58回ひろのカフェ 報告〜大学生さんの手作りクリスマス会♪[2014年12月14日(Sun)]
2014年12月14日(日)

 昨日の12月13日(土)に、定期的に実施している、福島県いわき市の広野町の皆さんがお住まいになっている仮設住宅での交流支援活動「ひろのカフェ」を行いました。

DSCF6988.JPG


 今回は、前回から予告していた通り、12月の恒例カフェ企画ということで、クリスマスパーティを行いました。

 活動には、協働でカフェに取り組んでいる宇都宮大学・陣内研究室の学生さんたち4名に加え、活動主体の「市民工房」から3名のメンバーでお邪魔しました。

 仮設住宅集会所でのクリスマス会では、例年、宇都宮市からボランティアさんに同行いただきミニコンサートなどの催しを行っておりますが、今年は、大学生さんたちが主体になって企画を考えてくれて、

 子ども達と一緒に楽しむ、手作りクリスマス会を催しました。

DSCF6986.JPG


 例によって午前中から子ども達が15名くらい、大人の皆さんが4名程いつもの喫茶と駄菓子屋さんを楽しみに来てくれました。会場には、お兄さんたちが扮したトナカイさんたちがスタンバッていたので、子ども達の盛り上がりは早くも最高潮!

DSCF7044.JPG


 折り紙で手作りのクリスマスツリーを作ったりしながら、午後に備えました。

 大学生さんたちは、扮装やツリーの他にギター演奏と集会所にあるピアノを使って「クリスマスソングライブ」を企画してくれまして。

 トナカイのお兄さんコンビが伴奏を担当し、お姉さんサンタさんたちがお歌を歌ってくれました。もちろん、コンサートで歌うメインは、子ども達。「ジングルベル」「あわてん坊のサンタクロース」を20名ほどの皆さんで歌って、楽しみました。

DSCF7020.JPG


 お姉さんサンタさんたちからは、さらにお手製のお菓子もついてプレゼントが子ども達に配られまして、大変賑やかなクリスマス会となりました。

DSCF7029.JPG


 このような感じで、今年も一年間の「ひろのカフェ」の締めくくりとなりました。来年1月は、1月24日(土)に変わらないスタイルでお邪魔しようと思っております。

 気の早い話かもしれませんが、仮設住宅の皆さま。今年もありがとうございました。来年もぜひ、宜しくお願い致します♪

(記事投稿:小倉)

Posted by ANDO at 09:47 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

第57回ひろのカフェ 活動報告[2014年12月01日(Mon)]
2014年12月1日(月)

 去る、11月29日(土)に、定期的に実施している、福島県いわき市の広野町の皆さんがお住まいになっている仮設住宅での交流支援活動「ひろのカフェ」を行いました。

 実施できなかった10月分の活動を11月での実施となりましたが、今回も市民工房のメンバー1名に加え、協働で交流活動に協力下さっている宇都宮大学の学生たちを含めた3名でお邪魔してくることができました。

DSC_0068.JPG


 恒例になった今活動には、今回も開店時間と同時に子ども達が11名と、仮設にお住まいのシニア世代の皆さまなど大人の皆さまも5名ほど遊びにきてくれました。

DSC_0070.JPG


 午前中は雨も降っていたこともあり、恒例の駄菓子屋で楽しんだあとは、オセロやトランプなどのゲームを子ども達で楽しんだり、ボランティアのお姉さんが相手をしたりして盛り上がりました。携帯ゲームが全盛の今ですが、ボードゲームでコミュニケーションを取るのは、逆に盛り上がりが違いますね。

DSC_0072.JPG


 午後からは、さらに子ども達も増えて、大人の皆さんも併せて19名ほどが遊びにきてくれました。今回は、特別協力ということで、「市民工房」が宇都宮市で運営している、ボランティアなどまちづくり活動の中間支援センター「まちぴあ」を介して協力を希望下さった、

「虹のなないろプロジェクト」さんたちによる、パステルシャインアートのワークショップが行われました。道具を利用して、なんとも癒される絵柄を作るパステルシャインアートは、阪神大震災などでも注目された、セラピー効果もあるといわれるアートです。

 女の子向けとも思いそうな感じでしたが、心配ご無用。

DSC_0073.JPG


 男の子たちも一緒になって、作画にチャレンジしてくれたようですが、午後からのスタートだったので、もっとやってみたかったのかもしれませんね♪

 今回のテーマは「クリスマス」だったそうで、それぞれのサンタさんやクリスマスをイメージする作品ができた模様でした。

 素敵な体験会の実施をしていただき、「なないろプロジェクト」の皆さま。まことにありがとうございました。

 さて、もうもう12月に入りましたね。12月は、これまた恒例になりましたが、カフェ手作りの「クリスマス会」を予定しています。なんでも、学生さんのギター演奏や、よく分かりませんけども、サンタが二人登場する予定もあるらしく、

 大学生のお兄さん・お姉さんたちが、子ども達を楽しませようとアレコレ準備をしているそうでございます。お邪魔するのは、12月13日(土)です。

 今年のクリスマスも、みんなで楽しめるようにお邪魔しますので、仮設住宅の皆さま、宜しくお願い致します!!

【参考URL】
 ・宇都宮市まちづくりセンター「まちぴあ」
 ・虹のなないろプロジェクト

(記事投稿:小倉 写真撮影:A)

Posted by ANDO at 15:45 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

第56回ひろのカフェ 活動報告[2014年11月02日(Sun)]
2014年11月2日(日)

 昨日の11月1日(土)に、定期的に実施している、福島県いわき市の広野町の皆さんがお住まいになっている仮設住宅での交流支援活動「ひろのカフェ」を行いました。

DSCF6263.JPG


 10月は実施団体「市民工房」の予定が経たず、11月頭での実施となりましたが、今回もスタッフ1名に加え、市内専門学生2名と、一般からのボランティア希望を下さった1名の合計4名でお邪魔してくることができました。

 恒例になった今活動には、今回も開店時間と同時に子ども達が10名ほど遊びにきてくれまして、特に今回は子ども達オンリーの「子どもの城状態」で行うことができました。

DSCF6264.JPG


 最近は、宇都宮のボランティアメンバーよりもお茶を淹れることが板についた子ども達と一緒にお茶を楽しみ、

DSCF6300.JPG


 駄菓子屋、トランプ、バルーンといった感じで遊びました。

DSCF6287.JPG


 午後からは、用事のあった子ども達も合流し、「城」がバージョンアップされまして。

 宿題をお姉さんに見てもらったり、風船でチャンバラをしたりと、思い思いの過ごし方が展開されてとても賑やかに過ごすことができました。今回の活動では、午前午後合わせて20名ほどの参加がありました。

DSCF6289.JPG


 ちなみに、今月11月は、もう一回お邪魔する予定を立てています。お邪魔するのは11月29日(土)です。この回には、市民工房が運営している「まちぴあ」を通して協力希望を下さった、癒しのアート「パステルシャインアート」を広める活動を行っている、

「虹のなないろプロジェクト」さんにもご協力頂き、従来の駄菓子、喫茶の交流に加えて、午後からパステルシャインアートのワークショップを開催する予定になっています。少しずつ、年末・クリスマスに近づいてきた季節にぴったりの作品をつくる機会を企画下さっていますので、

 ワークショップでも、仮設住宅の皆さんや子ども達と楽しい時間を過ごしてきたいと思います。広野仮設の皆さま、次回も宜しくお願いします。

(記事投稿:小倉)

Posted by ANDO at 11:15 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

第54回ひろのカフェ 活動報告[2014年08月31日(Sun)]
2014年8月31日(日)

 昨日の8月30日は、第54回目となります、福島県いわき市の仮設住宅にお邪魔しての交流支援活動「ひろのカフェ」の日でした。

DSCF5105.JPG


 今回の活動には、協力して今プロジェクトに関わって下さっている宇都宮大学陣内研究室の学生さん3名と、市民工房の活動をウェブサイトを通じてボランティア協力を申し出てくれた、株式会社「ワタミタクショク」の社員さん2名を加えての活動となりました。

DSCF5084.JPG


 現地の集会所に到着してみると、30日夜から予定されている敷地内でのお祭りが準備されておりましたが、喫茶と駄菓子屋、バルーンといったおなじみの交流活動を楽しみに住民の方がたくさん遊びにきてくれました。

DSCF5082.JPG


 今回同行してくれた、学生さんたちも、すっかりコーヒーの淹れ方に馴れ、マスターをしてもらいながら、子ども達と一緒に駄菓子屋さんの準備もして開店を迎えることができました。福島の学校はすでに夏休みが終了しているそうですが、「ひろのカフェ」には相変わらず、多くの子たちが遊びにきてくれて、シニア世代の住民の皆さんと賑やかなカフェにしてくれます。

DSCF5080.JPG


 午前中は、大人の皆さん・子ども達含め20名ほどの来場があり、午後は子ども達がメインで遊びにきてくれました。ワタミタクショクのお二人も、子ども達に読み聞かせをしたり、

 大学生のお姉さんと一緒に絵を描いたりして過ごし、夕方からはイベントもあるとのことで、一息つきつつのやんわりとした子どものひろばとなりました。

DSCF5108.JPG


 このような雰囲気で無事に終えることのできた、今回の「ひろのカフェ」。次回は9月20日(土)の実施を予定しております。

 今回、ご協力下さった大学生の皆さま、自家用車を出動して下さり、活動にご協力下さったワタミタクショクの皆さま。また、楽しみに遊びに来て下さった住宅の皆さま、大変ありがとうございました。次回も宜しくお願いします!


(記事投稿:小倉)

Posted by ANDO at 09:50 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

第53回ひろのカフェ 活動報告[2014年07月20日(Sun)]
2014年7月20日(日)

 昨日の7月19日は、第53回目となります、福島県いわき市の仮設住宅にお邪魔しての交流支援活動「ひろのカフェ」の日でした。

 今回の活動には、協力して今プロジェクトに関わって下さっている宇都宮大学陣内研究室の学生さん2名と、市民工房が指定管理運営している「まちづくりセンター」のボランティア募集から協力を希望下さった専門学生のNさんの3名を同行しての活動となりました。

 ブログを更新している私(小倉)も同行しましたが、今回は活動の一番メインである「カフェ」を担当する方が手薄ということもあり、いつもは子どもの相手が主体の私もコーヒーを淹れる練習をして臨みましたが、

 現地の集会所に到着してみると、例によって駄菓子屋とカフェを楽しみにしてくれている子ども達がすでに待ち受けていてくれまして。これまでの活動で、上級生の子たちはカフェの手伝いをしてくれていたこともありましたから、

DSCF4387.JPG


 本日はじめて参加下さった、お兄さん・お姉さんたちにコーヒーの淹れ方とお客さんである大人の方達のところまで運ぶ一連を事柄をレクチャーしてもらうことにした「子ども店長作戦」でもって今回の活動はスタートしました。

DSCF4386.JPG


 駄菓子屋さんもカフェの準備も子ども達と一緒に行いまして、準備万端。生憎の雨模様ではありましたが、いつも喫茶と楽しみに来てくれる方々を相手に、淹れたてのコーヒーを楽しんでもらいました。

 午前中は大人の方がメインで10名ほどの来場あり、午後は子ども達メインの時間となりました。駄菓子、コーヒー、バルーンアートといったいつもの活動に加え、新加入のボランティアさんたちが折り紙得意ということもあって、即興の折り紙教室でも楽しく過ごしました。

DSCF4404.JPG


 この日は、夕方から近隣の保育園でもって夏祭りがあるとのことで、少し早目に切り上げることになったカフェですが、お片付けの最後まで子ども達には手伝ってもらい、最後はきれいになった会場で、なぜだかわかりませんが、「高い高い大会」が開かれました。

DSCF4413.JPG


 お兄さんたちは大変だったようですが、一日手伝ってくれたご褒美も兼ねてのひと騒ぎをして、無事に活動を終えることができました。今回のカフェには、午前午後を通じて30名ほどの来場があり、賑やかな会とすることができました。

 次回は、夏休みも終わった、8月30日(土)を予定しております。ボランティアの皆さま、広野の皆さま、また次回も宜しくお願いします。

(記事投稿:小倉)

Posted by ANDO at 17:03 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

第52回「ひろのカフェ」 活動報告[2014年06月30日(Mon)]
2014年6月30日(月)

 去る、6月28日(土)は、第52回目になる。仮設住宅における交流支援活動「ひろのカフェ」の活動日でした。今回の活動には、市民工房が指定管理運営をしている中間支援センター”まちぴあ”を通じて、協力を申し出てくれた大学生1名と、一般のボランティアの方が1名に、

DSCF3995.JPG


 センターの登録団体でもあり、宇都宮市内でリサイクル活動を展開されている、Oさんが、衣料品やジュース、取れたて直送でもってきてくれた野菜の販売をして下さるとともに、

DSCF3997.JPG


 メガネケアの「マリーのメガネ」さんによる、メガネ無料メンテの方2名に、宇都宮大学の陣内研究室から先生と生徒さん2名の計9名でお邪魔してきました。

DSCF4020.JPG


 今年度から週末の月1回開催になった「カフェ」には、子ども達を中心にたくさんの方が遊びにきてくれまして。いつもは子ども達がメインになりがちですが、野菜販売などもあったことで、シニア世代の方達も喫茶・歓談を楽しみに来てくださいました。

DSCF4001.JPG


 今回は、野菜販売、メガネボラ、駄菓子、喫茶、バルーンあそびと内容盛りだくさんなのに加え、裏メニューに夏時期限定の「水鉄砲あそび」も予定されていましたので、

 活動場所の仮設住宅に到着する道中は、かなりな雨が降っていたのにも関わらず、予定していた13:00からはやんだこともあって、子ども達と元気に水鉄砲あそびのお相手をしました。

DSCF4049.JPG


 元気いっぱいの子ども達には、同行してくれた大学生ボラの3名が特に頑張ってくれまして、子ども達は大いにはしゃいで、ずぶ濡れになって大満足の様子でした。

DSCF4006.JPG


 その後も、カフェはとても賑やかで、子ども達の声が元気にこだまする「ひろのカフェ」となり、今回も無事に終了することができました。

 ちなみに次回、53回目の活動は、7月19日(土)に開催予定です。通常のカフェ&駄菓子の活動をメインに行う予定となっております。一緒にいわき市までいって交流活動に参加してみたい方の募集も行っておりますので、宜しくお願いします。

 ミニバザーを行って下さったOさま。メガネボラの「マリー」さんたち、大活躍だった学生ボラの皆さま。ご協力、まことにありがとうございました。

(記事投稿:小 倉)

Posted by ANDO at 17:07 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

第51回ひろのカフェ 活動報告[2014年05月26日(Mon)]
2014年5月26日(月)

 昨日の5月25日、第51回目になる仮設住宅における交流支援活動「ひろのカフェ」の活動日でした。今回の活動には、活動の情報をウエブサイトで見つけ、協力を希望下さった、県内の大学生さん2名に加え、ひろのカフェ活動OBのAさんとともに、

 いわき市の仮設住宅にお邪魔しました。今回は日曜日の活動となり、子ども達がたくさん遊びにきてくれました。

 今回の活動に参加下さった学生さんたちは、もともとボランティア活動に興味関心があって、これまでも子ども達との遊びのボランティア経験があったとのことだったので、

DSCF3073.JPG


 カフェ&駄菓子屋のいつも活動で子ども達と過ごしつつ、オセロゲームや読み聞かせなど、楽しくお相手をして下さいました。お姉ちゃんには、女の子たちがくっついて、お兄ちゃんは男の子たちが追いかけましておりまして、

DSCF3078.JPG


 お休みの日らしい賑やかさが朝からあった活動となりました。午前中のカフェには、大人の方達もお仕事の一休みに遊びにきて下さいまして、大人・子ども合わせて10名ほどの来場がありました。

 午後になると、いよいよ「子どもの城」になりまして。恒例のバルーンプレゼントを楽しみながら、外でチャンバラ大会が始まって、大騒ぎに遊んでくれました。そのあとは、鬼ごっこやケイドロなど、次々に遊びが提案されて、

DSCF3059.JPG


 若者主体のボランティアチームは大変お疲れ気味でしたね。しかしながら、子ども達は思いっきり遊べた様子で、活動の甲斐がありました。

DSCF3082.JPG


 ちなみに、次回、第52回「ひろのカフェ」では、宇都宮市から取り立ての野菜をもって参加下さる皆さんや、メガネケアが出来る方の協力が予定されております。今度の活動では、子どもたちだけではなく、大人の皆さんも参加して楽しいカフェを行うつもりです。

 次回52回の活動は、6月28日(土)に予定しています。仮設の皆さま、次回も宜しくお願いします!

(記事投稿:小倉)

Posted by ANDO at 15:50 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

第50回ひろのカフェ 実施報告[2014年04月15日(Tue)]
2014年4月15日(火)

 去る、4月12日(土)に、今年度初となる、福島県いわき市にある広野町の皆さんがお住まいになっている仮設住宅にお邪魔しての交流&支援活動「ひろのカフェ」を行いました。

 月1〜2回程度の開催で行ってきたこの活動も、50回目を迎えることとなりました。これも、活動に協力して下さったボランティアの皆さんと、活動を楽しみにしてくれている現地の皆さんのおかげでありますね。

 今年度も毎月、定期的にお邪魔して、カフェや駄菓子屋さんの交流活動を行っていく予定です。

 さて、4月12日にお邪魔した「ひろのカフェ」には、宇都宮市から協力を希望して下さったボランティアさんを含め4名のメンバーで向いました。今年度は、主に土曜日の実施が多くなる予定ですが、今回はその初回ということで、子どもたちを中心に遊びにきてくれるといいなぁと思いつつの現地行きとなりました。

DSCF1947.JPG


 宇都宮市よりもすこ〜しだけ季節の進みが遅いのか、仮設住宅にお邪魔すると最初に飛び込んできたのは満開の桜です。気持ちもほんわか春の心持になりながら、早速カフェと駄菓子屋さんの準備をしました。

 お休みの土曜日ということもあり、子どもたちはオープン前の時間から続々と遊びにきてくれました。駄菓子屋さんや同行したバルーンボラの「ウシ」から風船をもらって遊ぶなど、お昼前の時間には、賑やかなカフェとなりました。

DSCF1934.JPG


 子どもたちに加えて、大人の皆さんも喫茶・歓談を楽しみに遊びにきてくれまして、午前中と午後の時間を併せて、約40名ほどのお客さんが来てくれました。

 天気も良かったので、もらった風船や持ち込んだおもちゃなどで、外で遊ぶ子も多く。そのあたりの面倒は、同行下さった学生ボランティアさんがしてくれて、子どもたちも楽しそうに遊べた模様でしたね。

DSCF1936.JPG


 カフェの活動では、我々に混じってコーヒーを淹れてくれるお手伝いをすすんでしてくれる子もあり。この辺りは、昨年から変わらずに手伝ってくれるので、とても心強かったです。

 こんな感じで、10時30分の開店から15:30の閉店まで、とても賑やかな「ひろのカフェ」でした。次回は、日曜日開催なので、同じように楽しい空間で皆さんと過ごしたいと思いましたね。

DSCF1942.JPG


 ちなみに次回は、5月25日(日)にお邪魔する予定です。広野町の皆さま、次回も宜しくお願いします!

(記事投稿:小倉)

Posted by ANDO at 16:28 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

前へ | 次へ

カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
佐藤順
発育状況 (09/23) かばてぃ
みよりキャンプ2010第二弾 報告3 (08/29) ネイチャー日和
イベント/20100710-11みよりキャンプ2010vol.1 (07/07) den256
寒川上映会 (06/07)
大根の収穫 本格化! (10/23) ANDO
組織が生き残ること (04/24) 前田利一
組織が生き残ること (04/16)
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31