CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宇都宮まちづくり市民工房のブログです。
「市民による市民のためのまちづくり」を目指して!!!
まちづくりにけかる熱い思いを綴ります。

市民工房のHPはコチラ

« 来週の動き | Main | 大根とキャベツ »

プロフィール

宇都宮まちづくり市民工房さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index2_0.xml
第2回いわき市打ち合わせ[2011年09月13日(Tue)]
いわき地域絆づくり支援センターのお二人と打ち合わせをしてきました。

こちらからは、5名参加。

・いわき地域絆づくり支援センターの取り組み
 H町との協働で、保健福祉事業を行うことになったとのこと。
 仮設、借り上げへの入居者はそれぞれ600世帯、まずは仮設入居の
 方々を対象に、10月から訪問を行う予定で、そのスタッフを今月中に
 雇用する。

・市民工房としての取り組み方針の説明
 仮設住宅入居者へのアンケート調査。既に多くの団体が調査を行って
 おり、入居者はアンケートアレルギーに陥っているとのこと。目的を
 明確に、その結果のフィードバックを適切に行う必要性を痛感。
 支援センターの協力をいただき、配布・回収を行う方向で再度、
 設計することに。

 調査は、数字を得てグラフを描き、報告書を作ることが目的ではない。
 そこから次の行動を具体化することで、明らかになった課題を解決
 することが目的。
 支援センターのT氏曰く
 「雨漏りがあるなら、調査の1ヵ月後に雨漏り家屋が
 ゼロになっていなければ」
 まさにその通り。

 その後、近隣の仮設住宅、さらに建設中の現場を見てきた。



 この仮設住宅は、木の香りが漂う感じで、屋根も三角屋根。



 こちらはトタンで平らな屋根。

 メーカーによっていろいろな仮設住宅が建てられている。

 いわき市内でも、さまざまな仮設住宅が一定のエリアに建てられていて、
 できればあちらのほうが良かった、という思いを抱かせてしまう気がする。

 住みやすい仮設住宅・・・実現は難しい???

 

Posted by ANDO at 19:24 | 東日本大震災 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/shiminkoubou/archive/492

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
佐藤順
発育状況 (09/23) かばてぃ
みよりキャンプ2010第二弾 報告3 (08/29) ネイチャー日和
イベント/20100710-11みよりキャンプ2010vol.1 (07/07) den256
寒川上映会 (06/07)
大根の収穫 本格化! (10/23) ANDO
組織が生き残ること (04/24) 前田利一
組織が生き残ること (04/16)
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31