CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宇都宮まちづくり市民工房のブログです。
「市民による市民のためのまちづくり」を目指して!!!
まちづくりにけかる熱い思いを綴ります。

市民工房のHPはコチラ

« 1月25日の下野新聞に掲載されました。 | Main | 新公用車 »

プロフィール

宇都宮まちづくり市民工房さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index2_0.xml
将来ビジョン策定公開講座[2010年01月27日(Wed)]
姿川地区で、

将来ビジョン策定公開講座「地域の将来ビジョンとは何か」

が開催されました。

主催:姿川地区まちづくり協議会
日時:2010年1月24日(日)9:30〜11:30
場所:姿川地区市民センター

当日は、130名もの方が集まり、活気あふれる講座となりました。

 


1.地域の将来ビジョンとは何か
  宇都宮市自治振興部みんなでまちづくり課

  地域ビジョンとは、地域の方々の思いを結集した「まちの将来像・未来像」
  その実施には、
  ・体制づくり
  ・現状の把握(人口・年齢分布、産業、歴史文化など)
  ・課題や資源の抽出
  ・住民意識の把握
  ・目指すべき将来像の共有化
  ・総意形成
 などのステップが考えられる



2.将来ビジョンとまちづくり 〜誇れるまちを目指して〜
  NPO法人宇都宮まちづくり市民工房 陣内雄次 理事長

 将来ビジョンの立案には次の4点が重要

 1)将来ビジョン立案のプロセスを大切に
   手間隙かけて
 2)多様な人々の参画を

 3)今ある資源を守り、活かすという視点
   プラスをさらにプラスへ

 4)ビジョン作成は新たなスタート
   それ自体が目的ではない

 こうして策定したビジョンは、地域の人々が自分たちのまちに
 誇りを抱くために重要な位置づけとなる。



3.地域ビジョン策定メンバーの紹介

 姿川地区では、このあと策定メンバーを中心に具体的なビジョン策定の
 取り組みを始めることになります。



 まずは、2月28日に宇都宮市で既に地域ビジョンを策定した西地区を訪問し、
 どのような取り組みをしてきたのか、教えていただくことになっています。

 今回の講座は、地域に住む方々が自分のまちを誇りに思い、次の世代に
 継いで行きたいと願う熱い気持ちを再認識する場となりました。

 私たち市民工房は、これからもこうした地域の活動にできうる限りの
 お手伝いをしていきたいと思っています。

 

Posted by ANDO at 17:46 | 市民工房 事業 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/shiminkoubou/archive/242

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
佐藤順
発育状況 (09/23) かばてぃ
みよりキャンプ2010第二弾 報告3 (08/29) ネイチャー日和
イベント/20100710-11みよりキャンプ2010vol.1 (07/07) den256
寒川上映会 (06/07)
大根の収穫 本格化! (10/23) ANDO
組織が生き残ること (04/24) 前田利一
組織が生き残ること (04/16)
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31