CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宇都宮まちづくり市民工房のブログです。
「市民による市民のためのまちづくり」を目指して!!!
まちづくりにけかる熱い思いを綴ります。

市民工房のHPはコチラ

« 萱刈りツアー参加者募集9月20日(日)7:00〜 | Main | 雨上がりの横川農場 »

プロフィール

宇都宮まちづくり市民工房さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index2_0.xml
政権交代のあとに[2009年09月10日(Thu)]
結党以来守り続けてきた第一党の座を滑り落ちて自民党が下野し、
民主党が政権党となりました。大きな変化が起こるときは仕方ない
と思いますが、「政権交代」という言葉のもとに、マニフェストに
書かれた個別の政策案や候補者の横顔などは、かすんで
しまった選挙でした。

 では有権者がこの選挙に託したものは何なのか。

今のままでは日本がダメになるという危機感、
ではどう変革すべきかという将来像を描けない閉塞感、
ならば日本を動かす仕組み自体ゼロから作り直そう、
それが大きな民意となりました。

 でも勘違いしてもらっては困るのが、決して白紙委任では
ないということ。
前々回の選挙で郵政民営化を旗印に集めた議席は自民党
政権にすべてを任せたからではありませんでした。それを
知っていたのに選挙で信任を得ないまま政権放り投げを
繰り返してしまった。

今回も同じことが言えます。

新聞では「政権が民主党に移ったからといっていきなり
暮らしやすくなるとは思っていない」という声が紹介されて
います。確かにそうかもしれません。政治の仕組みを変えた
そのあとに、どんな日本を目指すのかを国民はしっかり
見ていくことになります。

 有権者は今回、小選挙区という制度の威力を実感しました。
まるでオセロゲームのような一発大逆転が現実になったわけです。

そこで政治家に求められるのは、「何のために政治家になったのか」
という原点に戻る自問自答だと思います。

政治に利権はつきもの、説明が我田引水でも致し方ないかも
しれません。でも自分が目指す社会は何か、その実現に向けて
何をすべきか、何をしてきたかをきちんと説明できる政治家で
あって欲しいと願います。政党名で票を入れることも大切ですが、
「その言葉に未来を託そう」と思える政治家にめぐり合えた
有権者は幸せです。

 一人ひとりが抱える課題の解決に向き合ってくれる政党
あるいは政治家に投票する、そんな選択ができる選挙へ変わる
第一歩となるのが今回の選挙だったと思います。

二大政党が政権を取り合うという単純な構図、オセロゲームを
繰り返すのではなく、もっと多様な考え方が反映できる、
つまり複数の政党がまとまった議席を得るなかでの国会運営、
そこから政治主導の政策実現ができれば、弱者への配慮が
よりなされるのではないでしょうか。

国民の目が一層問われることになります。

Posted by ANDO at 17:49 | 日々のあれこれ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/shiminkoubou/archive/199

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
佐藤順
発育状況 (09/23) かばてぃ
みよりキャンプ2010第二弾 報告3 (08/29) ネイチャー日和
イベント/20100710-11みよりキャンプ2010vol.1 (07/07) den256
寒川上映会 (06/07)
大根の収穫 本格化! (10/23) ANDO
組織が生き残ること (04/24) 前田利一
組織が生き残ること (04/16)
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31