CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宇都宮まちづくり市民工房のブログです。
「市民による市民のためのまちづくり」を目指して!!!
まちづくりにけかる熱い思いを綴ります。

市民工房のHPはコチラ

« 「姿川地区の将来像を語ろう!」シンポジウム開催 | Main | 2008年もあとわずか »

プロフィール

宇都宮まちづくり市民工房さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index2_0.xml
三依プロジェクトのお知らせ&報告[2008年12月24日(Wed)]

イメージ 1

イメージ 2

 2008年12月24日(水)



 三依プロジェクトのお知らせ&報告です。





 2008年12月23日(火)



 に、日光市・三依の「きすげの郷」というお食事処の前に位置します、畑で「萱がり」(かやがり)を行いました。



 萱(かや)とはその昔、屋根になったものです。屈強なススキと考えて頂ければよいと思います。



 その萱ですが、その昔はちゃんと利用し、生活に役立てていましたが、昨今萱葺き屋根が消滅すると、ただの雑草にしかなりません。この三依の地域では、雪降る時期の畑のカバーとして使用したり、茗荷(みょうが)づくりに利用していたそうですが、高齢化で畑のケアが難しくなると、本当に邪魔な存在になってしまいます。



 萱の根は、気象条件に負けないように強く、他の作物に悪影響を及ぼしてしまいます。



 そこで、萱がりが必要になるのですね。



 今回は、少数精鋭で全てを綺麗にすることは叶わなかったですが、萱を切り、そろえてホウキのようにし、立てるという作業を行いました。



 この、「かやがりタワー」も、何度が崩落しまして、苦労して立てたものです。



 地域の皆さんの「技」が素晴らしいことを感じました。



 この日は、この他にも炭の木材の加工や、炭焼き釜も見学させて頂き、ここでも厳しい自然の中で生きてこられた、地区の皆さんの技を目の当たりにしました。





 さて、年末になり何かと忙しいと思いますが、我々は、12月29日にも三依に行く予定であるそうです。



恐らく、今年最後になるとは思いますが、また来年も宜しくお願いします!



(記事投稿:O)
【高齢化集落/限界集落課題対応事業 三依プロジェクトの最新記事】

Posted by ANDO at 19:52 | 高齢化集落/限界集落課題対応事業 三依プロジェクト | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/shiminkoubou/archive/123

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
佐藤順
発育状況 (09/23) かばてぃ
みよりキャンプ2010第二弾 報告3 (08/29) ネイチャー日和
イベント/20100710-11みよりキャンプ2010vol.1 (07/07) den256
寒川上映会 (06/07)
大根の収穫 本格化! (10/23) ANDO
組織が生き残ること (04/24) 前田利一
組織が生き残ること (04/16)
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31