CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
宇都宮まちづくり市民工房のブログです。
「市民による市民のためのまちづくり」を目指して!!!
まちづくりにけかる熱い思いを綴ります。

市民工房のHPはコチラ

« 変わっていく駅東口 | Main | これからどうなる? »

プロフィール

宇都宮まちづくり市民工房さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shiminkoubou/index2_0.xml
農作物を収穫。自画自賛だとは思いますが・・・。[2008年10月22日(Wed)]

イメージ 1

 2008年10月19日(土)



 日光・三依横川地区での限界集落プロジェクトで、農業体験を開始して、半年近くになりました。



 この日、無事に収穫できることになった、キャベツとサツマイモを本格的に収穫。



 その一つを頂きました。



 記事を投稿している、私自身は、収穫作業に関わることはできませんでしたが、無農薬の野菜を守るため、青虫を駆除しにいったり、草むしりをした者としましては、ホッとした心持でいます。



 「農業体験」をした程度の身で、こうした感想をもらすのもおこがましいかもしれませんが、専業兼業で農業を営んでいる農家の皆さんは、少なからず、自分の育てた作物に、なんらかの感情をお持ちになるのかな、と感じました。



 さて、その日の夜のことですが、自宅に帰りまして、もらったキャベツを家族に見せましたところ、



「あたしも朝市で買ってきた。100円だったから」



「あ、あたしも買ってきた。スーパーで100円だったから」



 と、言われました。



 皮肉にも、キャベツが3つもダブってしまったわけですが、おかげで市販されているキャベツと、我々が作ったキャベツを比較することができたのです。



 比べてみると、あら不思議。



 大きさ、重さと共に、三依キャベツは市販のものの倍くらいの違いがありました。



 我々の作ったキャベツの方が、重く大きいのです。



 食べてみても、甘く、生でいける。



 そこで、三依キャベツは千切りして、トンカツと一緒に食べました。



 うまかったです。





 また、市販のキャベツもロールキャベツにして頂きました。



 これもうまかった。



 どんな野菜であっても、使い方によっては最高のものになるのですな。





 とまれ、毎日食事を作っている母親から、



「あんたのところ(三依キャベツ)はあまい。生でおいしい。250円で売れる」



 という評価をいただきました。



 宇都宮から三依に通っての作業は、大変。運転も大変ですが、少しシアワセな気分になることができました。



 そして、ほんの少しですが、三依という地域が身近になった気がします。
【高齢化集落/限界集落課題対応事業 三依プロジェクトの最新記事】

Posted by ANDO at 12:52 | 高齢化集落/限界集落課題対応事業 三依プロジェクト | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/shiminkoubou/archive/111

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
佐藤順
発育状況 (09/23) かばてぃ
みよりキャンプ2010第二弾 報告3 (08/29) ネイチャー日和
イベント/20100710-11みよりキャンプ2010vol.1 (07/07) den256
寒川上映会 (06/07)
大根の収穫 本格化! (10/23) ANDO
組織が生き残ること (04/24) 前田利一
組織が生き残ること (04/16)
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31