CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

市民フォーラム21・NPOセンター 事務局長藤岡喜美子の日記

市民フォーラム中期戦略の3つの柱
 
1公共サービスを担い改革するNPOを支援する
2市民が主役となる新しい政府・行政像を創出する
3重層的で社会的存在感のある
 サードセクターを構築する


新しい公共の推進会議 [2010年11月02日(Tue)]
新しい公共の推進会議の委員として意見をのべてきました。
会議資料は内閣府のHPにUPされています。
http://www5.cao.go.jp/npc/shiryou/22n1kai/22n1kai.html

感想はJACEVOの私のブログに記載しました。
https://blog.canpan.info/jacevo/

市民フォーラムは自治体改革とNPOの力量拡大はセットとして、活動を展開してきました。
社会をかえるには、政府・行政セクター、企業セクター、サードセクターが一体的に変わることが緊要です。
また、市民は行政に丸投げしていた公共を、住民自治の確立、住民に近い自治体のカタチを変える、国のカタチを変えるという補完性の原則に基づき、市民の手に取り戻します。

市民と政府・行政の関係を考え、自治の部分、団体自治の部分に関わる市民やNPOに対し、どのような支援が必要なのか、それも異なることを知る必要性があると思っています。

現状のNPOの課題解決から意見を述べる人が多く、目標を設定し、有効な仕組みや方策を考える必要があります。

これまで、市民として活動してきた経験や、多くのみなさまから教えていただいたことを整理し、みなさまと意見交換しながら、政府へはさらに提言をしていきたいと思っています。