CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

市民フォーラム21・NPOセンター 事務局長藤岡喜美子の日記

市民フォーラム中期戦略の3つの柱
 
1公共サービスを担い改革するNPOを支援する
2市民が主役となる新しい政府・行政像を創出する
3重層的で社会的存在感のある
 サードセクターを構築する


素敵な経営者 [2010年12月18日(Sat)]
 東海労働金庫さんとともに有給職員をおく、活動拠点をもつという覚悟をする、成長意欲のあるNPOの支援を初めて6年目になります。
 講座ー助成金―個別コンサルティングというトータルサポートです。助成金は人件費家賃充当可能、3年間同一団体同一事業可能とし、当時、助成金は人件費家賃には充当できず、NPOが助成金を受けるとコア人材はボランティアで活動せざるをえないような助成金が多かったと記憶しています。全国でも類もみないシステムを市民フォーラムから提案し、東海労働金庫さんがその成果を見通してください、このようなシステムの必要を捉え実現し、なおかつ継続してきています。

 市民フォーラムは1999年、全国初の民設民営の支援センター開設で有名になりました。その後全国の都道府県や市町村で公設にて支援センターが設置されています。これはNPOが社会的にまだ認知されていないときに有効であり初期の支援としては必要でした。
 その後市民フォーラムは個別コンサルティングにこだわり、資金の工夫をしながら活動を継続してきました。
 どのようにコンサルティングしていくのか、営利企業のコンサルティングとは異なり、総合的な非営利組織に関する経営の「知力」が必要になってきます。

 昨日は愛西のNPOにお伺いしてきました。



 素敵な経営者とその仲間に出会うことができました。

 児童館の定員があふれ、困っていた人が多く、自らの資金を投入し、民設の児童館を開設しました。3年間代表もスタッフもほとんど給料をもらっていません。やっと返済の目処がたち、今度は小学4年生の壁の解決に挑みます。開設当初市もすみやかに補助金交付をきめてくれたそうです。

このような個人のパッションを社会化した活動を市が後押ししていること。このような関係が市民の公益活動をしっかりした確実な広がりにしていくのでしょう。
このまちは、パフォーマンス的なアピールもなく、市民協働課とか地域振興課もありません。
しかし、その都度適正な判断を行い、行政活動を行っているのではないでしょうか。

愛知県の海部地区での取り組みです。

行政は市民の活動のじゃまをしない。できるだけ後押しをすることが大切であり、特に利用者から組織の運営に必要な対価が得られない場合の公的資金の活用については真剣に考えて頂きたいと思っています。

市民のたゆまぬ工夫と努力の活動、基礎自治体の真摯な取り組が社会をよりよくしていきます。

私たちは帰納的にこのような市民公益活動の応援はできるだけしていきますが、政府・行政は演繹的に必要で有効な制度改正やインフラ整備をしてほしいものです。
政治家が個別要望に応え断片的な制度設計や法改正をおこなうのではなく、今はほんとうに抜本的に市民と行政、企業の関係を一体的に変えていくことを考えるべきでしょう。

丁度コンサルティングが終わったころ、
 こどもたちが、学校から「ただいまー」と帰ってきました。

 


 新しくできた子どもたちの居場所に多くの地域の人や若者に参加してほしいと願います。
 私にできることは、ほんとうに些細かもしれませんが、できるだけの行動を目標をもって実践していきたいと思っています。

現場なくして、制度設計はできず。
サードセクターの経営者の立場で行動し、提言をしていきます。
地域の中で子育て [2010年12月15日(Wed)]
 今、子どもたちの周りに親以外の地域の大人はどれくらいいるでしょうか?

 子どもたちは地域の人々の温かな見守りの中で健やかに育ちます。

団塊の世代のみなさんが子ども子育ちの活動に関わっていただけるようにセミナーを開催しました。

 基調講演は育児休暇を取得された箕面市長の倉田さんにお話しを頂きました。育児休暇を自ら取得されたこと、子どもとの時間を多くとったことで、わかったことが多かったそうです。



こどもはほんとうにいうことを聞かない、勝手きままに行動する。仕事では目的もなく歩いたり、電車にのったりすることはなく、子どもといっしょに子どもがいきたい所へいくという時間が自分には新鮮であった。

子育てへの男性の関わりについて、同じぐらいの年齢のファザーリングジャパン東海支部、名古屋子連れ狼の会の榊原さんにもお話しいただきました。印象にのこっていたのは、最近のこどものすきなマンがはササエさんであり、あのおじさんに「ばっかものー」といわれるのが子どもたちの中で人気だそうです。叱ってほしいということです。厚生労働省の牛島さん愛知県の村瀬さんには、国や県の取り組み、制度が大きく変わろうとしていることの説明を頂きました。子どもNPOの原さんには子どもの育ちの現状の課題、東海理化の渡辺さんからは団塊の世代の地域デビューのきっかけづくりなどお話し頂きました。



地域で、まずは、ほんの少しでよいので、活動を初めて頂きたいという想いにて開催しました。多彩な参加者が70名近く集まり、社会全体の様子を大きくつかんで頂き、今、自分がなにができるのか考えていただけたのではないでしょうか。

師走に入り、お忙しいところご参加頂きました皆様、ありがとうございました。
市民フォーラムや私もたくさんの人に支えられていることも、改めて実感をした1日でした。

ほんとうにありがとうございました。

地域でできることは地域で
地域でできないことは税金をつかった公共サービスが補完
その担い手としてのサードセクター組織は納税者へのアカウンタビリティを確保しつつ、質の担保と効率性、さらなる公共の創出の努力が必要です。
コミュニティの組織とボランタリィーな組織への支援は異なると思っています。

今回は、根っこである、地域でだれもが活動を始めるきっかけづくりのセミナーです。
私たちは、子育ち子育てを営む親子の傍らにいます。
仕事収め [2009年12月29日(Tue)]
 28日は仕事収めでした。
 私は、名古屋市の経営アドバイザーの仕事がありましたので、夕方事務所に戻りました。市民フォーtラムは改修工事もしていますので、スタッフ全員で片づけをしていました。

年も押し迫るとこれまでのことが思い起こされます。

 築40年の名古屋駅前のビルの立ち退き、2008年6月に北区に築8年の3階建てのビルを一棟借りしました。 特別な基盤整備もない状態でフロントラインのNPOを支援するインフラ組織の経営は、それほどたやすいものではありません。相場なみの家賃が払っていけるかどうか、最初は不安でしたが、なんとか、経営ができています。

組織を成長させるには、やはり「ひと」です。

最初に「人を選ぶ」ことをしています。ミッションとスピード感が共有できることが大切だと思っています。

スタッフは日々努力しています。
市民フォーラムは自治体改革のコンサルティングをしています。そのプロジェクトは、ミッション達成のために有効な事業であり、同時に稼ぐこともできています。
 学卒、女性が多い職場であり、高度なコンサルティングをするためにスタッフは仕事をしながら、毎日努力を積み重ねています。

 私はだぶだぶの服をスタッフに着せながら、その成長の後押しをしてきました。事務所にいる時間はほとんど、いれかわりたちかわり、スタッフの相談にのったり、プロジェクトについての意見交換をしたり、面談をしたりしています。

 日々のスタッフのひたむきでたゆまぬ努力が組織を支えていると思っています。

また、親の介護、子育て、自分の体調などいろいろありますが、互いに組織として動くことができるようになってきています。

 スタッフに聞いてみました。
 「どんな時に、うれしいのか、やりがいがあるのか」と
「団体さんから市民フォーラムがあるから助かる、頼りになる」と言われた時だそうです。第3者から評価されるようになってきました。

 それぞれが自分のファンをつくってほしいと願っています。

 そして、組織全体として成長できるように知恵をだし、工夫をしてほしいと思っています。
 
 今の活動ができることに感謝する日々です。
 

 
 
公共を担うNPO育ち塾 [2009年12月20日(Sun)]
 各地で雪が舞う19日、公共を担うNPO塾の2日目を開催しました。
 郡上や、新城など、雪深き地域からも熱心においでいただきました。

 前半は、サードセクターの経営者に、それぞれのビジネスモデルについてお話頂きました。ゲストにお招きした方は、
石川裕子さん(プレママクラブ理事長)
小野田美紀さん(外国人就労支援センター代表)
川上里美さん(福祉サポートセンターさわやか愛知理事長)
です。





民間としての努力をしたうえで、公的資金を活用し、「問題解決」と「稼ぐこと」、「ミッション有効性」と「事業性」のバランスを保ち、継続して活動していることで、社会に対し、確実に成果をだし、組織の体力も付けてきています。

参加者のみなさんには、私と後が3者に質問したり、解説したりしてその工夫をお伝えしました。

後半は、参加者に作成してもらったロジックモデルを2事例、劇場型にて、ブラッシュアップをおこないました。



ロジックモデルとビジネスモデルは、市民フォーラムが、組織設立より個別コンサルティングにこだわり続け、その実績を重ねるとともに、「道具」として開発したものです。

 ロジックモデルはミッション達成のためにどのような活動をおこなうのか、あまたの中で考えていることを紙におとし、同時にビジネスモデルで「成長ポンプ」つまりどのような工夫で、ステークホルダーを引き付けるのかを考え、判断していきます。
ぜひ多くのみなさまにご活用いただきたいと思っています。
障がい者の働く場所 [2009年12月17日(Thu)]
 仙台で、障がい者の方とパンとクッキーのお店をしてみえるNPO法人麦の会の飯嶋さんのお話しを聞いてきました。
 今から20年前、学生のころ障がい者の施設でボランティアをしていて、麦の会を立ち上げるというとこで、設立当初からかかわってみえます。途中何度も挫折しましたが、たのしそうに働いている障がい者がいたから続けたそうです。



 最初の10年間っは福祉的な補助金はなく、売上だけで運営していました。
 ゆえに、商品のクッキーは国産小麦つかったこだわりの商品で、よく研究されていました。

 非営利組織の活動をして見える人はとても素敵な笑顔です。


自分がつらく大変な時でも人のために動くことができる人たちです。大変だけれども、それが楽しいからということになります。最近は自己顕示欲の強い人が多い世の中のように感じられますが、サードセクターで活動をしていると、こんな素敵な人に出会うことができます。このようなフロントライン組織のみなさまをどのように応援できるのか。改めて思うとともに、やたらとアイデアがでてきます。
手をかけただけ育つ [2009年12月06日(Sun)]
 気がつけば、もう師走です。

なんとあわただしく、毎日が過ぎ去っていくことでしょうか。そんな中、昨日と今日、めずらしく1日中事務所にいました。ただし、自分の仕事は事務所にいても、なかなかできません。仕事で気になっていることはとても多いのですが、事務所にいるときはできるだけ各スタッフと話をするようにしています。
 特別な支援もなく、民設民営でNPOの支援センターを運営するのはたやすいことではありません。会員の皆様や、関係者のみなさまの応援を頂きながら、それを支えているのが、現在の市民フォーラムの事務局スタッフです。それぞれに、社会常識に乏しかったり、、経験不足から、自らタイミング良く相談したり、判断することができず、仕事の効率が悪かったりします。 しかし、資質はとてもよいスタッフに恵まれていると思っています。NPO法人が置かれている環境は、まだまだ厳しいものがありますが、この環境の中で、「ここまできている」ということ、その原動力は、自分たちであるという誇りをもって、活動を継続してほしいと願っています。
 スタッフの育成はとても手がかかりますが、手をかけた分だけ育っていきます。逆に手をかけなければ人は育ちません。手抜きをすると覿面事務所の中が乱れます。

 また退職した職員は市民フォーラムの原動力になることはできなかったかもしれませんが、新しい世界で、市民フォーラムでの経験を活かしてほしいものです。
 立ちふさがる課題を超えるために、自分の弱さに勝ち、超える努力をしたものがその感動を感じることができるということを学んでくれていると思っています。

今日は事務所は休みですので、一人でじっくり考えたい仕事をするつもりです。
やはり、仕事が好きなのでしょうか。

でも時には、音楽を聴いたり、映画をみたりしたいとも思います。
スタッフもきっとそうでしょう。

今日は、忘年会の段取りもしました。

いつもと少し違う時間の動き方だったかもしれません。

また、新たな年を迎えることになります。今年も、年末間際まであわただしくなりそうです。