CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

市民フォーラム21・NPOセンター 事務局長藤岡喜美子の日記

市民フォーラム中期戦略の3つの柱
 
1公共サービスを担い改革するNPOを支援する
2市民が主役となる新しい政府・行政像を創出する
3重層的で社会的存在感のある
 サードセクターを構築する


市民の力で自治体を変える [2009年11月22日(Sun)]
 11月23日 「住民分権を確立するための市政改革ナゴヤ基本条例」について、河村市長にその想いを話してもらいます。


市民が河村市長とともに、自治体のかたちを変えることができるかどうか、本当の民主主義のための市民が起こす「うねり」を時代の波をみることができるかもしれません。

会場は千種区講堂 時間は11時から14時です。


11月4日からはじまった地域委員会の説明会も24日で終了です。私もいくつかの会場にいきました。印象にのこっていたのは、最初わけがわからないと話してみえた方が、「だんだんわかってきた」「このままでは地域でたすけあおうにも仲間がふえない。若い人や、新しい人にもぜひ参加してほしい。そのきっかけとなるのであらば一度やってみたい」との声も聞かれるようになりました。またこれまで行政に自分たちの生活を丸投げしてきた日本では、住民自治の理解は時間がかかると思われる。だから始めるべきだとの声もきかれるようになりました。住んでいる地域では意見が述べにくいとの声も後からきかれました。学区推進協のみなさんは、なぜいままでではだめなのかと問いただしかたも多く見えました。もっと市民同士の意見交換が必要であると感じました。

地方分権、地域主権時代の団体自治と住民自治の確立の必要性

本当の民主主義を名古屋から始める!!

河村市長の政策は自治体改革のかたちを私たちにみせてくれています。
11月議会に上程された条例は、思い付きではなく、河村マニフェストには
その想いがこめられ、その実現のために有効な政策を有権者と約束しています。

@市民税10%減税は何を目指して
膨れ上がった税金の一部を官僚や職業議員の手から主権者である市民へ戻そうとするものです。また、それによって、積み重なってきた無駄な事業を削減していきます。
大幅な減税が行われ、将来は、市民一人ひとりがNPO、ボランティア団体、地域団体などへの「寄付」によって住民自らが自分のお金で地域を良くするような活動を支援する社会になることを願っているのです。

A学区毎の公選のボランティア議会(地域委員会)の設置は何を目指して
地域委員会に市の予算編成の一部を分権し決定してもらいます。地域の身近な問題を解決するために住民自らが(公選のボランティア議員)が、住民の意見も聞きながら審議して、地域のどのような課題に予算を投入して取り組むべきかを決めるので、地域の重要なニーズは住民自身で満たすことができるようになります。
どういう事業を選択するかの決断を重ねることで、日本における本当の民主主義が名古屋から始まります。

権限が与えられていなかった、豊田市の地域自治区の委員さんは、地域自治区にもっと権限が与えられればもっと早く地域の課題が解決するのではないかとお話をしてみえました。

B議員定数削減、議員報酬削減はなぜ
地域委員会が機能すれば市議会に大きなインパクトを与えることになります。市議会議員は、学区からの陳情への対応ではなく、いわゆる「どぶ板議員の役割」ではなく、市全体の観点から大所高所の視点にて審議を行うという本来の仕事に専念できることになります。

そうなれば、定数も少数精鋭で、現状75人の半分以下が適切です。現在のような2000万円を越える報酬・経費は市民の目から見ても妥当な額に引き下げたうえで、市会議員本来の活動を行うための支援(職員の配置など)は充実させるといっています。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
山田様
CANPANをりようさせていただいております。ありがとうございます。
コメントにご記入いただきましたこと承知いたしました。詳細を担当の西山にご連絡ください。
西山久美子
nishiyama@sf21npo.gr.jp
Posted by:市民フォーラム21・NPOセンター  at 2009年11月24日(Tue) 10:00
初めまして、日本財団CANPAN事務局の山田です。
いつもCANPANブログをご活用いただき、ありがとうございます。

今度、CANPANブログを活用して、「1,2,3で、施設商品!」というキャンペーンを行うことになりました。こちらのブログで詳細を掲載しています。
「Shop人にやさしく」
全国各地で就労事業所のセミナーを開催されている市民フォーラム21・NPOセンターの方にご参加いただきたいと思っております。
急なお願いで恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by:日本財団CANPAN 山田  at 2009年11月23日(Mon) 19:46