CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

市民フォーラム21・NPOセンター 事務局長藤岡喜美子の日記

市民フォーラム中期戦略の3つの柱
 
1公共サービスを担い改革するNPOを支援する
2市民が主役となる新しい政府・行政像を創出する
3重層的で社会的存在感のある
 サードセクターを構築する


なぜ地域委員会が必要か [2009年11月03日(Tue)]
 河村市長がマニフェストで公約した地域委員会の市民向け説明会が下記のように名古屋市の各区すべてで開催されます。

河村市長は二代公約のうち、この地域委員会には思い入れがあります。なぜならば議会改革をしなければ、地方は変わらないと考えているのではないでしょうか。最近、議会の定数削減、議員報酬削減について言及しています。それは、単なる思い付きでもなく、やけくそでもなく、河村市長は以前より自治体の政治体制に疑問をもっていました。

私もこの地域委員会こそ、日本を変えるべく、自治体を変えるべく政策だと思っています。

 中央政府から地方行政へと権限委譲がされてきます。地方へと権限が移譲されれば自治体もこれまでとは姿を変える必要があります。地域でできることは地域でおこない、地域でできないことを税金を使って公共サービスとして提供していきます。そのために住民自治の確立が重要です。地域の活動を多くの住民が実施において支えてきました。地域の支えあいの必要性が理解されつつあります。さらに「地域の身近なことは自分たちで決める」という地域社会における意思決定・合意形成のあり方が、いよいよ本格的に問われ始めています。自分たちで決めることで自治が確立していきます。では誰もが納得するように民主的にきめるにはどうすればよいのか。河村市長は公選に準ずる手続きによって選出される地域委員会の設置し自治の仕組みを確立しようとしています。

 今回は地域委員会の目的、意義、必要性、現在どのような制度設計を考えているのかなど説明します。また地域委員会により、市議会はどのような役割となるのかも説明されると思います。

 地域のことを地域できめると、市議会議員は、いわゆる「どぶ板議員」の役割ではなく、大所高所から市全体のことを審議することになります。このことにより名古屋市の市議会議員はよりその能力を問われることになります。

 名古屋市の市議会議員の毎月の報酬額は99万円、期末手当を含み年収は1668万円、さらに、毎月50万円の政務調査費と「費用弁償」として本会議や委員会に出席すると1日1万円支給されます。(「名古屋から革命を起こす」著者河村たかし発行所 (株)飛鳥新書より抜粋)「費用弁償」については報酬の二重払いという批判が全国的に相次ぎ、廃止や見直しを行う議会が増えております。私も議員をしておりましたが、いまだ「費用弁償」があることに驚いています。議会が自ら議会改革をおこなうことがよいと思いますが、名古屋市がいまだ「費用弁償」をだしていることが議会改革のむつかしさを物語っていると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
=マニフェストより抜粋=
公選に準ずる手続きによって選出される地域委員会の委員が、住民自らが自らの地域に密着した事柄を決定する仕組みの構築をめざす。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
説明会の日程

第1回  11月4日(水) 18:30〜20:00    中川区役所講堂
第2回  11月7日(土) 16:00〜17:30    中区役所6階大会議室
第3回  11月9日(月) 18:30〜20:00    東区役所講堂
第4回  11月11日(水) 17:00〜18:30   西区役所講堂
第5回  11月12日(木) 18:00〜19:30   守山区役所講堂
第6回  11月14日(土) 15:45〜17:15   天白区役所講堂
第7回           18:30〜20:00   名東区役所講堂
第8回  11月15日(日) 15:45〜17:15   港区役所講堂
第9回  11月16日(月)  18:00〜19:30  緑区役所講堂
第10回 11月17日(火)  18:30〜20:00   熱田区役所講堂
第11回 11月18日(水)  18:30〜20:00  北区役所講堂
第12回 11月19日(木)  18:30〜20:00  瑞穂区役所講堂
第13回 11月20日(金)  19:30〜21:00  中村区役所講堂
第14回 11月21日(土)  15:00〜16:30  昭和区役所講堂
第15回         18:00〜19:30  千種区役所講堂
第16回 11月24日(火)  19:00〜20:30  南区役所講堂
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント