CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

市民フォーラム21・NPOセンター 事務局長藤岡喜美子の日記

市民フォーラム中期戦略の3つの柱
 
1公共サービスを担い改革するNPOを支援する
2市民が主役となる新しい政府・行政像を創出する
3重層的で社会的存在感のある
 サードセクターを構築する


トワイライトスクールの公募 [2010年03月04日(Thu)]
 名古屋市のトワイライトスクールが公募され、7団体が応募しましたが、審査の結果、すべてこれまでの外郭団体が採択されました。

 多様な公共サービスの担い手が競争原理にて切磋琢磨し、よりよい公共サービスとして質の向上と量の拡充を図っていきます。
 経営アドバイザーとして、9月よりサードセクター室の設置と公共サービス民間委託のルールの作成を助言してきましたが、残念ながら具現化しませんでした。そうこうしているうちにトワイライトスクールを公募するということで10月より一貫して公平で透明な審査がなされるようにアドバイスしてきました。担当課の努力は理解していますが、努力で補うことができる問題でなく、対応が困難です。

複数の団体から疑義があるという申し入れがあり、内容きけば、調査の必要があると考え、審査においてビデオカメラの撮影があったということですので、その開示を求めたところ、音声が全くとれていなかったということです。

市長には、2月の末に下記のようなアドバイスも行っています。

●総論として
1.市としては、今回の公募に関して、その公募の設計に課題があったのではないかと捉える
公的資金を用いた公共サービスの提供において、外郭団体、NPO法人、民間企業など広範な組織を対象とすることを想定とした公募(審査委員の選任、審査基準)、契約の在り方を検討する。
・行政とサードセクターとの協議の機会やルール形成を検討する。

●各論として
2.審査が公平に実施されたかどうかは厳重調査をおこなうべきとする。



トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
 今朝、朝日新聞(電子版)で7日付「名古屋市アドバイザー、業者選定に口出し 河村氏も質問」を読みました。ちょっと脇が甘かったと思います。記事の中で「利害関係者同士」という部分があり、事情を知らない市民が読むと「がっかり」するでしょう。そもそも市経営アドバイザー、NPO法人、サポーターズは、関係的にはっきり言って、両立しないと思います。そこに無理があって、今回足元をすくわれたというか、表面化したと思います。本業であるNPO法人の名称もしっかり記事に出ていたので、今後はイメージの問題でしょう。事実関係よりも「私心や利益誘導」があった?と思われることがダメージです。上記コメントと被ると思いますが、記者会見でも開いて「具体策」を出していかれることを期待します。
Posted by:市長支持者  at 2010年03月07日(Sun) 13:25
河村たかしと未来を考える会の山内重雄です。

3月5日付けの朝日新聞朝刊「名古屋市経営アドバイザーの女性 事業者選定に口出し」の記事を読みました。
河村サポーターズの活動への悪影響が懸念されます。早急に対策をとる必要があるでしょう

外に向けての情報発信と、内部に向けての求心力を保持するための2つの動きです。

外部的には、トワイライトスクール事業の受託を受けた名古屋市教育スポーツ振興事業団についての活動内容を明らかにしていくのは、いかがでしょうか。

内的には、御自身の潔白を表明されるべきでしょう。これまでの経緯を発表される機会を設けるべきでしょう。

ブログなどで早急に対応お願いします。

mixiで今回のことを取り上げましたのでご参照ください。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=51069236&comment_count=0&comm_id=4745392



Posted by:山内重雄  at 2010年03月06日(Sat) 13:27