CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

市民フォーラム21・NPOセンター 事務局長藤岡喜美子の日記

市民フォーラム中期戦略の3つの柱
 
1公共サービスを担い改革するNPOを支援する
2市民が主役となる新しい政府・行政像を創出する
3重層的で社会的存在感のある
 サードセクターを構築する


池田町のまちづくり [2009年12月26日(Sat)]
 池田町の総合計画の策定支援をしています。
 このまちは、人口2万5千弱のまちです。池田の山がおおらかにそびえ、豊かな自然に囲まれたまちです。総合計画の策定にて、町民参加推進会議、計画審議会、次世代育成支援行動計画策定における地域協議会などの市民や議員さん、関係者のみなさんの議論を聞いていても、まちのみなさんが、ほんとうに自らの力で自らの意志でまちをよくしたいという気持ちが誠実に伝わってきます。また、このまちの町長さんは、とてもすばらしいリーダーです。
 地方分権、地方主権時代、基礎自治体はこのようにありたいという姿です。これくらいの規模がまちづくりには、よいのであろうと感じます。
 総合計画の目標として特徴的なことは、新しい人が流入し、人々が定着し、住んでよかった
と感じるまちを目指しています。
 とくに、子育て中の家庭に対し、豊かな自然とふれあいながら、近所の人のおせっかいな
見守りの中で子どもたちを育てることができるまちです。こどもたちは、きっと健やかに育つでしょう。

 私もほんとうに住んでみたいとおもうまちです。
 出会う方、どなたも、おおやかで、やさしく、なおかつ知的です。
 ほっとするまちとはこのようなまちでしょう。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント