CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリ
リンク集
取材メンバー紹介

大三島メンバー
智 武 徳
おすすめはコレ
海風と海肌。旅人とのふれあい。
プロジェクトに参加した理由
大三島で多くの人に楽しんでもらいたいから。地域を元気にしたい!

大三島メンバー
大三島をもっと知ってほしい卓さん
「大三島を元気づける仲間を一人でも多く増やし、活気ある島にしたい!声をかけてください。」
おすすめはコレ
多々羅大橋の眺め。飽きることはないです。
プロジェクトに参加した理由
大三島のすばらしさ(自然、人情、景観等)を島内・島外の人たちに知ってもらうため

大三島メンバー
お お み
「あなたの笑顔と出会いたい。」
おすすめはコレ
鷲ヶ頭山から見る日の出
プロジェクトに参加した理由
山本優子さんの熱意に(賛同?)負けて。

大三島メンバー
ゆ き ん こ
「ゆったりと、やさしい気持ちになれますよ。あそびに来てね。」
おすすめはコレ
海、山、空・・・。自然に囲まれて空気がおいしい!
プロジェクトに参加した理由
大三島が好きだから。

大三島メンバー
みつこさん
「風は感じる心にそよぐ」
おすすめはコレ
星 ・ わくわくパーク
プロジェクトに参加した理由
大三島の素敵さを外から感じてもらい、島をルーツに育った人にそれが伝わり、 島の活性化につながればいいなと思って。

大三島メンバー
井上貞子
「瀬戸内海は地中海に負けませんよね。  私の目で確かめてみたいです。」
おすすめはコレ
上浦イチゴは全員が空中栽培(高床)です。
プロジェクトに参加した理由
大三島を楽しんでもらいたい。

大三島メンバー
KiKi.S
おすすめはコレ
海の歴史がいたるところに眠っていますよ。
プロジェクトに参加した理由
楽しい人たちとの出会いを期待して。


【お知らせ】…旅人のためのしまなみ情報
しまなみの風…やわらかくて甘い海風の衣を羽織る
しまなみの路地裏…山裾に見える集落に迷い込みもう一つの故郷に出会う
しまなみお勧め一点…島の暮らしを見る“おもしろ素材”に立ち止まる
しまなみの人…たわいないおしゃべりに受け継がれてきた暮らしの智恵を学ぶ

このブログに掲載された情報は、しまなみ地域の活性化を目指す今治市の島の住民、陸地の住民が力を併せて自分達が見聞きした情報に、自分達の思いを込めて皆さんに発信しています。
取材にあたっては正確を期すように最大限の注意を払っていますが、取材時期の違いやその後の変更により掲載された情報と実際の内容が異なる場合があります。どうぞ、その点にご留意下さい。

今治プチグルメツアーD ぎょうざの店『白雅』 [2009年12月13日(Sun)]
今治港前、駅へと延びる大通り。
広銀のはす向かいの路地にある『ぎょうざの店 白雅』ののれんをくぐる。

看板に"ぎょうざ"をうたっている以上、ぎょうざへの期待がムクムクと沸き上がる。

「焼ぎょうざ(¥420)と蒸ぎょうざ(¥420)くださ~い」

鮮やかな手つきで皮に具が詰め込まれ、鉄板に並べてジョウロで水がかけられる。
シュワ!と白い蒸気が吹き上がった。さらに待つこと数分。
「お待ちどうさまです」と若大将の笑顔と "ぎょうざ" がやってきた。



「皮も自家製です」と自信をみせる。
厚みがあり、モチモチと噛みしめる。小麦のもつ旨さがあふれている。

他では味わえない手作りの味...と書きつつ、
中国大陸ではこの旨さが普通に味わえたなぁ、と思い出した。

聞くと、戦時中に天津にいた先代が引上げ後に始めたお店で、
レシピも当時のままだと言う。
旨さのヒミツは、本場仕込なのだった。

おススメの品
焼ぎょうざ\420
蒸ぎょうざ\420
中華そば \420

■ぎょうざの店 『白雅』
住 所 :今治市共栄町2−3−9
電 話 :0898-22-6315
営業時間 :11:30〜13:30
16:00〜21:00
定休日  :月曜日

Reported by Kazunari Utsunomiya
今治プチグルメツアーC 『中村屋かまぼこ店』 [2009年12月12日(Sat)]
アーケードに覆われた商店街を港方面へと進んで行く。

老舗の『中村屋かまぼこ店』、店先に並んだ
てんぷらたちが、「わたしを食べて!」と誘惑している。
据え膳食わねばなるまい...。



「季節限定の "まこもえび天" (¥115)は、珍しいてんぷらですよ。
マコモタケの植物繊維がたっぷりやしね。」と女将さん。
優しい笑顔で、単品からでも袋に入れてくれる。その場でガブリ!

今治のマコモタケ生産者と中村屋かまぼこ店とのコラボ製品だそうな。

"かまぼこチップス(一袋¥300)" なるものにもトライする。
練って固めて切って揚げて...作るのにとても手間のかかる
新食感のかまぼこだ。ポリポリするうちに止まらなくなってきた!



「せっかく自転車でカロリー消費したのに、お腹すいてステーキ(?)食べちゃった...」
とお悩みのあなた。朗報ですゾ。
かまぼこは低カロリーなのに、高タンパク質なのだ。

かまぼこをお供に、ダイエットサイクリングに出かけよう!

■中村屋かまぼこ店
住 所 :今治市常盤町1−4−3 
電 話 :0898-22-1152

Reported by Kazunari Utsunomiya
今治プチグルメツアーB 『こがねパン』 [2009年12月11日(Fri)]
『こがねパン』は、今治セントラル病院のそばにある。
日曜日は閉店しているパン屋さんが多い今治。
こがねパンは日曜もバリバリとパンを焼き、香ばしさが辺りに漂っている。



「サラダサンド、カツサンド、クリーム金時、あんぱん…う〜ん、どれも人気があります」と、
レジのお姉さんが言うとおり、
次々とお客が来て買ってゆく。ひとつひとつビニール袋に入れてあり、
ちょっと昔風な佇まいが懐かしくもある。

白髪交じりでスリムな体格の店主が「私もロードレーサーで、
店の従業員と一緒に走りに行きよるんよ」と話してくれました。
自転車つながりの縁、うれしい発見です。

サンデーサイクリストの皆さん、
ぜひ“こがねパン”をポケットに忍ばせて走りに行ってください!


■こがねパン
住 所 :今治市末広町3−1−12 
電 話 :0898-22-0042

Reported by Kazunari Utsunomiya
今治プチグルメツアーA 和菓子屋『マルズミ』 [2009年12月10日(Thu)]
 次のターゲット、和菓子屋『マルズミ』は福祉センターのそば。
 一押しの、"ミルクソフトクリーム(¥250 Sサイズ)" をいただく。
あっさり味でシャリシャリの食感。嫌らしい甘さが無くていい。



「夏には牛乳をひかえてさっぱりとした練り、
冬には牛乳を多めにやや濃厚な練りにするんです」と
マルズミの大将が教えてくれる。
季節に応じて味を調整するこだわりも人気の秘密なのだろう。

店内の椅子に腰掛けてソフトを堪能していると、
おばさんが二人来店して、飴玉を買っていった。
「親父(一代目)のころから作り続けている味です」と大将。

店内で目を引くのは、あんぱんまんグッズとやなせたかし氏と並んだ大将の写真。
理由を聞くと、「実は...」と意外な話を教えてもらえた。
ムムッと思った人は、ぜひ一度訪れて大将に聞いてみるべし!



■マルズミ
住 所 :今治市南宝来町2−3−1 
電 話 :0898-23-3124

Reported by Kazunari Utsunomiya
今治プチグルメツアー@ 菓子工房『おおとらや』 [2009年12月09日(Wed)]
今治市内の知る人ぞ知る名店を自転車で巡ってきた。

案内人は、今治のお祭りおとこ、あちゃYOSHITAKEさん。

普段、車では通ることのない細い裏路地を、ペダルを踏みながら、
「あれが、今治北校。Superflyのボーカルの越智志帆ちゃんの母校ね。
僕の母校でもあるけど。」
「こっちは、今治西校。今年の野球四国大会優勝校ね。
お!練習試合しよる。観客も多いね。」
と解説してもらいながら、自転車散歩して行く。
 
 一軒目に訪れたのは、市立図書館の近く、菓子工房『おおとらや』。
"かた焼きビック生シュー(¥315)"にトライ!

その大きさに注目! 
なんと中には、ベビーシューが3ヶ入ってる。
それぞれチョコ、カスタード、生クリームと
違ったフレーバーが仕込んであり、楽しさ倍増!

秋限定の"スウィートポテト(¥315)"も注目株。

もともとは和菓子屋さんだそうで、
「"苺大福"を今治で一番最初に始めたのはうちなんですよ」と
ご主人が教えてくれた。一個¥160。美味しそう〜♪
 
■おおとらや 
住 所 :今治市常盤町4−9−8 
電 話 :0898-22-1221
営業時間 :9:00〜20:00/19:00(日)
定休日  :月曜日 

Reported by Kazunari Utsunomiya
産業遺産を秘めた“四阪島” [2009年11月12日(Thu)]
みなさん、四阪島をご存知ですか?
しまなみ海道の大島から、南東へ約10kmの沖合いに浮かぶ島です。



新居浜市の山中に、日本四大銅山の一つといわれた別子銅山が開抗したのは、
1691年(元禄4年)。今から320年近く前、江戸時代が3分の1ほど過ぎた頃でした。

銅を精錬する際に、有害な亜硫酸ガスが発生します。  
それは人体や環境に深刻な被害をあたえるため、
精錬所は、山から海岸へ、そして無人島へと
時代とともに移転して行きました。

明治38年、住友が四阪島を買いとり、そこに精錬所が移されました。
無人島だった四阪島は、これを契機に大きく発展を始めます。
島を埋め立て、社宅を作り、学校が建ち、商店街ができ、
海底ケーブルが通り電気も点きました。

最盛期の大正時代には、人口は5500人を越え、日本一の銅精錬所となりました。

ですが、精錬所を四阪島に移設したことは、その煙害がかえって
広範囲にひろがるという皮肉な結果を招いてしまいました。

住友はその煙害の克服に向けて多額の費用をかけ、研究を重ねてゆきます。

数々の試みを繰り返し、大煙突から吐き出される硫酸ガスが止まったのは
昭和14年のことでした。近代技術を注ぎ込んだ硫酸処理装置が、
ようやく煙害問題を克服したのです。
四阪島を開島してから、40年の月日が流れていました。

かつて繁栄を誇った四阪島、現在の人口はゼロ。
工場の一部は今も稼働中で、50人ほどの工員が会社所有の船で
新居浜市から通っているのみです。



木立に囲まれた島の中には今でも、階段状の社宅跡、
商店街、病院、学校、神社・寺院、娯楽施設などが、
ある日を境に、時間を止めたままのかたちで残っているそうです。

実はこの四阪島、
一般航路が無く、観光で訪れることは出来ません。
社有地のため、上陸することも出来ません。

今回、自分は観光業に携わる方々に同行させてもらい、
チャーター船で行って来ました。

上陸は出来ないのですが、海上から島をぐるりと回って見るだけでも
その迫力と、歴史的な重みがヒシヒシと伝わって来ます。

開坑以来、270年間掘りつづけられ、住友財閥の基礎をつくった
別子銅山。その銅を精錬し続けた四阪島。
その工業化の恩恵を受けて、今私たちは暮らしています。



四阪島にそびえる「大煙突」を、公害問題の象徴と見るか、
日本近代産業化の名残りと見るか、それは訪れる人次第でしょう。

Reported by Kazunari Utsunomiya
親子でゆ<アドベンチャーサイクリング [2009年10月12日(Mon)]
10/4…【親子でゆくアドベンチャーサイクリング】ツアーを行い
     5組の親子が参加してくれました。

・・・以下、その様子です。

波止浜駅をスタート。波止浜港
世界屈指の造船所で、建造中の巨大船にビックリ!



明治時代の要塞跡が残る小島を訪れました。
島の高台にある砲座跡でピクニックランチ!



さあ、親子でサイクリング!!



海浜公園で磯とたわむれます。
生物や植物に詳しい方の手ほどきで、磯のお宝探し
平磯カニも発見。


このあと、展望所までサイクリングして、
来島海峡を一望しながら、ゲームをして遊びました。

波止浜駅にて、大満足の笑み


この秋の、アドベンチャーで楽しい思い出が
みんなできたことでしょう。
Posted by 山本 優子 at 00:07 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この秋は、サイクル・トレイン しまなみ号に乗って出かけよう! [2009年10月07日(Wed)]
"JR サイクル・トレイン しまなみ号"をご存知ですか?


JR松山駅〜波止浜駅(今治市)間を走っています。
10月中に9回運行します!  ※31日を除く、土日祝に一日一往復します。
自転車をそのまま列車に乗せて、松山から一気にしまなみ海道へ行けますヨ♪


さて、私たちシクロツーリズムではその列車に合わせて、
サイクリングツアーを企画しました。


10/3 ... 【大島マウンテンライド】 
波止浜駅⇔大島 51km走行 標高差800mのコースにチャレンジ!
カレイ山&亀老山の2大ビュースポットを攻めました。



10/4 ... 【しまなみ海道ハーフライド】
波止浜駅→大島→伯方島→大三島 57km走行 6時間ほどかけて
マッタリと・・・時には、登り道をハードに走って楽しみました。
写真:大三島にて


10/3には、サイクルトレイン運行初日に合せて、NHK松山放送局も取材に来ていました。
【大島マウンテンライド】ツアーの様子も、ニュースに少しだけ写っていま〜す。
ご覧になりたい方は、ここをクリックしてください♪


次回10/10には、
ファミリーでサイクリングが楽しめる【親子でアドベンチャー】を行います!

ツアーの詳細やサイクルトレインしまなみ号のお申し込みは、
≪しまなみインフォメーションデスク 0898−33−0069≫まで
どうぞお問い合わせ下さい。
Posted by 山本 優子 at 11:19 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(1)
大三島“潮流トレイル”体験ツアーレポート その2<自転車+αの体験をしよう!海から見たしまなみ> [2009年10月02日(Fri)]

井出さんがお昼ご飯を作ってくれるのでお昼ご飯までは、自由時間です。
古城島の周りをカヤックで探索しに行きます。
古城島は、とても小さな島カヤックで簡単に一周できます。
ここに水軍の城があったのだと思いながら漕ぎます。

古城島の隣にさらに小さな島があるのですが、
その島を周った時に潮の流れに逆らってしまいました。
島の近くは潮が島に当たってまた違う流れを作っています。
その流れに当たってしまったため、カヤックを漕いでも漕いでも
全く進みません、あきらめて流されました・・・。

改めて海上では潮の流れを知る事が重要であること実感しました。

さて、お昼の用意ができた所でランチタイムです。
井出さんのお兄さんはお寿司屋に勤めているそうで、
そんなお兄さんから聞いたレシピでできた鯛めしあら汁
美味しいに決まっていますね。
古城島のビーチで鯛の身たっぷりの鯛めしとあら汁の
美味しいアウトドアランチをお腹いっぱいいただきました。
ごちそう様でした。

午後になり潮の流れが変わったところで古城島を出発します。

多々羅大橋をくぐります。カヤックからしか見えない光景ですね。
橋の大きさを間近に感じる事ができます。
多々羅大橋を抜ければもうゴールです。お疲れ様でした。

自転車で、しまなみの海を見ながら走る事はよくありますが
海から、島々を見ることは今までありませんでした。
カヤックで海から見る島々の景色と潮の流れを水軍の視線で
感じられる体験も魅力的ですね。

自転車+αの体験としてカヤックに挑戦してみるのもお勧めです。
しまなみの新たな魅力を発見してみましょう。

Reported by 佐藤 広隆


大三島“潮流トレイル”体験ツアーレポート その1<自転車+αの体験をしよう!海から見たしまなみ> [2009年10月01日(Thu)]
しまなみ海道10周年を記念して、企画された“大三島潮流トレイル”、
カヤックに乗って日本最古の水軍上跡とされる “古城島”を目指します。

戦国時代は潮流が激しい、しまなみの海峡を水軍が支配していました。
水軍は海峡の変化が激しく急流の潮の様子を知り尽くし、
危険な水域の水先案内をする代わりに
海峡を通る船舶から通行料を納めさせていました。

そんな潮の流れをカヤックで体験できるこのツアーの
水先案内人は“来島ウォータートレイル”の井出さんです。

今回のツアーの参加者は、
愛媛県から元気いっぱいの女性グループ4名、
岡山から自艇を持ち込んで参加の男性1名、
そして私を含めて計6名。

潮の流れの説明を受けて、いよいよ古城島を目指して出発です!

写真を見て分かるように波はほとんどありません。
カヤックが氷の上を滑るかのようにスイスイっと進んで爽快です。
カヤックに乗ると潮流の速さを体感することができます。
漕がなくてもカヤックはどんどん進んで行くんです。


この日潮の流れは、午前中は古城島に向かって進み
古城島を境に逆向きの潮の流れになっているそうです。
午後からは古城島から先の潮の流れが逆になるので
カヤックで多々羅大橋を通過できるようなるそうです。
この潮の流れに逆らっては絶対に進むことはできません。

『潮の流れに逆らっては進めない』あとでそれを実感することになるのですが・・・

大三島橋をくぐって、潮の流れに任せて進めば、
古城島まではあっという間着いてしまいました。



Reported by 佐藤 広隆