CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«プレスツアー3回目 えひめ・しまなみ アート&工芸体験!編 | Main | 『しまでCafe』 弓削島のとっておき〜弓削島A〜»
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリ
リンク集
取材メンバー紹介

大三島メンバー
智 武 徳
おすすめはコレ
海風と海肌。旅人とのふれあい。
プロジェクトに参加した理由
大三島で多くの人に楽しんでもらいたいから。地域を元気にしたい!

大三島メンバー
大三島をもっと知ってほしい卓さん
「大三島を元気づける仲間を一人でも多く増やし、活気ある島にしたい!声をかけてください。」
おすすめはコレ
多々羅大橋の眺め。飽きることはないです。
プロジェクトに参加した理由
大三島のすばらしさ(自然、人情、景観等)を島内・島外の人たちに知ってもらうため

大三島メンバー
お お み
「あなたの笑顔と出会いたい。」
おすすめはコレ
鷲ヶ頭山から見る日の出
プロジェクトに参加した理由
山本優子さんの熱意に(賛同?)負けて。

大三島メンバー
ゆ き ん こ
「ゆったりと、やさしい気持ちになれますよ。あそびに来てね。」
おすすめはコレ
海、山、空・・・。自然に囲まれて空気がおいしい!
プロジェクトに参加した理由
大三島が好きだから。

大三島メンバー
みつこさん
「風は感じる心にそよぐ」
おすすめはコレ
星 ・ わくわくパーク
プロジェクトに参加した理由
大三島の素敵さを外から感じてもらい、島をルーツに育った人にそれが伝わり、 島の活性化につながればいいなと思って。

大三島メンバー
井上貞子
「瀬戸内海は地中海に負けませんよね。  私の目で確かめてみたいです。」
おすすめはコレ
上浦イチゴは全員が空中栽培(高床)です。
プロジェクトに参加した理由
大三島を楽しんでもらいたい。

大三島メンバー
KiKi.S
おすすめはコレ
海の歴史がいたるところに眠っていますよ。
プロジェクトに参加した理由
楽しい人たちとの出会いを期待して。

「みかん花のハチミツ」は養蜂マイスターの手で [2009年07月07日(Tue)]
甘く、芳しい香りを漂わせる「世界最古の甘味料」・・・それは、ハチミツなんだそうです。

ミツバチという小さな昆虫が花にとまり、その身体を通して生まれる黄金色の蜜。一万年以上もの昔、人々はこの甘い蜜を、大気から露のように生まれてくる神の恵みだと崇めていました。

現在では、栄養価の高い食品というほかに、殺菌、消炎、造血などについても研究が行われているようです。

日本でハチミツの生産が始まったのは、なんと飛鳥時代。
やがて時代が下り、西洋ミツバチが輸入されて養蜂技術
が進み、昭和40年には8,495トンものハチミツが生産され
ていました。

でも現在はその3分の1まで減少し、国産ハチミツのシェア
は全消費量の5%を割っているそうです。・・・そんな零細業
界ですが、しまなみ海道で結ばれた愛媛県の島々にも、あ
わせて8〜9軒の養蜂を営んでいる人がいます。

「蜂? そりゃカワイイわい。」と話してくれたのは、大三島
上浦町の藤原清司さん(70才)。

藤原さんと蜂の出会いは、45年前。松山で養蜂を習って
きた友人に「蜂を分けてやるから木箱をもって来い。」と誘
われたのがきっかけでした。 当時はお金も無く、買う物も
今のように溢れておらず、自給自足は当たり前の時代。

甘い物も欲しかったし、「ハチミツは体にいいぞ」と聞かされて、木箱をひとつ作り友人の元へ出かけました。タダでくれると思っていたところが、結構な金額を請求されてビックリ。いまさら 「要らん」 とも言えず、虎の子をはたいて蜂を持ち帰ったそうです。

「でも、それが良かったんかもしれん。」と、藤原さんは昔を振り返ります。
「真剣に世話して、3年後には、独学でようやく蜂を2箱に増やすことが
出来たんよ。コツが分かると、面白味が出てきてなぁ・・・」 
その後、プロの養蜂家との出会いもあって、養蜂の世界へと踏み込んで
いったのだそうです。

「蜂の世界は、学校のように規律整然としとるんよ。」藤原さんの話に熱がこもります。

「ひとつの巣に女王蜂は一匹。働き蜂は全部メスで、幼虫や女王さまの世話係、門番、蜜集めの仕事をして2〜3週間ほどで死ぬ。」

「オス蜂は少数で繁殖だけの目的で生まれるんやけど、女王蜂と交えるのはたった一匹だけ。その直後に死んでしまう。」

「ほかのオス蜂は、蜜や花粉をもらってしばらく巣で暮らすけど、
そのうち巣から追い出されて死んでしまうんよ。はかなかろ?」

女王蜂だけが生命を謳歌するのかと思いきや、
「今朝は、古い女王蜂を4〜5匹潰してきた。」と藤原さん。

「えっ!女王蜂がおらんかったらどうなるんですか?」と驚くと、
「働き蜂が右往左往しながら30分以内に、産卵3日以内の卵ひとつを選んで、そのベッド(孔)を女王蜂用に作り変えるんよ。それが次の女王蜂になる。女王様も若くてピチピチしとる方がよかろう。」

・・・飼われた女王様もつらい世界ですねえ。

今、世界の各地で蜜蜂の大量失踪や大量死の現象が起こり、農家が大打撃を受けているそうです。
藤原さんの養蜂場では、10年程前から蜂の体にダニがつき始めたことが、今一番の問題だそうです。

中国から黄砂に乗って飛んでくるダニは、人に例えるとソフトボール
ほどの大きさもあり、これが蜂に吸い付くとお陀仏になるんだそうで
す。深刻化する前に手を打つ必要に迫られています。

「もし蜂が地球上からいなくなると、人類は四年以上生きられない」
・・・アインシュタインの予言の一説です。

蜂は作物の受粉に深く関っていて、私たちが口にする食品の
三分の一はその助けを借りたものだそうですから、あながち
大袈裟ではないかもしれません。

ところで、ハチミツといえば「レンゲ」が主流でしたが、減反や
農業技術の変化で 「レンゲ蜜」 は減っているそうです。
でも藤原さんが作るハチミツはミカン蜜。

「ほのかなミカンの香りがして味が良い」と地元でも評判です。ミカンどころ大三島の蜜だからなおさらでしょう。

遠方のお得意さんも「藤原さんのハチミツに出会ってからは、もう他のには手が伸びません。」と太鼓判を押しているそうです。

一匹の蜜蜂が、短い一生をかけて集めるハチミツは、なんとティースプーンでたったの一杯にしかすぎません。

藤原さんの「愛情」と、しまなみの「恵み」にあふれたハチミツは、ひときわ味わい深く貴重な味がすることでしょう。

【フジワラ養蜂場】
794-1403
愛媛県今治市上浦町甘崎1986
代表 藤原 清司
TEL0897-87-2347 
Fax0897-87-3650
http://www.island83.jp/index.html

Reported by Kazunari Utsunomiya
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント