CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

志摩市社協日記

 
 
志摩市社協の日々の活動を紹介します。






         <志摩市社会福祉協議会>


<< 2010年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/shima-syakyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shima-syakyo/index2_0.xml
リンク集
これ、なんだかわかりますか? [2010年01月20日(Wed)]
これ、なんでしょうはてな

私には流木でできた、ちょっとお洒落な杖のように見えましためがね




これが登場したのは月1回磯部支所で行われている療育相談の活動の時です。
先生がこどもたちの前に持ってきて上下逆さに動かし始めましたびっくり
すると・・・・





音符しゃららら〜音符しゃららら〜





と音がするではないですかびっくり
しかもとっても癒される音なんですハート
いつも賑やかなこどもたちですが、音に集中し静かです。



また大人も興味津津ドキドキ大
どうやって音が出ているのか、どんな仕組みになっているのか気になります。
活動が終わってからは「あれ欲しいね」って声も聞こえてきました。





実はこれ、サボテンでできたレインスティックという民族楽器なんですギター
中南米で雨乞いの儀式に使われたそうで、その名の通り雨が降っているような優しい音が流れます。
地球にも優しく、乾いて死んだサボテンが使われているそうです。
一見、木にしか見えないのでビックリですね電球




サボテンの入手は困難かと思いますが身近な物で作ることもできますので、気になった方はインターネットなどで検索してみてくださいびっくり
出前です♪ [2010年01月06日(Wed)]
相談支援センターかがやきでは、阿児町、磯部町、浜島町を圏域に、

↓のような出前教室を行っています。



で、昨日は、志島の老人クラブさんより年末に出前の依頼受けていたので、

認知症に関する教室を行いました。笑顔



さすがに、新年早々重苦しい話はできないと思い、困った

認知症予防に関するクイズやレクリエーションをしてみなさんと楽しみました。キラキラ



志島のみなさんノリノリです。

司会者と熱い炎バトルをしていましたVS

短い時間でしたが、参加者と一体となってレクリエーションをすることができました。



認知症予防に関するクイズは、出題する問題について考えさせられましたすいません

簡単すぎてもダメダメ

難しすぎてもダメダメ

ほどよい難易度で、参加者を葛藤させるような問題づくりをしないといけません。

次からはテスト問題を考える学校の先生の爪の垢を煎じて飲んで考えます。
仕事始め [2010年01月04日(Mon)]
新年あけましておめでとうございますm(_ _)m

本年もよろしくお願いします。

今日は、2010年の仕事始めです太陽

ぼちぼちと社協の事業をブログを通じてお伝えしていきたいと思いますので、

これからもこの支所日記におつきあい下さいウインク


これだけでは、少し寂しいですので、

去年も少しネタにさせていただきましたが、

この地方の代名詞伊勢神宮の事を少し書かせていただきます。

去年の一番のトピックと言えば、宇治橋架替がありました。

橋の架替には、船大工の方が作業にあたります。

なぜ橋の架替に船大工?と思うでしょうが、

橋の架替には「木殺し」という船大工独特の技が活かされています。

木殺しは、木は叩くことで一時的に収縮しその後膨張するという特性を用い、

渡り板同士の密着をよくさせるという技術です。
http://www.youtube.com/watch?v=VcOObx3Y3IM (Youtubeの動画)

20年の間立派に内宮への参拝を支える宇治橋には、

このような匠の技が活きているのですねまる

自分たちも匠の技に負けないように、プロ意識を持って仕事に臨んでいきたいと思います。力こぶ