CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

志摩市社協日記

 
 
志摩市社協の日々の活動を紹介します。






         <志摩市社会福祉協議会>


<< 2009年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
https://blog.canpan.info/shima-syakyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shima-syakyo/index2_0.xml
リンク集
いざ、探検! [2009年06月23日(Tue)]
                          〜6月16日〜
  
磯部小学校4年生の元気いっぱいなこどもたちが校区探検で保健センターかがやきにやって来ました笑い


かがやきを知ってもらおう!と、館内見学ツアーの開催ですびっくり
プランにはデイサービスとの交流と絵手紙作りも含まれています花



館内見学ではお風呂やトイレ、調理室などで学校や家と違うところはどこか探してもらいめがね、なぜそうなっているのか考えてもらいました(・_.)?




トイレでは・・・
「オムツ交換できる」
「自動で水が出る」



お風呂では・・・
吊り下げ型の緊急呼出し装置を見て・・・
                           (↓ここに装置がある)




















「これを引っ張るとあそこからお湯がでてくる〜」
「ぶらさがれる!」



など一生懸命考えてくれましたびっくり


おもしろくてかわいい答えですが・・・きちんと説明しておきましょうOK


職員より、手すりがあったり鏡が見やすい角度になっていて、誰もが使いやすくなっていること、緊急の場合には事務所へ知らせることができ、安全が確保されていることなどを伝えました。


みんな「へぇ〜」と関心の様子ウインク
中には答えを知っている子もいましたまる





デイサービスとの交流では、利用者の方たちと一緒に遊びました音符
折り紙をしたり、ゲームをしたり、お手玉を教えてもらったり・・・


利用者の方たちもいつも以上にいきいきとしており、職員も含めてみんなが素敵な笑顔です笑い音符





また絵手紙作りは、「地域で暮らしている高齢者に届けたい!」という気持ちがたっぷり込められていますメモハート

見守りが必要な高齢者の方にはいつもはボランティアさんが描いてくれる絵手紙が届けられますが、今回はこどもたちが描いてくれた絵手紙も届きますキラキラ


とても喜んでもらえるのではないでしょうか笑い



今回のツアーを通してこどもたちから

「デイサービスでもっと一緒に遊びたかった」
「また来る!」
「年取ったらかがやきに通いたい」
「将来かがやきで働きたい!!」

といううれしい声を聞くことができました笑顔



デイサービスを必要とする人がいることや、誰もが利用しやすいように建物には工夫がされていること、地域の人々が豊かな生活を送れるように働いている人がいることなど・・・


こどもたちが発見し、何かを感じることができる機会となっていたら嬉しいですびっくり
そしてこの発見が福祉のまちづくりへの第一歩となってくれれば・・・と思いますキラキラ
ここで暮らしたい! [2009年06月08日(Mon)]
みなさん、認知症についてどれくらいの知識があるでしょうか?
自分は大丈夫、家族は大丈夫だと思うのではないでしょうか。


しかし誰でもなる可能性はあります〓


もし、なってしまったら・・・・


それでも私は私。住み慣れた地域で暮らしたいですよね家


地域で暮らしていくためには家族や地域の人々の協力が重要になってきます。


このことを理解してもらいたいびっくり
と思い、いそべ茶屋夏草店にて啓発劇をさせていただきました。



ストーリーは・・・


   近頃様子のおかしいいそべさん。
   認知症が疑われます。

   ある日、いそべさんが必要以上に物を買っていることがわかります。
   (しかも悪徳商法で!)

   それを知った近所の福子さんとしま子さんが、社協を頼って対処していく…


                                         というものです。   










<いそべさん、しま子さんの名前がわからない・・・>
<燃えないゴミの日に燃えるゴミを持ってきた・・・>














<ゴミを出すのを手伝ってあげるためにいそべさんちへ・・・>
<すると箱や布団がたくさん!>


「なんや!これ!わしは買ってない!」













「民生委員さんや社協に相談しよや、いそべさん」








「布団に栄養ドリンクに・・・全部で100万円の請求がきてますよ!」



「えぇ!!払えへん!払っといてよ!」











「クーリングオフができるかも。すぐ手続きをしましょう!」
「家族とも一緒に話をしていきましょうね」










今回いそべさんは、近所の福子さんとしま子さん、民生委員の協力のおかげで
社協に相談をすることができました。



その後も地域の優しい見守りの中で元気に暮らしています。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



少しずつでもいいです。

認知症について理解を深めてください笑顔

そして周りで気になることがあったら相談してくださいびっくり

また、困っている人がいたら少し力を貸してください。



自分が、家族が、近所の人が、住み慣れた地域で暮らしていくために・・・


私たちと一緒に環境を整えていきましょうキラキラ