CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
滋賀県手をつなぐ育成会に届いた新着情報をお届けします。
各市町の育成会の行事予定や取組みなどもご報告します。
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
会報「大津のなかま」5月号・会長挨拶から [2020年08月10日(Mon)]
会報「大津のなかま」5月号から   
会長挨拶
 皆様、少しは落ち着いた生活に戻ってこられましたか?
 この文章を書いている今は、緊急事態宣言解除の直後なので、皆様のお手元にこの通信が届くころには、もう少し日常の暮らしが戻っていることを願っています。

 緊急事態宣言が出される前より、学校や通所事業所やショートステイ等々、自粛要請がありました。会員の皆様も心配とご苦労が多かったことと思います。例えば・・・・・

   ◎ 通所事業所からの自粛要請のため
      ・ほぼ全く通所できない方
      ・通所人数を減らすため、週1〜3日お休みになる方
      ・午前中のみ通所の方
      ・通所事業所の職員不足(学校などの休校のため)で休みに協力する方
   ◎ 通所事業所からの自粛要請のため、やむなく家庭で過ごすと・・・・
      ・ストレスで子どもさんに自傷や他傷が出てくる
      ・介護する家族が疲労困憊
      ・持ち帰り仕事を家族も一緒に行う
   ◎ 通所事業所の送迎が無くなり ・・・・・
      ・家族の送迎になる
      ・電車やバスが使えず、長距離を歩いて自力通所する
 ショートステイが使えず、困っているご家庭もあります。
 学校が休校でずっと在宅の方もおられます。特に新小一年生の方は放課後デイにも入れ
ず、お母さん一人ががんばっているケースもあります。
 通院にも支障が起こり、診療を受けることが出来なかったり、リハビリテーションが出
来ないこともありました。
  自粛要請の対応は法人や事業所で大きな違いがありました。ギリギリの生活を営んでいる障害児者の家庭にとっては、それぞれの家庭の判断で自粛をしたかったと思います。 
一律の自粛は避けてほしかったです。
 このような状況は今後多少は改善されるでしょうが「以前と同じ」にはならないでしょう。新型コロナウイルスと共存して暮らしていくための新しい障害児者福祉施策の取り組みが必要になってくるでしょう。
 「これは絶対に困る」「こうあってほしい」という皆さんの声を寄せてください。
  後述にもありますように幾つかの行事が中止延期になっています。2020年度の行事計画にあるものも今後中止になる可能性があります。通信で都度お知らせしてまいりますので、皆様のご理解ご協力をお願いいたします。
   
   
Posted by 滋賀県育成会 at 14:55
この記事のURL
https://blog.canpan.info/shigaikuseikai/archive/193
コメントする
コメント
プロフィール

滋賀県育成会さんの画像
滋賀県育成会
プロフィール
ブログ
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shigaikuseikai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shigaikuseikai/index2_0.xml