CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
滋賀県手をつなぐ育成会に届いた新着情報をお届けします。
各市町の育成会の行事予定や取組みなどもご報告します。
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
オンラインセミナー開催のご案内 [2021年01月27日(Wed)]
ぜんち共済より案内がとどきましたのでお知らせいたします。
ご興味のある方はご参加ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
−みんなで子どもの将来を考えよう−
「特別支援学校を卒業してから分かる実情と、在学中に親として準備しておくべきこと」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【オンライン】
−みんなで子どもの将来を考えよう−
「特別支援学校を卒業してから分かる実情と、在学中に親として準備しておくべきこと」

卒業して社会に出てから実際に起こること、そして、在学中に親としてこれだけは
押さえておいた方が良いことを、卒業生を持つ親だからこそ話せる実体験について、
ご家族をはじめとし 幅広く多くの関係者の方に聴いていただきたいと思います。

2021年2月13日(土) 10:00〜11:45
講師 :金成祐行(全国特別支援学校知的障害教育校PTA連合会顧問)
参加費:無料

▼詳細・お申し込みはこちらから
 https://zoom.us/webinar/register/WN_qjIC85rSSD2tkeYRwk2YOg

☆セミナー後のアンケート回答者全員に『当日の資料』をプレゼントします!

▼案内チラシ
 https://www.z-kyosai.com/wp-content/uploads/2021/01/2.13seminarhps.pdf

※ 事前にお申し込みが必要です。ご注意ください。
※ 本セミナーは、Web会議ツール「Zoom」のウェビナー機能を用いて実施します。
下記を参考に、事前インストールをお願いいたします。

Posted by 滋賀県育成会 at 16:02
「マスクをつけられません」缶バッジ [2020年10月29日(Thu)]
コロナが終息せず、外出するときはマスクをするのが当たり前となっています。
もちろん、感染拡大を防ぐために、自分の健康を守るために、皆がルールを守ることが大切ですね。

しかしながら、障害のある方でどうしてもマスクがつけられず困っているとの声をが会員さんがからあり、いろいろと探した結果、「マスクをつけられません」缶バッジを作成しているところを教えていただきました。
ただいま県育成会では、各市町育成会さまよりご希望数をご連絡いただき、配布させていただいております。実費負担をお願いしておりますが、ご希望の方がございましたら、ご連絡お待ちしております。
shimauma.jpg
Posted by 滋賀県育成会 at 16:34
会報「大津のなかま」5月号・会長挨拶から [2020年08月10日(Mon)]
会報「大津のなかま」5月号から   
会長挨拶
 皆様、少しは落ち着いた生活に戻ってこられましたか?
 この文章を書いている今は、緊急事態宣言解除の直後なので、皆様のお手元にこの通信が届くころには、もう少し日常の暮らしが戻っていることを願っています。

 緊急事態宣言が出される前より、学校や通所事業所やショートステイ等々、自粛要請がありました。会員の皆様も心配とご苦労が多かったことと思います。例えば・・・・・

   ◎ 通所事業所からの自粛要請のため
      ・ほぼ全く通所できない方
      ・通所人数を減らすため、週1〜3日お休みになる方
      ・午前中のみ通所の方
      ・通所事業所の職員不足(学校などの休校のため)で休みに協力する方
   ◎ 通所事業所からの自粛要請のため、やむなく家庭で過ごすと・・・・
      ・ストレスで子どもさんに自傷や他傷が出てくる
      ・介護する家族が疲労困憊
      ・持ち帰り仕事を家族も一緒に行う
   ◎ 通所事業所の送迎が無くなり ・・・・・
      ・家族の送迎になる
      ・電車やバスが使えず、長距離を歩いて自力通所する
 ショートステイが使えず、困っているご家庭もあります。
 学校が休校でずっと在宅の方もおられます。特に新小一年生の方は放課後デイにも入れ
ず、お母さん一人ががんばっているケースもあります。
 通院にも支障が起こり、診療を受けることが出来なかったり、リハビリテーションが出
来ないこともありました。
  自粛要請の対応は法人や事業所で大きな違いがありました。ギリギリの生活を営んでいる障害児者の家庭にとっては、それぞれの家庭の判断で自粛をしたかったと思います。 
一律の自粛は避けてほしかったです。
 このような状況は今後多少は改善されるでしょうが「以前と同じ」にはならないでしょう。新型コロナウイルスと共存して暮らしていくための新しい障害児者福祉施策の取り組みが必要になってくるでしょう。
 「これは絶対に困る」「こうあってほしい」という皆さんの声を寄せてください。
  後述にもありますように幾つかの行事が中止延期になっています。2020年度の行事計画にあるものも今後中止になる可能性があります。通信で都度お知らせしてまいりますので、皆様のご理解ご協力をお願いいたします。
   
   
Posted by 滋賀県育成会 at 14:55
2020総会資料 挨拶から [2020年08月10日(Mon)]
2020年を迎えて                     大津市障害児者と支える人の会
                             会長 西川 実千子
 平素より大津市障害児者と支える日の会の活動にご支援ご協力をいただき、ありがとうございます。今年度は新型コロナウイルス禍で、一堂に集まり協議することが出来ず、書面評決を行うことになりました。大変残念ですが、その内容につきましては、整理が出来ましたら報告させていただきます。

 昨年度は本会としてはじめて「大津市障害者福祉事業所への寄付事業」を行いました。これは、特に大津市において住まいの場が不足している現状を踏まえてのささやかな寄付事業です。第1回は「ぽのハウス(月輪4丁目)」になりました。今年度も応募をお待ちしております。入所施設はまったく国の許可が下りず、グループホームは入居者数が10名足らずです。住まいの場がスピード感をもって増えて欲しいです。本事業は親の願いです。
 差別解消支援法、差別解消支援協議会など実施されましたが、施設建設において地域の理解が得られない状況も散見されました。誰もが共に安心して安全に生きていける暮らしを創っていきたいと思います。
 9月には、社会保険労務士を迎えて「年金学習会」を行い、熱い学習会になりました。
各家庭で事務手続きを行わねばならず、しかも幼少期からの記録が必要です。障害児者の一生に関わる問題ですので、今後も定期的に学習会を行いたいと思っています。
 近畿大会や全国大会にも参加し、総合支援法の見直し実施など、情勢についても学び、私達も大津市の現状を見つめ直しました。滋賀県大会にも多くの方に参加していただき、大津市との懇談会では、様々なご意見ご要望を発言していただきました。クリスマス会、新年会などの行事の中で絆を深めてまいりました。3月のバス旅行は残念ながら新型コロナウイルス禍で中止となりました。
 今年度は第55回滋賀県知的障がい者教育福祉振興大会が和邇文化ホールで10月25日に実施されます。大津が担当になりますので、皆さんの力でおおいに盛り上げていきましょう。困難な2020年度を皆さんのご協力で乗り切っていきましょう。よろしくお願いします。 
(残念ながら大会は延期になりました。)
Posted by 滋賀県育成会 at 14:27
第10回 ぴかっtoアート展 作品募集のお知らせ [2020年07月03日(Fri)]
今年度も障害者アート公募展「第10回ぴかっtoアート展」を開催いたします。
入選作品はイオンモール草津イオンホールで展示し、特に優れた作品については滋賀県知事より表彰をしていただく予定となっております。
また今回よりメールでのご応募も受け付けておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

くわしくは 滋賀県手をつなぐ育成会のホームページをご覧ください。
募集要項や、応募用紙などをダウンロードすることもできます。
下記のページでご確認ください。
http://www.shiga-ikuseikai.jp/art.html

お家でいろいろな作品を作られている方、ぜひご応募ください。
たくさんのご応募お待ちしております。

(コロナウイルス感染拡大の状況によっては内容について変更の可能性もございます。
その場合はあらためてホームページ等でお知らせいたします)
Posted by 滋賀県育成会 at 16:18
みんなの笑顔を増やすプロジェクト [2020年06月01日(Mon)]
全国手をつなぐ育成会連合会よりお知らせ

全育連では新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い外出や集合型イベント等が自粛されがちな状況を踏まえ、自宅にいても全国の仲間と「つながり」を感じられるようなコンテンツをユーチューブ、ホームページ、フェイスブックなどで発信する「みんなの笑顔を増やすプロジェクト(新型コロナでもつながろう!)」をスタートすることとなりました。
くわしくは、滋賀県手をつなぐ育成会ホームページをご確認ください。
http://www.shiga-ikuseikai.jp/
1)(一社)全国手をつなぐ育成会 連合会・みんなの笑顔を増やす プロジェクト(新型コロナでもつ ながろう!)開始のお知らせ(プレスリリース)
2)みんなの笑顔を増やすプロジェクト(新型コロナでもつながろう!)第1弾(動画・テキスト)の公開URL
3)みんなの笑顔を増やすプロジェクト(新型コロナでもつながろう!)写真(動画)募集要領
4)みんなの笑顔を増やすプロジェクト(新型コロナでもつながろう!)〜全国の工夫を集めてみました〜
Posted by 滋賀県育成会 at 10:03
新型コロナ感染防止リーフレット [2020年04月13日(Mon)]
covid.pdf全国手をつなぐ育成会連合会のホームページにコロナ感染防止リーフレットが掲載されていました。
とてもわかりやすいものでしたので、皆さまへもお知らせいたします。

下記は全国手をつなぐ育成会連合会のホームページの抜粋です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新型コロナウィルスが はやっています。
新型コロナウィルスは 人から人に
とても うつりやすいのです。


▼みなさんが 新型コロナウィルスに かからないように するために、
まもってほしいことを お伝えします。
ここを クリックして、読んでみて ください。


●新型コロナウィルスに かからないように するために(PDF:315kb)
covid.pdf


▼新型コロナウィルスに かかっても、
体調が わるくならない人も います。
自分が 新型コロナウィルスにかかっていることに
気づかないまま、
ほかの人に うつしてしまうことも あります。

▼自分が 新型コロナウィルスに かからなければ、
ほかの人にも うつさなくて すみます。
自分が 新型コロナウィルスに かからないように 気をつけることは、
みなさんの まわりの人を まもることにも なります。


▼不安だったり、不便だったり することは たくさんありますが、
みんなで 新型コロナウィルスが これ以上 ひろがらないように
力をあわせて がんばりましょう。
Posted by 滋賀県育成会 at 13:02
行事案内 (大津市障害児者と支える人の会) [2019年09月09日(Mon)]
かわいい行事案内

■大津市との懇談会のお知らせ
日時:令和元年11月1日(金)10時から12時
場所:大津市役所別館 1回大会議室
   今年度の要望書に基づいて懇談を行います。
   参加希望の方は菅原、西川、お近くの役員さんまでご連絡ください。
   参加される方は市役所新館1階ロビーにお集まりください。

■第54回滋賀県知的障がい者教育福祉新九尾大会 in 東近江
日時:令和元年10月27日 10時から15時30分
場所:近江八幡市文化会館
大会主題:真の安心をめざして 〜地域とともになすべきこと〜
※大津市障害児者と支える人の会は参加者が比叡山坂本から順次バスに乗っていただき現地9時50分に到着予定です。帰りは現地3時30分に出発し、比叡山坂本へな17時30分ころの予定です。

■施設見学会 障がい者支援センター「かがやき」
日時:令和元年11月20日
場所:障がい者支援センター「かがやき」
交通:福祉バスがでます。
定員に達しましたら締め切りますので、お早めにお申し込みください。

■障害者基礎年金学習会のお知らせ
日時:令和元年9月27日(金)  10時30分から12時30分
場所:大津市立障害者福祉センター大会議室
   (適切に年金が受けられるよう、必要事項を記入するために留意する点。幼児期から準備しておくものなど)
講師:三室 はるみ氏(みむろ社会保険労務士事務所)
対象者と費用:将来に不安をお持ちの方でしたら、どなたでも(会員外でもOK)参加していただけます。特に障害基礎年金の申請を控えた学齢期のお子さんを持つ親御さんには必見。
参加費は無料です。参加希望の方は事務局菅原まで。

■大津わかばの会 秋のおしゃべり会
日程:令和元年10月t25日10時から12時
場所:大津市立障害者福祉センター
比較的若いお母さん方の集まりです。学校や地域との関りなど日ごろの悩みなどここで発散してみませんか?事前申し込みは不要です。お問い合わせは太田まで。

■療育キャンプ
日時:10月26日(土)11時集合〜27日(日)12時解散
場所:こんぜの里栗東 森の未来館
親子で宿泊、研修に参加するキャンプです。
療育活動:体験しようGOKAN療育(重度身体障がいであってもできる体験型療育ワーク)
保護者のみ2日目に研修会を行います。同時間、お子様は楽しい音楽レクレーションを予定しています。申込は西川まで。

■11月会員懇談会
日時:令和元年11月6日11時30分〜14時 昼食をとりながら懇談を行います。
場所:大津市立障害者福祉センター 2階 デイサービス室
アドバイザーとして坂本彩さん(彩社会福祉事務所)も参加されます。
あなたの困りごと解決のヒントをもらえるかも!

「KTK 大津のなかま 2019年9月号 NO129より抜粋」
記事の詳しいお問い合わせは大津市障害児者と支える人の会まで。
Posted by 滋賀県育成会 at 10:05
お知らせ 11/23 アール・ブリュット日タイ交流事業記念イベント(NO-MAより) [2016年11月10日(Thu)]
ボーダレスアートミュージアムNO-MAよりご案内が届きました。
ご興味のある方はぜひご参加ください。

NO-MAでは今年度、日タイ両国のシンポジウムと展覧会の開催を予定しています。
この事業の開催を記念し、協力いただくロザリーナ・アレキサンダー氏をタイからお招きし、トークイベントを開催します。

ロザリーナさんはタイのバンコクにお住まいでご自身も知的障害のある娘さんの母親です。
タイ国内で障害のある人たちが普通の暮らしを実現するために、「レインボーラン」という6000人が参加するマラソン大会や、家族を対象とした研修会の開催などを精力的に取り組んでいらっしゃいます。

日 時:2016年11月23日(水・祝)
    15:00〜17:00 

講 師:ロザリーナ・アレキサンダー氏(レインボールーム財団代表)
聞き手:山田創(日タイ交流事業担当)

会 場:奥村家住宅(近江八幡市永原町上8)
定 員:20名(要予約)
参加費無料(別途企画展「楽園の夢」観覧料が必要です)
通訳有

くわしくは NO−MAのホームページをご確認ください。
http://www.no-ma.jp/?p=14357
Posted by 滋賀県育成会 at 11:37
ぴかっtoアート展 湖北展始まりました [2016年09月22日(Thu)]
台風16号も通り過ぎ、なんとか展覧会の設営が、昨日の夕方に終わりました。
各施設から、届けていただいた作品が、安藤家に展示されるとすっかり雰囲気が変わりました。

湖北での展覧会は、初めてですが、安藤家の方々にとてもよくしていただいて安心して開催できそうです。
長浜の人は優しいですね。

シルバーウィークは、ぜひ長浜観光に来てください。安藤家は、魯山人ゆかりの作品も見る事ができます。(有料ですが興味のある方は必見です)

美味しい食べ物もたくさんあるそうですよ(^_^)
Posted by 滋賀県育成会 at 09:12
| 次へ
プロフィール

滋賀県育成会さんの画像
滋賀県育成会
プロフィール
ブログ
リンク集
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/shigaikuseikai/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/shigaikuseikai/index2_0.xml