CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年02月12日

子ども主体

こんにちは。
ふじこです★

一回目から全然登場せずすみません( ;∀;)
お許しを・・・

土曜日に子どもたちの作品展があり、
今日は代休!!
これで、一年間の大きな行事はほぼ終了♪


そんな行事の準備をする中、
わたしは先日大イベントを終えました!!

何度も何度も授業を練り治し、
頭を悩ませる日々が続く・・・・
そう、研究授業です!!

今年、初めて教師になったということで、
いろいろな先生方に授業を見てもらい、助言をいただくチャンス☆
張り切って臨みました!(^^)!







がしかし、
現実はうまくいきませんね↓↓
これまでの中でも、最悪な授業をしてしましました。。。(汗)


準備もして、内容もよく練ったはず。
でもなんで、うまくいかなかったのか!?


答えは簡単でした。


子ども主体
ではない授業



緊張やいい授業を見てもらいたいと思うばかりで
こんなに大事なことを忘れていたなんて(._.)
みんなに申し訳ないことをしてしまったと大反省しました。


ところで、みなさんの考える
子ども主体ってなんでしょうか?


一言二言でいうことはできないけれど、
あえて、いうなら
 
子どもがいきいきしているか
また、いきいきしたいという願いをもって活動(生活)しているか




毎日のように、子どもたちとかかわる中で
相手の気持ちを受け止めず、自分の意図の押し付け
言葉だけに振り回され、その根底にある想いが見れていない
しかも、気付かないうちに。
そんなことってありませんか?


思わずやってしまいがち、
でもやってはいけないことだと改めて思います。




教師をし始めて一年が経とうとしています。
まだまだこれから
新たな気持ちでお仕事がんばらなきゃっ!!



ふじこ