• もっと見る

2024年04月19日

映画「Indigo Mourning」ウェブ版が公開されました


gbvschool.png
【5/31まで】「エンパワメント・スクール」受講生募集中
※しあわせなみだ理事中野宏美が「障がいを抱えた⼥性」を担当しています

==============


240216menbersmall.jpg
しあわせなみだ理事長千谷直史がチャリティ上映会に登壇した、川添ビイラルさん監督作品「Indigo Mourning」のウェブ版が公開されました。

240228image.png
上映会では、どうすれば性暴力に対する問題意識が低い人の問題意識をあげることができるかなどを、川添さん、新畑信さん(Open the Black Box 伊藤詩織さんの民事裁判を支える会 代表)、千谷の3人で意見交換しました。


この映画は、大切に思っていた人から、性暴力被害を打ち明けられた、川添監督の経験が、もとになっています。
映画は、性暴力の直接的なシーンはありませんが、間接的に性犯罪や性暴力のテーマを扱っています。
ご自身が安心できる環境で、ご覧ください。


240228movieimage.png
【「Indigo Mourning」】

☆あらすじ
舞台は吸血鬼と人間という二つの人種が共存する世界。
人間の女性に恋をした吸血鬼のレンだが、その女性は一年前にレンの同僚である吸血鬼に噛まれてしまい、そのショックから自ら命を絶ってしまう。 彼女を失ったことによる苦しみと怒りに溺れるレンは、同僚への復讐を企む。

☆出演
サンディー 海、小西貴大、小平舞

indigomourning2.jpeg
【「Indigo Mourning」ウェブ版はこちらです(17:59)】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 性暴力被害:情報

2024年04月16日

中学生とイベント企画中!


gbvschool.png
【5/31まで】「エンパワメント・スクール」受講生募集中
※しあわせなみだ理事中野宏美が「障がいを抱えた⼥性」を担当しています

==============

437601702_745883834356169_9145590440975903508_n.jpg
3月に開催した第二大島中学校での講演を聴き、しあわせなみだに興味をもってくれた生徒さんから連絡をいただき、イベントを企画することになりました!

講演では、「学校では教えてくれない性暴力の話」をテーマに、「性暴力とは」「自分や周囲の人が性暴力に遭ったら」「相談機関について」等をお届けしました。
生徒の親御さんが、しあわせなみだとご縁があり、再会の場を設けてくれました。


437515862_745883864356166_4465470977119410512_n.jpg
イベント内容が固まってきたら、また報告いたします。
今後にぜひご期待ください!


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動

2024年04月09日

パートナーが性被害を経験した男性向けチャットボット開発中!


gbvschool.png
【5/31まで】「エンパワメント・スクール」受講生募集中
※しあわせなみだ理事中野宏美が「障がいを抱えた⼥性」を担当しています

==============

IMG_2624.jpg
1/19に開催した「ファンミーティング」でお披露目した新事業プラン
1.パートナーが性被害に遭った男性向けリーフレットの作成
2.パートナーが性被害にあった男性向けチャットボットの作成
3.性暴力被害者カウンセリング費用サポートシステムの設立

現在、「2.パートナーが性被害を経験した男性向けチャットボット」のリリースに向け、準備を進めています!


IMG_2749.jpg
開発は、最新のデジタルテクノロジーを提供する株式会社HeeHaaの朴圓燮さんに、お力をいただいています。
先日はHeeHaaさんのオフィスで、打合せを開催しました、


IMG_2734.jpg
しあわせなみだが作成した、チャットボットのデータを、朴さんが生成AIに読み込ませて、適切な回答になるよう、調整しています。
「どんな質問が来るかを想定する」「自然な文言で回答できるよう、読み込ませるデータを工夫する」「生成AIの限界を踏まえた内容の検討」等、私たちにとって初めての経験ばかり。
試行錯誤しながら、よい製品が提供できるよう、作業を頑張っています!


IMG_2741.jpg
チャットボットは、特性を踏まえ、期間限定のリリースになる見込みです。
詳細は決まり次第ご案内します。
お楽しみに!


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動

2024年04月05日

「エンパワメント・スクール」で「障がいを抱えた⼥性」をテーマに講義


gbvschool.png
NPO法人全国女性シェルターネットと、一般社団法人ジェンダーベイスト・バイオレンス専門支援員養成センターが主催する「エンパワメント・スクール」が、2024年度の受講生の募集を開始しました。
しあわせなみだ理事中野宏美が、専門科目「ドメスティック・バイオレンス【⽀援のための知識や技術】」の「特別な配慮が必要な専⾨的⽀援」で「障がいを抱えた⼥性」を担当しています。
ぜひお申し込みください。

【2024年募集要項とカリキュラムの詳細はこちらでです】


2024info.png
エンパワメント・スクールは、DVや性暴力など「ジェンダーベイスト・バイオレンス」「女性に対する暴力」被害者の支援の専門家を養成する講座です。

DVや性暴力の対策、被害者支援にこれまで取り組んできた人たちの思いや経験・知識・スキル、海外での研修カリキュラムなどを集め、教材を作成して講座や実習を行い、次世代の支援者やこれらの問題にかかわる仕事に携わる人材を育成することを目指しています。
本養成講座は2022年に本格的に開講し、2024年には資格認定試験が始まります。

2024年も4月に新たに受講生を募集いたします。

受講された方には、各種コースの修了証を発行します。また支援経験のある方が所定のカリキュラムのコースを修了し、試験に合格した場合は資格の認定を行います。


☆受講資格
特に無し

☆受講方法
オンライン
*一部リアルタイムでの参加型ワークショップと演習

☆動画視聴期間
2024年7月1日(月)〜2025年1月10日(金)

☆提供科目の概要
1)GBV専門コース (基礎科目44科目、専門科目32科目、オプション5科目)
2)GBV基礎コース (基礎科目44科目、オプション5科目)
3)性暴力専門コース (基礎科目32科目、専門科目13科目、オプション5科目)
4)性暴力基礎コース (基礎科目32科目、オプション5科目)
5)DV専門コース (基礎科目36科目、専門科目19科目、オプション5科目)
6)DV基礎コース (基礎科目36科目、オプション5科目)
*中野の講義は「1)GBV専門コース」「5)DV専門コース」では必須カリキュラム、他のコースではオプションとしてお選びいただけます

☆資格について
所定のコースを修了した人には、受講修了証が出されます。
コースによっては「GBV支援員」「GBV専門支援員」資格を取ることができます

☆定員
総数100名

☆申込期間
2024年4月1日から5月31日(金)
*定員に達した場合は、締切日前に募集を停止します。

☆受講料
1科目 2,000円(テキスト代込み)
*受講料払い込み締切: 2024年6月8日(土)

☆お申込
【お申込みフォームはこちら】

☆お問合せ
info@gbv-epschool.or.jpにメールでお問い合わせください。

☆実施団体について
当事業は、NPO法人 全国女性シェルターネットと一般社団法人ジェンダーベイスト・バイオレンス専門支援員養成センター(略称:エンパワメント・スクール)とが共同で実施し、資格認定は一般社団法人ジェンダーベイスト・バイオレンス専門支援員養成センターが行うものです。


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 性暴力被害:セミナー

2024年04月02日

2023年に警察に相談のあったDVは9,092件



人男女後ろ姿.jpg
警察庁は「配偶者からの暴力相談等受理状況」を公表しました。
これによると、2023年に警察に相談のあった配偶者からの暴力相談等の相談件数は、9,092件で、前年から703件(8.4パーセント)増加しました。
DV事案に起因する刑法犯・他の特別法犯の検挙は694件となっています。

人女性妊婦.jpg
DVの1つに「性的暴力」があります。
2023年6月に刑法性犯罪処罰規定が改正され、配偶者間の性暴力についても、性犯罪として問えることが明記されました。

パートナーは本来、最も身近で、安全を感じられる関係です。
しかし加害者は、暴力による支配関係を目的に、相手と関係を構築します。
DVは「痴話げんか」ではなく「犯罪にあたる行為である」ということが認識され、安心して相談できる環境の整備が、期待されます。


物携帯ハート.jpg
【DVについて電話、メール、チャットで相談できる「DV相談プラス」はこちら】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 性暴力被害:情報