• もっと見る

2024年03月29日

女性の12.3人に1人が不同意性交を経験


人女性後ろ姿雨.jpg
内閣府は「男女間における暴力に関する調査(令和5年度調査)」を公表しました。

これによると、不同意性交等(性交、肛門性交、口腔性交、又は膣・肛門に身体の一部もしくは物を挿入する行為)をされたことがある人は 4.7%でした。
性別では、女性は 8.1%、男性は 0.7%となっています。
女性の12.3人に1人は、不同意性交を経験していることになります。


人男女後ろ姿.jpg
加害者は、「交際相手」と「元交際相手」がそれぞれ 16.4%で最も多く、次いで「職場・アルバイト先の関係者」(10.0%)、「配偶者」(8.6%)、「通学先の学生」(8.6%)となっています。
「まったく知らない人」と回答したのは、10%にとどまります。


景色街人影.jpg
被害の状況は「相手から、不意をつかれ、突然に襲いかかられた」が 23.6%と最も多く、次いで『相手から、「何もしない」「変なことはしない」「乱暴しない」などとだまされた』(22.9%)、「相手との関係性から拒否できなかった」(22.9%)、「驚きや混乱等で体が動かなかった」(22.9%)となっています。

調査結果から、不同意性交は、「顔見知り」から「不意を突かれる」、もしくは「だまされ」たり、「拒否できない」関係につけ込まれ、被害が起きている構図が、わかります。


物携帯ハート.jpg
被害を誰にも相談していない人は、55.7%と、半数を超えています。
「相談した」人のうち「警察」を挙げた人は1.4%にすぎません。
性暴力に包括的に対応する「性暴力被害者ワンストップ支援センター」を挙げた人は、いませんでした。


景色東京.jpg
性暴力の正しい実態が知られ、安全安心に相談できる環境の整備が求められています。


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 性暴力被害:情報

2024年03月22日

2023年の「子どもの性被害の状況」が公表されました


人中学生後ろ姿.jpg
「令和5年における少年非行及び子供の性被害の状況」が公表されました。
これによると、2023年に認知された性被害のうち、被害者が20歳未満の件数は、不同意性交が1,119件と、昨年から430件増加。不同意わいせつは2,584件と、497件増加しています。

2023年の不同意性交は2,711件、不同意わいせつは6,096件です。(「令和5年の犯罪情勢」より)
不同意性交の41.3%、不同意わいせつの42.4%を、20歳未満が占めていることになります。
日本の人口に占める20歳未満の割合は16.0%なので、明らかに高い割合であることがわかります。

子どもの脆弱性につけこむ犯罪の責任は大人にあります。


b71a029ed5f00e3cfa0ec72625e99352_s.jpg
2022年4月からわいせつ教員対策法が施行され、わいせつ行為等で懲戒免職等の処分を受けた教員等をデータベース化し、採用時にはこのデータベースの活用が、義務付けられました。
また今国会では、その対象を、保育士など、子どもに関わる職業に拡大する「日本版DBS」が、検討されています。
子どもを守るための更なる取り組みが、求められます。


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 性暴力被害:情報

2024年03月19日

ソーシャルアクションの実践を拡げるために〜研究に協力しています〜


IMG_1919.jpg
しあわせなみだでは、刑法性犯罪に「障がい」の概念を盛り込むために、2018年から様々な事業を実施してきました。
1つの成果として、2023年6月の改正で、不同意性交の要件に「心身の障害があること」を盛り込むことができました。


IMG_2690.jpg
法政大学の岩田千亜紀さんが、この活動を、グッドプラクティスとして共有することで、「社会をもっと良くしたい」と考える人や団体に活用してもらうための研究を、進めてくれています。
社会福祉が持つ様々な役割の中で、近年特に「ソーシャルアクション」の実践が、期待されています。
しかし、日本での実践はまだまだ未成熟な段階にあり、特に施策の整備や政策の改正を求めるアクションの展開が、課題となっています。
そこで、今回のしあわせなみだの活動を整理し、客観的に評価することで、誰にでもわかりやすく、参考にできる事例になるよう、検討しています。

IMG_2701.jpg
先日は、事業に携わったメンバーによるワークショップを開催。
「ステークホルダー分析」「ロジックモデルの作成」「ログフレームの作成」を行いました。
5年間の活動を振り返り、成果をまとめていく作業は、大変充実したものとなりました。
また、事業を応援してくれた、寄付者の方々や署名賛同者、イベントに協力してくださった皆さん、そして国会議員をはじめとする、施策立案に関わった皆さんへの、感謝の気持ちも、新たにすることができました。


IMG_2726.jpg
これからも「性暴力ゼロで誰にとってもしあわせな社会を創る」ビジョンの実現に向け、活動していきます。
応援よろしくお願いします!


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 障がい児者への性暴力

2024年03月15日

中学生に「性暴力」をテーマに講義


240312image.png
理事長千谷が江東区第二大島中学校で講義を行いました
「学校では教えてくれない性暴力の話」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.性暴力とは
1)性暴力は非現実的なこと?
2)性暴力とは
3)性暴力が潜在化しやすい理由
(1)恥ずかしいから 他人に知られたくない
(2)加害者との関係
(3)被害だと自覚していない
4)認知のゆがみ

☆2.自分や周囲の人が性暴力に遭ったら
1)性暴力被害の影響について
2)性暴力はPTSDにないやすい
3)危機や恐怖に直面した時の5F反応
4)知り合いが被害に遭ったら

☆3.相談機関について
1)警察
2)産婦人科
3)ワンストップセンター

☆4.最後に
1)セックスはゴールじゃない


しあわせなみだでは、学生向けの講演を、積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせはこちら】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動

2024年03月12日

ジャニーズJr被害当事者会が主催する勉強会に登壇しました


IMG_3612.jpeg
理事長千谷直史が、ジャニーズJr. だった子どもの頃に、大人から性加害を受けた当事者らを中心につくるアクションプラン「ワニズアクション」が主催する勉強会に登壇しました。

「障害者に対する性暴力調査報告」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.障害の4類型について
1)身体障がい
2)知的障がい
3)精神障がい
4)発達障がい

☆2.障害児者の性暴力調査結果
1)しあわせなみだ「障がい児者への性暴力」調査
2)海外での調査結果

☆3.なぜ障害が性暴力へのリスクになるのか
1)障がいならではの「特性」と「育ち」
2)暴力の構造

☆4.なぜ障がいのある人が“選ばれる”のか
1)なぜ障がいのある人が”選ばれる”のか
2)加害者は被害者の障がいを”知っている”
3)障がいのある人は性犯罪に”巻き込まれる”

☆5.障害者の性暴力に関する法制度
1)障害者虐待防止法
2)児童虐待防止法
3)刑法


しあわせなみだでは、性被害当事者を対象とした講義を、積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせはこちらから】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動

2024年03月08日

#性的同意を広めて性暴力をなくそう〜「国際女性デー ハッシュタグデモアクション」に賛同〜

240308-09image.png
3/8は、国連が定める「国際女性デー」です。
女性たちの、平和と安全、開発等における役割の拡大や、組織やコミュニティーにおける地位向上について、みんなで考える日とされています。

しあわせなみだは、性被害当事者が生きやすい社会の実現を目指す、一般社団法人Springが呼びかける、「国際女性デー ハッシュタグデモアクション」に賛同しました。
ぜひみんなで、このアクションを盛り上げましょう!


▼目的▼
*新刑法の中身の周知と適切な運用によってすべての性暴力が処罰されるようにアピールすること
*「性的同意」の概念を日本社会に広めること

▼日時▼ 
1日目:3月8日(金)12:00-13:00
2日目:3月9日(土)12:00-13:00

▼投稿内容▼ 
「#性的同意を広めて性暴力をなくそう」
これを共通のメイン・ハッシュタグとして、さらに訴えたいことをそれぞれのSNS(主にXで実施、Instagram、facebookなど)でハッシュタグとしてつけ加える

例)
#同意のない性行為は全て性暴力
#性犯罪改正刑法で全ての性暴力に処罰を
#経済的社会的地位を利用した性行為は新刑法で処罰されます
#YesMeansYes
など


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動

2024年03月05日

朝日新聞で登壇イベントが紹介されました!


IMG_2674.jpg
理事長千谷が登壇した『Indigo Mourning』チャリティー上映会&パネルディスカッション の様子が、2/28付「朝日新聞」で紹介されました。
大切に思っていた女性から、性暴力被害を打ち明けられたことをきっかけに制作された、川添ビイラルさん監督作品『Indigo Mourning』への想いや、男性3人によるパネルディスカッションの様子を、お伝えいただきました。
ぜひご覧ください。


240228image.png
【「性被害打ち明けられ、渦巻いた感情 監督が短編映画に込めた思い」記事はこちらです(webは有料会員限定記事です)】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動

2024年03月01日

高校生に性暴力をテーマに講義!

IMG_2676.jpg
理事長千谷直史が、大東学園高等学校「性と生」に登壇しました。
高校1年生約40名を対象に「性暴力と性の問題について」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.性暴力とはなにか
1)性暴力とは
2)認知のゆがみ
3)性暴力被害の影響について

☆2.もし知り合いが被害に遭ったら

☆3.「同意」とついて
1)そもそもセックスってなに?
2)でも同意ってどうすればいい?


しあわせなみだでは、学生向けの講演を、積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせはこちらから】



==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動