CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年07月29日

障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪創設に向けて〜ご支援のお願い〜


bridgingimage.jpg
しあわせなみだは「障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪」創設に向け、「ブリッジング・プロジェクト〜Bridging the Gap~」を展開しています。


IMG_0940.jpg
2018年7月から110名の国会議員と面会し、障がい児者への性暴力の現状を届けています。


210226ooka.jpg

IMG_1301.jpg
8名の国会議員が衆参の予算委員会や法務委員会で質問してくれました。


IMG_1314.jpg
2名の国会議員が質問主意書で取り上げてくれました。


56764668_2228109990771436_5868111261295706112_n.jpg

60351375_361326157842432_3207789053361520640_n.jpg
与野党が開催するヒアリングに招聘され、意見交換を行ってきました。


image_50449409.JPG
国会議員会館で、2019年は映画上映、そして2020年、2022年には集会を開催し、市民、議員、省庁が、ともに考える場を作りました。


物六法全書.jpg
現在開催されている法制審議会では、「被害者に障がいがある」性犯罪について、議論が進められています。
「障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪」創設に向け、あなたの力を課してください。


■署名への賛同
DSC_8335.JPG

DSC_9911.JPG
2020年、2021年には、法務大臣政務官に提出する機会をいただきました。
改正実現に向け、引き続き賛同者を募集中です。
【オンライン署名賛同はこちらです】



■購入や販売によるご支援
ribbon.jpg
ステッカー購入代金の一部がしあわせなみだの寄付になります。
【リボンドネーションはこちらです】

物書籍.jpg
書籍、DVD、CD等の販売代金がしあわせなみだの寄付になります。
【ありがとうブックはこちらです】

物ファッション.jpg
ブランド品の販売代金がしあわせなみだへの寄付になります。
【ブランディアはこちらです】


■ご寄付
02f5e12b0329b510fdeef15e25da0f55_s.jpg
単発もしくは継続的なご寄付を承っております。
【クレジットカードでのご寄付はこちら】
【現金でのご寄付はこちら(ゆうちょへのお振込み/ページ下部をご覧ください)】


DSC_3444.jpg
私たちの活動を応援してください!
どうぞよろしくお願いいたします!


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【Instagram】
【twitter】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2022年07月22日

非営利組織の皆さんに「障がい児者への性暴力に関するアドボカシー事業」を紹介


220806image.jpg
[8/6:オンライン]―共に変えよう― これからのソーシャル・ジャスティス 連携ダイアローグ2022

==============

IMG_1416.jpg
しあわせなみだ理事長中野が、NPOサポートセンター「アンケート/ヒアリング設計 実践プログラム」にゲストスピーカーとして登壇、しあわせなみだが実施した「障がい児者への性暴力に関するアドボカシー事業」報告書を紹介しました。
講師である牛堂雅文さん(株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー)にお招きいただき、「“障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪” 創設に向けたアンケート/ヒアリング設計」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.はじめに
1)自己紹介
2)なぜアンケート/ヒアリングを実施する必要があったのか

☆2.アンケート/ヒアリングの効果
1)“存在意義”の証明
2)“事業”への活用
(1)WEBサイト・チラシのデザインリニューアル
(2)専門家の知見による活動の強化
(3)ストーリー発見
3)アンケート/ヒアリングで“社会を変える”

しあわせなみだでは、非営利組織の皆さんを対象とした講義を、積極的にお受けしています。
ぜひお問い合わせください。
【お問い合わせはこちら】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【Instagram】
【twitter】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2022年07月19日

朝日新聞デジタルに「障害児への性暴力」に関するコメントが掲載されました


220806image.jpg
[8/6:オンライン]―共に変えよう― これからのソーシャル・ジャスティス 連携ダイアローグ2022

==============

220714image.jpg
理事長中野のコメントが、7/14付「朝日新聞デジタル」に掲載されました。

朝日新聞連載「子どもへの性暴力」第7部は、障がいのある子どもへの性暴力です。
中野からは、障がい児への性暴力が起こりやすい背景をお話しています。
ぜひご覧ください。

【「信頼していた施設で性暴力に遭った娘 重度障害、つけこまれた特性」記事はこちらです】
※有料会員限定記事です


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【Instagram】
【twitter】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2022年07月15日

犯罪被害者支援に関わる警察官の皆さんに「障がい児者への性犯罪」を講義しました


220806image.jpg
[8/6:オンライン]―共に変えよう― これからのソーシャル・ジャスティス 連携ダイアローグ2022

==============


IMG_1410.jpg
しあわせなみだ理事長中野が、警察庁「カウンセリング専科」で講義を行いました。
受講されたのは、都道府県警で犯罪被害者支援に携わる、警察官や心理職の皆さんです。
「障がい児者に対する性犯罪と被害者支援」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.はじめに
1)自己紹介
2)障がいのある人への性暴力に関わるきっかけ
3)障がいのある人の現状

☆2.“障がいのある性犯罪被害者”とは
1)障がいの罹患は“被害前”からか“被害がきっかけ”か
2)なぜ障がいのある人が性犯罪に“巻き込まれる”のか
 (1)障がいならではの“特性”が「犯行がバレにくく、逃げやすい」要因に
 (2)障がいならではの“育ち”が「断れず、強要される」要因に
 (3)人を信じなければ“生命・生活の維持”ができない
3)障がいのある性犯罪被害者の声

☆3.障がいの有無に関わらず“性犯罪被害者”として対応するために
1)関係構築が困難な背景にある“マジョリティからの扱い”
 (1)邪魔者
 (2)みそっかす
 (3)お姫様
2)障がいによる“困りごと”を推測する
3)“信頼のネットワーク”に入れてもらう
 (1)“段取り8分”仕事2分
 (2)“目的”“見通し”“休憩”
 (3)“丁寧”に“わかりやすく”

しあわせなみだでは、犯罪被害者支援に携わる皆さんへの講義を積極的にお受けしています。
ぜひお問い合わせください。
【お問い合わせはこちら】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【Instagram】
【twitter】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2022年07月12日

相談支援に携わる皆さんに「性暴力被害」をテーマに研修を実施


220806image.jpg
[8/6:オンライン]―共に変えよう― これからのソーシャル・ジャスティス 連携ダイアローグ2022

==============

スクリーンショット (126).png
理事長中野が、特定非営利活動法人地域福祉推進事業団「いのちのほっとステーション」相談員を対象とした研修を実施しました。

『性暴力被害者と「ともに生きる」社会へ』をテーマに、以下をお話しました。

☆1.はじめに
1)自己紹介
2)活動のきっかけ

☆2.性暴力とは
1)性暴力とは
2)性暴力の構造
3)性暴力を経験した人の声

☆3.「対応が困難である」と感じた時
1)“あるべき被害者”像
2)“レイプ神話”に基づく落ち度論
3)“サバイバル行動”

☆4. 性暴力被害者の人生に伴走する
1)“被害者の持つ力”を信じる
2)PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)から“PTG(Post Traumatic Growth:心的外傷後成長)”へ
3)“加害の構造”を変える

☆5.性暴力被害者と「ともに生きる」社会を実現するために
・“二次受傷”を理解し“自分のための行為”を増やす


しあわせなみだでは、相談支援に携わる皆さんへの研修を、積極的にお受けしています。
ぜひお問い合わせください。
【お問い合わせはこちら】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【Instagram】
【twitter】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2022年07月08日

社会福祉を学ぶ大学生に活動を紹介しました


220806image.jpg
[8/6:オンライン]―共に変えよう― これからのソーシャル・ジャスティス 連携ダイアローグ2022

==============

IMG_1408.jpg
理事長中野が、大正大学社会共生学部社会福祉学科の授業にゲストスピーカーとして登壇しました。
「NPO活動とソーシャルアクション」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.私のこれまで

☆2.“大正福祉マインド”によるソーシャルアクションの実践
1)障がいのある人の“存在”に気付く
2)“実態”を明らかにする
3)社会に“発信”する

☆3.社会的課題解決へのアプローチ
1)課題を明確にする
2)目標を明確にする
3)戦略を明確にする
4)行動を明確にする

☆ 4.令和時代の“大正福祉マインド”の提案
1)当事者主義&現場主義
2)ボトムアップからの提案
3)四半世紀先への視座


しあわせなみだでは、社会福祉を学ぶ学生への講義を、積極的にお受けしています。
ぜひお問い合わせください。
【お問い合わせはこちら】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【Instagram】
【twitter】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2022年07月05日

「社会をもっと良くしたい!」皆さんへの講義を積極的にお受けしています


220806image.jpg
[8/6:オンライン]―共に変えよう― これからのソーシャル・ジャスティス 連携ダイアローグ2022

==============


しあわせなみだでは、「社会をもっと良くしたい!」という思いを持つ皆さんと、これまでのソーシャルアクションを共有しています。


IMG_1392.jpg
「筋ジス病棟の未来を考えるプロジェクト」の皆さんには、「ソーシャルアクション実践編」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.はじめに
・自己紹介
・これまで取り組んできたソーシャルアクション

☆2.課題を整理する
1)“何が”問題か
2)“どうすれば”解決するのか
3)“誰が”影響力を持っているのか

☆3.法改正を後押しするアプローチ
1)議員
(1)国会や委員会や主意書で質問してもらう
(2)ヒアリングに呼んでもらう
2)省庁
(1)議員から働きかけてもらう
(2)署名や要望書を提出する
(3)想定していなかった関係構築
3)「社会問題の解決」にコミットする
(1)“タイミング”を逃さない
(2)大事なのは“話を聞いてくれる人”ではなく“影響力のある人”
(3)葛藤を“乗り越える”


スクリーンショット (102).png
法政大学大学院連帯社会インスティテュート「NPOとヒューマンリソース」では、「社会課題の解決を実現する人的資源」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.はじめに

☆2.法改正を後押しするアプローチ
★1)法改正に影響力のある人に働きかける
(1)国会議員
・国会や委員会や主意書で質問してもらう
・ヒアリングに呼んでもらう
(2)省庁
・議員から働きかけてもらう
・署名や要望書を提出する
(3)想定していなかった関係構築
★2)世論に応援してもらう
(1)知らせる〜実態調査〜
(2)参加する〜オンライン署名〜
(3)伝える〜イベント開催〜

☆3.「社会問題の解決」にコミットする
★1)タイミングを逃さない
★2)大事なのは“話を聞いてくれる人”ではなく“影響力のある人”
★3)みんな“社会を良くしたい”と思っていることを忘れない


しあわせなみだでは、「社会をもっと良くしたい!」と思っている皆さんの「一歩」を後押しする講義を、積極的にお受けしています。
ぜひお問い合わせください。
【お問い合わせはこちら】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【Instagram】
【twitter】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2022年07月01日

衆議院に「障がいを有する子・人への性暴力の根絶に関する質問主意書」が提出されました

220806image.jpg
[8/6:オンライン]―共に変えよう― これからのソーシャル・ジャスティス 連携ダイアローグ2022

==============


IMG_1314.jpg
日本共産党本村伸子衆議院議員が、衆議院に「障がいを有する子・人への性暴力の根絶に関する質問主意書」を提出してくれました。
【詳細はこちらです(右上「質問内容」「答弁内容」でご覧いただけます)】

概要を紹介します。

【質問1】
・刑法第百七十八条における「心神喪失」及び「抗拒不能」とは、具体的にどのような要件か
【回答1】
・「心神喪失」は「精神の障害によって正常な判断力を失っている状態
・「抗拒不能」は「心神喪失」以外の事由で心理的又は物理的に抵抗が不可能又は著しく困難な状態

【質問2】
・障がいを有することを「心神喪失」という用語で示すことについては、国連障がい者の権利に関する委員会から、「侮蔑的」であり、「障がい者の権利に関する条約」との調和を図るよう指摘を受けています。この指摘について、刑法改正ではどのように対応していくのか。
【回答2】
・心神喪失及び抗拒不能の要件を改正することについては、法制審議会で審議中、様々な観点から法整備の在り方について調査審議が行われている。

【質問3】
・「心身の障害」の内容として、障がいの種類や程度について、同部会では主にどのような議論がなされているのか、お示しください。
【回答3】
・相手方の脆ぜい弱性や地位・関係性を利用して行われる性交等及びわいせつな行為に係る罪を新設することについては、法制審議会で「心身の障害」及び「心身の障がいを有する人に対し、一定の地位・関係性を有する人」の内容や範囲も含め、様々な観点から法整備の在り方について調査審議が行われている。

【質問4】
・心身の障がいを有する人は、障がいそのものによる心身の脆弱性に加え、「被害から逃れる知識」「被害から逃れる手段」「被害から逃れる時間」という点でも、圧倒的に不利な状況にあります。刑法改正にあたっては、こうした点にも配慮し、検討されるべきだと考えますが、見解を伺います。
【回答4】
・「心身の障がいを有する人」「心身に障がいを有する人」及び「障がいを有する人」に対するものも含め、性犯罪に適切に対処するための法整備の在り方については、法制審議会で、障害者の特性をも踏まえ、様々な観点から調査審議が行われている。

【質問5】
・代表者聴取が実施された性犯罪事件の総数をお示しください。
【回答5】
・代表者聴取の件数は、八十九件である。

【質問6】
・代表者聴取が実施された性犯罪事件について罪名ごとに件数を把握し、分析することが必要だと考えますが、見解をお示しください。
【回答6】
・実施結果の分析の在り方や将来の実施方針については、試行の状況を踏まえ、警察庁及び検察当局において検討する。

【質問7】
・性犯罪事件における代表者聴取実施の判断基準をお示しください。
・被害者が障がいを有するにもかかわらず代表者聴取が実施されなかった事件及び実施されなかった理由をお示しください。
【回答7】
捜査機関の活動内容に関わる事柄であり、お答えすることは差し控えたい。

【質問8】
・「性犯罪に関する施策検討に向けた実態調査ワーキンググループ」に提出された資料では、障がいを有する被害者への強制性交等で不起訴となった事件四十三件が示されています。この四十三件の不起訴処分となった理由などの検証を行い、障がいを有する子・人への性暴力を適切に処罰できる法改正が必要と考えますが、見解を伺います。
【回答8】
・「障がいを有する子・人」に対するものも含め、性犯罪に適切に対処するための法整備の在り方については、法制審議会において、障害者の特性をも踏まえ、様々な観点から調査審議が行われている。

【質問9】
・性暴力被害を受けた障がいを有する方が司法へアクセスしようと思っても、受けてくれる弁護士を探すことに困難があるなどハードルが高い状況があります。ハードルを下げるための方策が必要と考えますが、見解を伺います。
【回答9】
・法務省では、関係機関等と連携するなどしながら、性暴力被害を受けた障害者を始めとして、障害者の司法アクセスの拡充を図るための必要な検討を進めている。


今後もこうした機会を増やせるよう努力してまいります。
引き続き応援よろしくお願いいたします。


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【Instagram】
【twitter】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】