CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年10月29日

衆院選「障がい児者への性暴力」に関する政策を比較!


210814image.jpg
【11/2まで限定配信】『“見て見ぬフリ”という名の暴力』


==============


人選挙.jpg
今週日曜日、10/31は、衆議院議員選挙の投票日です。
そこで今回のメールニュースでは、主な政党の「障がい児者への性暴力」に関する政策を紹介します。
自由民主党、日本共産党、立憲民主党は、選挙公約に「障がい児者への性暴力」に関する政策が記載されています(掲載は政党五十音順)。


自由民主党
*性犯罪について、被害の実態に応じた刑事法の検討を迅速かつ着実に進めるとともに、児童や精神に障害を有する性犯罪被害者からの聴取に関する多機関連携による司法面接などの取組みや、再犯防止の強化を進めます。

日本共産党
*病院や入所施設、家庭における性被害、DVなどの実態を把握し、救済措置を講じます。
*女性一般に対する通報・相談・支援の窓口および施設を、障害のある女性にもアクセスしやすくします。

立憲民主党
*複合差別など女性障がい者が直面する課題の実態調査を行い、意思決定の場への参画を進めていきます。
*障がい者が性暴力・DV被害を受けた場合の対策を推進します。


一方、以下の政党は、障がい児者への性暴力に関する政策は見当たりませんでした(掲載は政党五十音順)。

NHKと裁判してる党
公明党
国民民主党
社会民主党
日本維新の会
れいわ新選組



障がい児者への性暴力に関する取り組みが進むためには、まず、政策として取り上げられることが必要です。
投票を通じて、私たちの声を届けていきましょう。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2021年10月26日

『読売新聞」に、代理人聴取に関するコメントが掲載されました


210814image.jpg
【11/2まで限定配信】『“見て見ぬフリ”という名の暴力』


==============

IMG_0280.JPG
10/23付「読売新聞」に、被害者に障がいがある犯罪や、代理人聴取に関する課題が取り上げられ、理事長中野のコメントが掲載されました。

「代理人聴取」とは、性犯罪被害者の心情や特性に配意した、事情聴取の方法です。
これまで子どもに対して実施されてきましたが、4月より、障がい者についても、試行実施されています。
適切な聞き取りが実施され、事実が明らかになるケースが増えることが、期待されます。

【『子供への「代表者聴取」広がる…性犯罪や虐待被害』記事はこちらです(読者会員限定記事です)】
【「代理人聴取」に関する警察庁からの通達はこちらです】


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2021年10月22日

犯罪被害者支援に携わる皆さんに講演しました


210814image.jpg
【11/2まで限定配信】『“見て見ぬフリ”という名の暴力』


==============

IMG_0228.jpg
↑写真は会場付近の東京タワーです

理事長中野が、全国被害者支援ネットワーク主催講座で講演をいたしました。

「障がい児者に対する性犯罪と被害者支援」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.はじめに
1)自己紹介
2)障がい児者への性暴力に関わるきっかけ

☆2.障がいとは
1)身体障がい
2)知的障がい
3)精神障がい
4)発達障がい

☆3.なぜ障がいのある犯罪被害者への対応が必要なのか
1)海外調査
2)性犯罪被害における障がい児者
3)障がいのある性犯罪被害者の声

☆4.なぜ障がい児者は性犯罪に巻き込まれるのか
1)障がいならではの「特性」
2)障がいならではの「育ち」
3)暴力の構造

☆5.なぜ障がい児者は性犯罪を証言することが困難なのか
1)障がいが「ない」ことが基準の法制度
2)障がい児者が性犯罪を経験することが想定されていない
3)障がい児者が性犯罪を訴える環境が整備されていない

☆6.障がいのある犯罪被害者への対応
1)障がいがあることへの気づき
2)障がい児者との信頼構築
3)聞き取りにおける工夫

☆7.障がい児者への対応を促進する環境整備
1)第4次犯罪被害者等基本計画
2)性暴力被害者ワンストップ支援センター
3)代理人聴取


しあわせなみだでは、犯罪被害者支援に携わる皆さんへの講演を、積極的にお受けしています。
ぜひお問い合わせください。
【お問い合わせはこちら】


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2021年10月19日

「障がい児者への性暴力」がTVで取り上げられました


210814image.jpg
【11/2まで限定配信】『“見て見ぬフリ”という名の暴力』


==============

「障がい児者への性暴力」が複数のTV番組で取り上げられました。


スクリーンショット (230).png
10/5ブログで紹介した、朝日放送「キャスト」の放送内容が、ウェブ記事ならびに動画サイトでご覧いただけます。
理事長中野が、障がい児への性犯罪事件を踏まえ、障がい児者が被害者となる背景や、法制度の課題について、お話しています。
ぜひご覧ください。

☆[動画]【母が怒り】“家族にしか話せない”娘が性被害に 障害わかった上で犯行の男に有罪判決(11:40)
☆[記事]家族以外に意思表示できない”場面かん黙”の女性が被害に・・・障害につけ込む性犯罪


211018AbemaTV.png
そして昨日10/18、インターネットテレビで、障がい児者への性暴力が取り上げられました。
監修をご担当いただいた岩田千亜紀さんが出演、しあわせなみだが実施した、障がい児者への性暴力調査が、紹介されました。
ぜひご覧ください。

『AbemaTV』「アベマプライム」特集「女性障害者への性暴力を考える」(50:09)
※放送後6日間無料視聴できます
※しあわせなみだの調査紹介は23:45-です
※番組前半は身体障害者への性暴力(駅構内放送によるちかん等)、後半は発達障害者への性暴力です


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】



2021年10月15日

警察官に「障がい児者に対する性犯罪」をテーマに講演しました


210814image.jpg
【11/2まで限定配信】『“見て見ぬフリ”という名の暴力』


==============


IMG_0216.jpg
理事長中野が、神奈川県警で、性犯罪事件を担当する警察官の皆さんに、講演を行いました。

「障がい児者に対する性犯罪」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.はじめに
1)自己紹介
2)障がい児者の現状
3)「障がい児者に対する性犯罪」へのイメージ

☆2.なぜ障がいのある犯罪被害者への対応が必要なのか
1)障がい児者を想定しない法制度
2)加害者は障がい児者を選ぶ
3)障がいのある性犯罪被害者の声

☆3.障がいのある犯罪被害者への対応
1)障がいがあることへの気づき
2)聴取までの「段取り」
3)聴取におけるポイント

☆4.障がい児者への対応を促進する環境整備
1)支援者が持つ「権力」と「暴力性」の理解
2)「事件の解決」と「被害からの回復」との矛盾を埋める
3)活用できる法制度


しあわせなみだでは、警察をはじめとする、公的機関での講演を、積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせはこちらから】


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】


2021年10月12日

『“見て見ぬフリ”という名の暴力』動画配信開始!



210814image.jpg
しあわせなみだでは、2021年度「見えづらい性暴力を可視化する」をテーマに、全6回のイベントを開催してまいります。
「障がい児者への性暴力」のような、「見えづらい暴力」への活動を手掛け、動画を配信している団体・個人をお招きします。
第5回は『“見て見ぬフリ”という名の暴力』動画配信です。
ぜひご覧ください。


+++--ーーーーーーーーーーーーーーーー--+++

動画『“見て見ぬフリ”という名の暴力』
[視聴のお申し込みはこちら]

ーーーーーーーーー--+++--ーーーーーーーーー


☆ゲスト(五十音順)
*浅井純子さん(盲導犬ユーザー)
*大西連さん(認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい 理事長)

☆テーマならびに内容
*『“見て見ぬフリ”という名の暴力』
盲導犬ユーザーや白杖ユーザーが、電車のホームから転落する事故が、後を絶ちません。
またホームレスの方が、熱中症や凍死、新型コロナウイルスをはじめとする、感染症へのリスクにさらされていることも、指摘されています。
私たちは、日々の生活の中で、目の見えない方や、路上で生活している方に、接しています。
でも、なぜ「大丈夫ですか」の一言を、かけることが、できないのでしょうか。
今回は、視覚障害者と盲導犬の理解を求める、啓蒙活動を手掛けている方、そして、現場の視点に立って、貧困問題に取り組んできた方をお招きして、「見て見ぬフリ」という名の暴力の現状を、一緒に考えていきたいと思います。


☆動画ならびにゲストプロフィール

asaiimage.jpg
『盲導犬の外でのふるまいについて』
盲導犬と視覚障害についての動画制作です。
小学校3年生を対象とし、子供たちにわかりやすく、そして見やすく、そして飽きないように動画制作をいたしました。
第1回目、盲導犬のお世話について、今まで知られていなかった、視覚障害者がきちんと盲導犬をお世話をする様子、おしっこやうんちのやり方、ブラッシング歯磨きの仕方など、そして大切なハーネスの内容も説明されています。
視覚障害者については、見え方や症状などを説明しています。
全盲の私の、家での生活の様子、食事の用意や洗濯の仕方、家の中での歩き方、盲導犬の家での生活の仕方、2人で楽しく過ごしている様子などを、家の中で撮影しています。
外に出ると、いろいろな場所に行きます。エレベーターやエスカレーター、階段など、様々な場所で盲導犬が、どのように振る舞っているか、視覚障害者がどのように歩行しているか。
道を歩く時など、全盲の私が、どのような感覚で道を把握しているかなどを説明しています。
盲導犬と一緒に行ける場所。スーパーやお食事、病院や電車の中、ホテルの宿泊等、マナーを守り、どのように入店や、チェックインする日、滞在する様子を、動画に制作しております。
たくさんの人の協力の中、企業にて協力をして頂きました。

photoasai5.JPG
*浅井純子(あさい・じゅんこ)さん
成蹊女子短期大学栄養学科卒業。栄養士免許取得、盲学校理療科卒業。あんま、マッサージ、指圧国家試験免許取得。平成28年マツオインターナショナル株式会社入社。
30歳まで健常者として生活していましたが、突然の発病により、15年後にはすべての視力を失う。その間にも、盲学校を卒業し、国家資格を取得。現在、マツオインターナショナル株式会社で社員の体と心のケアをしています。
プライベートでは、舞台や、音楽コンサート、講演などを行い、障害者となり、得たものや感じたこと、障害を持っても楽しく生きれると言うことを伝えています。また、盲導犬と共に小学校のゲストティーチャーとして活動する傍ら、SNSを通してネットニュースサイト・新聞・TVなどのメディアにも多数取り上げられ、視覚障害者と盲導犬の理解を求め、啓蒙活動を行っております。今後も、今を生きる大切さを伝える伝道師として活躍していきます。


moyaiimage.png
『Homeless Bed Collection』
日本のホームレスを取り巻く環境は、生活費の上昇や産業構造の変化により、年々厳しいものになってきています。
大都市では日が暮れると、いまだ多くのホームレスが路上で寝る姿を見かけます。
その数は、統計では全国で6541人(2015年1月「ホームレス概数調査」)と言われる一方、もやいの独自調査では、いまだ全国には10,000 人以上のホームレスがいるとの見方を示し、曖昧な調査結果によって、ホームレスの存在が世の中から忘れ去られてしまうことに危機感を抱いています。
2016年に、このような現状に対して警鐘を鳴らし、ホームレスに対する人々の興味を喚起し、ホームレスの置かれている現状を多くの方に知ってもらうことを目的に、もやいはホームレスの人々が普段寝ている場所をモチーフにしたベッドを製作し、「Homeless Bed Collection」としてウェブに公開しました。
同時に、実際にベッドが製作される過程をおさめたメイキング動画。
そして、ベッドに実際に触れた人たちの反応や表情を記録したトレーラー動画も公開しました。
これまで、まるでそこに誰もいないかのように横を通り過ぎていたホームレスの人たち。
しかし彼らもひとりの人間であり、彼らにも生きる権利があります。
この動画を通じて、より多くの方々にホームレスの現状を知ってもらいたいと思います。
「Homeless Bed Collection」で製作されたベッドは、G7伊勢志摩サミットにおいてもNGOスペースで展示され、海外のメディア等でも紹介されました。
多くの方にこの問題の深刻さが届けばいいと考えています。

photoonishi.jpg
*大西連(おおにし・れん)さん
1987年、東京生まれ。2010年頃から、ホームレス支援、生活困窮者支援に携わる。現場での支援や貧困問題についての政策提言も行う。
著書に『すぐそばにある「貧困」(2015年ポプラ社)など。
政府のSDGs推進円卓会議構成員、内閣官房孤独・孤立対策室政策参与等も務める。


☆情報保障
*日本語文字通訳:PC文字通訳者会ubiquitous
*「Homeless Bed Collection」は日本語音声がありません。
 浅井さんには、事前に動画紹介文で内容をお知らせした上で、 ご登壇いただきました。


☆申込
[こちらからお申し込みください]
*動画は1:03:53です。
*10/3-11/2の期間限定公開、公開期間中、無料でご覧いただけます
*申込フォーム入力後、動画URLが表示されます。後日閲覧する方は、URLをお気に入り等に保存し、公開期間内にご覧ください。


who_dis_ci_03.png
*本イベントは、日本財団助成事業「見えづらい暴力を可視化する事業(covid19)」にて実施いたします。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】


2021年10月08日

【10/27:神奈川】“Me too”から見える日本の性暴力の現状


理事長中野が逗子市教育委員会主催講座に登壇いたします。
ぜひお越しください。


【10/27:神奈川】“Me too”から見える日本の性暴力の現状
211027image.jpg
[チラシはこちらです]
[詳細ならびにお申し込みはこちら]


身近な人が性暴力にあったら、あなたはどのように声をかけますか?
セクハラを告発する「Me too」活動が世界中に広がり、日本では、性暴力事件の無罪判決が相次いだことを受けた「フラワーデモ」が全国に広がりました。
被害者を孤立させないために、私たちにできることを考えます。


●日時:
令和3年10月27日(水)10:00〜11:30

●場所:
逗子市役所5階 第3会議室
神奈川県逗子市逗子5-2-16
京浜急行逗子・葉山駅から徒歩1分
JR横須賀線逗子駅から徒歩3分
[地図はこちらです]

●対象:
逗子市在住・在勤の方

●定員:
20名程度

●参加費:
無料

●持ち物:
筆記用具、マスク(着用をお願いします)

●講師紹介
DSC_3674.JPG
*講師写真)撮影:大久保 真紀

特定非営利活動法人しあわせなみだ 理事長。
友人のDVをきっかけに、できることから始めようと決意。2047年までに性暴力をゼロにすることを目指して、2009年「しあわせなみだ」を立ち上げる。2011年にNPO法人化。 性暴力被害者支援、多くの講演・執筆等を通しての啓発活動をおこなう。2011年女性デープレゼンコンテスト「女性デー特別賞」受賞。2013年度東京都「性と自殺念慮調査委員会」委員。2018年AERA「社会起業家54人」選出。


●申込
令和3年10月1日(金)から受付開始
●TEL:046-873-1111
●FAX:046-872-3115
●Eメール:syakaikyouiku@city.zushi.lg.jp
●直接逗子市教育委員会社会教育課へ

※電話受付時間 平日8:30〜17:00
※ファクス、Eメールでお申し込みの場合は、氏名、住所、電話番号を記載してください。3日以内に返信がない場合はお問い合わせください。
※手話通訳・要約筆記をご希望の方は、10月13日(水)までにお申し込みください。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】


2021年10月05日

【本日10/5】朝日放送テレビ「キャスト」に出演いたします


castimage.jpg
理事長中野がTVに出演します。

関西で起きた、障がい児者への性犯罪事件を踏まえ、障がい児者が被害者となる背景や、法制度の課題について、お話しています。
ぜひご覧ください。

*10/5(火)15:45−19:00
朝日放送テレビ「キャスト」
※社会情勢等により、放送日が変更になる可能性があります


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】


2021年10月01日

<視聴終了まであと4日>動画『子どもを“商品化”する暴力』



210813image.JPG
9/5から期間限定配信中の動画『子どもを“商品化”する暴力』。
10/4の視聴申込終了まで、あと4日です。
これまでに150名を超える皆様にお申込みいただきました。
どうぞお見逃しなく!


+++--ーーーーーーーーーーーーーーーー--+++

動画『子どもを“商品化”する暴力』

☆ゲスト(五十音順)
*村田早耶香さん
(認定特定非営利活動法人かものはしプロジェクト 共同創業者)
*松倉愛葵さん
(特定非営利活動法人人身取引被害者サポートセンターライトハウス 総括リーダー補佐)

【詳細はこちら】
【視聴のお申し込みはこちら】

+++--ーーーーーーーーーーーーーーーー--+++


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】