CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年03月30日

大学の性暴力予防啓発冊子で紹介されました



36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
【「障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪」創設を求めるオンライン署名実施中!】

==============


tokaiphoto.jpg
東海大学が作成した「大学生のためのセクシャルマナー読本」に、しあわせなみだの情報が掲載されました。

性暴力予防啓発を目的とした小冊子で、約25,000人の学生に配布されます。
当団体のウェブサイト「被害に遭われた方へ」の内容等が、抜粋して紹介されています。

今後も学生の皆さんに性暴力の現状が届くよう、活動を広げてまいります。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2021年03月26日

自民党女性局動画で「障がい児者への性暴力」をテーマに対談しました



36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
【「障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪」創設を求めるオンライン署名実施中!】

==============



ExYcOeLVEAIPqQy.jpg
理事長中野が、自民党女性局が、「障がい児者への性暴力」をテーマにした対談動画に出演いたしました。
ご一緒したのは、女性局吉川有美局長今井絵理子局長代理です。


ExYcOehVEAUYeZ2.jpg
主な視聴者は全国の女性議員ということで、以下をお話しました。
☆障がい児者の現状
 ★障がいの種類と人口
☆障がい児者への性暴力の現状
 ★障がい児者への性暴力に関する法制度
 ★障がい児者への性暴力事件
☆皆様にお願いしたいこと
 ★1.調査項目に「障がい」の有無を盛り込む
 ★2.「性犯罪に関する刑法既定の見直しを求める意見書」の採択
 ★3.都道府県による「指導監督」と市区町村による「調査」の連携

今後もこうした機会が増やせるよう、努力してまいります。
応援よろしくお願いいたします。


IMG_9479.JPG
【動画はこちらです(30分です)】


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2021年03月23日

わいせつ教員根絶立法化に向けたヒアリングに参加しました


36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
【「障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪」創設を求めるオンライン署名実施中!】

==============

IMG_6816.JPG
しあわせなみだ理事長中野が、3/22開催された「与党わいせつ教員根絶立法検討ワーキングチーム」(座長:馳浩衆議院議員・浮島智子衆議院議員)のヒアリングに参加しました。

このワーキングチームは、児童・生徒にわいせつ行為をした教員を教育現場から排除するための法整備を検討することを目的に、3月に発足しました。
これまでに、省庁や加害者更生等に携わる団体等がヒアリングに招かれています。


IMG_6819.JPG
今回は、教員からのわいせつを告発した、フォトグラファーの石田郁子さんとともに、参加しました。


IMG_6818.JPG
しあわせなみだからは、「障がい児へのわいせつの現状と必要な取り組み」をテーマに、以下をお伝えしました。

★1.障がいのある子どもの学びの環境
1)場所 
2)人

★2.障がい児への性暴力について
1)海外調査
2)発達障害当事者団体への調査
3)虐待防止法による対応

★3.教職員によるわいせつについて

★4.教職員から障がい児へのわいせつを防ぐために
1)特別支援教育に関わる職員も対象に
2)実態調査
3)採用時のスクリーニング、採用後の研修、事件後の対応の明確化


しあわせなみだでは、障がい児への性暴力に関する講座を、積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせはこちらから】


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2021年03月19日

障がいのある性犯罪被害者にも「代表者聴取」が実施されます



36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
【「障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪」創設を求めるオンライン署名実施中!】

==============

景色裁判所.jpg
障がいのある人が性犯罪の被害を受けた事件について、4月から「代表者聴取」が試行されることになりました。
【上川陽子法務大臣の会見はこちらです】
【3/16付NHKニュース[被害者の負担減へ「代表者聴取」障害者の性犯罪事件にも 法相]記事はこちらです】

「代表者聴取」とは、児童虐待などの被害を受けた子どもが、事情聴取を受ける際の精神的な負担を減らそうと、検察や児童相談所などが一括して聞き取りを行う方法です。
「司法面接」等とも呼ばれ、海外では、障がい者や認知症の高齢者等、証言が困難な犯罪被害者に実施されています。

障がいのある方は、「誘導により、本意でなくても同意してしまう」「初対面の人やいつもと違う場所だと混乱し、話せなくなる」「目線や手の動き等、独自の方法で意思を伝える」といった、障がいならではの特性があります。
こうした特性は、司法では「証言の信ぴょう性に疑問がある」とされる可能性があります。

代表者聴取の運用により、被害者に障がいのある性犯罪事件への適切な対応を期待するとともに、「障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪」が創設されるよう、声を届けてまいります。
引き続き応援よろしくお願いいたします。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2021年03月16日

しあわせなみだのチャリティグッズができました!


36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
【「障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪」創設を求めるオンライン署名実施中!】

==============


ribbon.jpg
このたび株式会社FAB様のご協力で、しあわせなみだのチャリティグッズが販売されることになりました。
車のボンネット等に飾っていただける、リボン型のマグネット「リボンドネーション」です。
購入費の1割が、性暴力撲滅に向けた啓発活動に使われます。
ぜひご購入ください!

【詳細ならびにお申し込みはこちらです】


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2021年03月12日

災害時の性暴力に関するコメントが「yahoo!ニュース」に掲載されました



36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
【「障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪」創設を求めるオンライン署名実施中!】

==============

物つみき家.jpg
東日本大震災から10年です。
理事長中野のコメントが、「yahoo!ニュース」に掲載されました。
しあわせなみだ他2団体で構成した「女性・子ども応援プロジェクト」の活動を紹介、災害時の性暴力に関する研究や取り組みが推進される必要性を伝えています。
論文もご紹介いただきました。
ぜひご覧ください。

【『被災地での性暴力「実害ない」と言われる二次加害も 求められる防災の「ジェンダー平等」 #あれから私は』はこちらです】


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2021年03月09日

障害のある性暴力被害者へのICTを活用した相談支援


36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
【「障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪」創設を求めるオンライン署名実施中!】

==============


人女性携帯.jpg
3月6日に開催された、日本社会福祉学会関東部会研究大会で、東洋大学岩田千亜紀さんが、しあわせなみだが調査に協力した「障害のある性暴力被害者へのICTを活用したソーシャルワーク支援の検討」の報告を行いました。
【抄録集はこちらです(岩田さんの論文はp.3-4です)】

そこで今回は岩田さんに、調査について、ご寄稿をいただきました。

***

読者の皆様は、「健常者よりも障害者では、性暴力被害の割合が高い」ということは既にご存じかと思います。
2020年6月に政府が示した「性犯罪・性暴力対策の強化の方針」でも、「障害者が被害を受けることが多い一方で、被害が潜在化しやすい」との記載がありました。
そして、「障害者や外国人などの多様な相談者への対応を推進する」ために、メール相談やオンライン面談などのICT活用の推進が盛り込まれました。

そこで、障害のある性暴力被害者に対するICTの活用の実態と課題を明らかにするために、昨年の8月〜9月に支援者へのインタビュー調査などを実施しました。
その結果、障害のある性暴力被害者への相談支援では、ICTを活用することは非常に有益であるということが分かりました。
障害がある場合には、相談しても理解してもらえなかった経験や、言葉でうまく伝えられないことがあります。
そのため、コミュニケーションに苦手感を持つ障害者にとっては、SNSなどの文字情報を活用できるICTによる相談は、情報を伝えることにより大きな効果をもたらします。
つまり、ICTの活用は、相談支援への物理的アクセシビリティを高めることができます。

しかし、いくつか課題もあります。
たとえば、障害のある性暴力被害者では、支援に繋がりにくいことや、助けを求める力が弱いこと、性暴力被害を被害と認識できないなどの問題を抱えている場合があります。
そのため、障害のある性暴力被害者が相談支援に繋がるために、ICTによる分かりやすい映像などを活用して、性暴力や被害に遭ったら援助を求めても良いといった啓発活動を行うことが必要です。
また、性暴力被害の影響は、中長期の様々な生活に影響を及ぼします。
そのため、相談を受けた後、速やかに医療や福祉等、必要な社会資源に繋げるなど、被害相談の「出口」に向けた支援を行うことも必要です。

障害のある性暴力被害者の問題は、障害者をめぐる人々の意識などともかかわっています。
障害のある性暴力被害者の問題を社会の問題として認識し、共に解決を目指す社会となることを念願しています。


☆著者プロフィール
岩田千亜紀(いわたち・ちあき)
東洋大学社会学部社会福祉学科助教。日本女子大学文学部社会福祉学科卒業後、インドJawaharlal Nehru University修士課程修了、日本社会事業大学大学院社会福祉学研究科修了(社会福祉学博士)。
専門は、障害者福祉、子ども家庭福祉、ソーシャルワーク、プログラム評価。発達障害をもつ母親の子育て支援や、障害者の性被害に関する調査、学習支援プログラムの評価調査等に取り組んでいる。
主な論文に「障害者へのDVなどの暴力についての国際的な動向と課題:文献レビュー」『東洋大学 社会学部紀要』55(1) 43-55(2018年)など。

==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2021年03月05日

自民党女性局の皆さんと面会しました



36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
【「障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪」創設を求めるオンライン署名実施中!】

==============

しあわせなみだでは、刑法に「性犯罪被害者としての障がい児者」の概念を盛り込むために、国会議員に調査報告書を持参し、現状を説明しています。
今回は、自民党女性局の皆さんと面会しました。
「精神疾患に乗じた性暴力」を苦に自死を選んだ女性の事件を書籍にまとめた、市民の人権擁護の会米田倫康さんとともに、訪問しました。
(掲載は面会順)


210302yoshikawasmall.jpg
吉川有美参議院議員は自民党女性局長、そして今井絵理子参議院議員は局長代理を務めています。
今回は、精神疾患に乗じた性暴力の実態、ならびに女性を精神的に追いつめる社会状況を共有し、脆弱性を知りうる立場に乗じた性犯罪の必要性について、お話しました。
吉川議員からは、より多くの市民にこの状況を届けるために、論点を整理していただき、大変勉強になりました。


210303suzukismall.jpg
鈴木貴子衆議院議員とは、2017年の刑法性犯罪改正でご縁をいただき、院内集会の開催等に、多大なるお力をいただきました。
現在は、自民党女性局長代理として、また自民党「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」のメンバーとして、性暴力被害の現状に、寄り添い続けてくれています。
面会では、法務省が明らかにした、被害者に障がいのある性犯罪事件の実態や、精神疾患に乗じた性暴力事件について、共有することができました。
鈴木議員からは、刑法性犯罪における障がいの基準や、医事法の運用等について、鋭い指摘を数多くいただき、今後の課題を明確にすることができました。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2021年03月02日

予算委員会で「精神科医療における性暴力」に関する質疑が行われました


36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
【「障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪」創設を求めるオンライン署名実施中!】

==============

210226ooka.jpg
2/26の衆議院予算委員会で、自民党大岡敏孝衆議院議員が、精神科医療における性暴力について、質問してくれました。

11/25の院内集会で取り上げた、精神科医による性的搾取事件を中心に、以下を取り上げてくれました。
☆「医療に擬した」性暴力について
☆準強制性交等罪が規定する「心神喪失」「抗拒不能」における「障がい」や「薬物」の扱いについて
☆逮捕後示談となった性犯罪事件における加害者への行政処分について


今後もこうした機会を増やせるよう、声を届けてまいります。
応援よろしくお願いいたします。

【動画はこちらです(「大岡敏孝」を選択してください)】


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】