CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年11月27日

88名が参加!『「障がいに乗じた性犯罪」創設を目指して〜障がい児者の「人権」を尊重する刑法へ〜』開催しました


201220photo.jpg
【12/20&1/17:オンライン】性暴力被害者を孤立させないために - 私にできること -

==============

126003573_819337071944460_4954924321622404268_n.jpg
11月25日、衆議院第一議員会館にて、『「障がいに乗じた性犯罪」創設を目指して〜障がい児者の「人権」を尊重する刑法へ〜』を開催しました。

127278978_653979271934327_5794202144818798920_n.jpg
88名の皆様にご参加いただきました。


126993064_373597273736571_2628105823246146510_n.jpg
倉岡久明さん、祐子さんからは、精神科に通院していたお子様を亡くされてから、現在に至るまでの活動や思い、そして法制度見直しの必要性を、訴えられました。

市民の人権擁護の会日本支部代表世話役米田倫康さんからは、倉岡夫妻のお子様の事件では、警察や検察がどれほど動いても、性犯罪での立件は難しかった背景を、ご説明いただきました。

認定NPO法人DPI日本会議議長補佐崔栄繁さんからは、韓国の法制度が実現した経緯を解説いただき、人権の視点に基づく障がい児者への施策の必要性を、お話いただきました。

NPO法人しあわせなみだ理事長中野宏美からは、被害者に障がいがある性犯罪事件の状況を踏まえた、刑法見直しの必要性をお伝えしました。


201126minaminihon.jpg
集会の様子がメディアに掲載されました!
南日本新聞『医師の性暴力、法整備を 鹿児島県内の元患者遺族訴え 東京で集会』


また7名の国会議員が、会場に足を運んでくれました。(五十音順)

打越さく良参議院議員(立憲民主党)
小田原潔衆議院議員(自民党)
串田誠一衆議院議員(日本維新の会)
杉田水脈衆議院議員(自民党)
馳浩衆議院議員(自民党)
宮路拓馬衆議院議員(自民党)
山川百合子衆議院議員(立憲民主党)


126164551_409130070497025_3931774220668603272_n.jpg
障がい児者への性暴力に関する法制度整備に向け、声を届けてまいります。
引き続き応援よろしくお願いいたします。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】


2020年11月24日

<満員御礼!>【12/20&1/17:オンライン】性暴力被害者を孤立させないために - 私にできること -


*本イベントはおかげさまで多くの皆様のお申し込みをいただき、申し込みを終了いたしました*


理事長中野が港区男女平等参画センター「リーブラ」主催講座に登壇します。
ぜひお越しください。


201220photo.jpg
【詳細はこちらです】
【チラシはこちらです】


【講座内容】
もし自分の身近な人が性暴力の被害にあったら、あなたはどんなふうに声をかけますか?
被害者を孤立させないためには、性暴力に関する正しい知識を持つこと、被害者の声に耳を傾ける姿勢がとても大切です。
そして、支援者であるあなた自身のこころのケアも重要になってきます。
性暴力被害者と“ともに生きる”とはどういうことなのか。全2回の連続講座を通して考えます。


第1回 性暴力被害の実態とは? 
    2020年12月20日(日)午後2時〜午後4時
第2回 性暴力被害者と“ともに生きる”ということ 
    2021年1月17日(日)午後2時〜午後4時


【講座 講師】
DSC_3674.JPG
撮影:大久保真紀

中野 宏美 (なかの ひろみ)特定非営利活動法人しあわせなみだ理事長
東洋大学大学院社会学研究科修了。社会福祉士。精神保健福祉士。
友人がDVに遭ったことをきっかけに、できることから始めようと決意。「2047年までに性暴力をゼロにする」ことを目指して、2009年「しあわせなみだ」を立ち上げる。
2011年女性デープレゼンコンテスト「女性デー特別賞」受賞。2013年度東京都「性と自殺念慮調査委員会」委員。2018年AERA「社会起業家54人」選出。


申  込右向き三角1  
11月23日(月)から事前申込制。電話・FAX・HP・リーブラ窓口にて申込みできます。
お申込みいただいたメールアドレスに、開催前日までにZoomのURLなど受講方法のご連絡を差し上げます。
※本講座はオンライン(Zoom)での開催のため、当日会場は使用いたしません。ご自宅など任意の場所からご参加ください。

会  場右向き三角1  
ZOOMを使用したオンライン講座

定  員右向き三角1  
各回20名(申込順)

対  象右向き三角1  
区内在住・在勤・在学の方、またはテーマに関心のある人

一時保育右向き三角1  
オンライン講座のため、本講座の一時保育はありません。

申込右向き三角1  
【申し込みフォーム】「その他」欄に、「第一回・第2回 両方参加/第1回のみ参加/第2回のみ参加」をご記入の上、送信してください


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2020年11月20日

西東京市で「子どもへの性暴力」をテーマに講演しました


201118photo2.jpg
理事長中野が、西東京市男女平等推進センターパリテ主催『I LADY.に生きる!子どもが生きるチカラを身に付けるために、親が大人が学ぶこと』に登壇しました。
中野がアクティビストを務める、国際協力NGOジョイセフ「ILADY.」のコンセプトを元に、デートDVを中心とした「子どもの暴力」を考えました。


201118photo.jpg
以下の内容をお届けしました。

☆1.はじめに
1)自己紹介
2)アイスブレイク「あなたにとって大切な人」

☆2.大切な人との関係を考える
1)一線を引こう!
2)高校生が考える「恋愛」と「性暴力」

☆3.アンケートから見える高校生の「恋愛」と「性暴力」
1)他人が基準の「幸せ」
2)「知ってる」けど「できない」気持ちを受け止める
3)「自分と相手を守る」ための知識を得る機会を作る

☆4.最後に
1)大学生が制作したデートDV動画
2)“素敵な自分”を発見!ゲーム
3)「I LADY.」からのメッセージ


201104松本議員small.jpg
なお講座には、自民党「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」会長代理である、松本洋平衆議院議員も、足を運んでくださいました。


しあわせなみだでは、子どもへの暴力をテーマにした講演を、積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせはこちらから】


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】


2020年11月13日

2019年度総会を開催しました


景色病院草.jpg
【11/25:東京】「障がいに乗じた性犯罪」創設を目指して〜障がい児者の「人権」を尊重する刑法へ〜

==============

201112photo.jpg
11/12、2019年度(2019年10月〜2020年9月)総会を開催いたしました。

▼2018年度決算訂正
▼2019年度決算ならびに事業報告
▼2020年度予算ならびに活動計画
▼定款変更
について、無事承認されました。

2020年度も、性暴力のない世界の実現に向け、事業を展開してまいります。
引き続き応援よろしくお願いいたします。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2020年11月10日

<満員御礼>【11/25:東京】「障がいに乗じた性犯罪」創設を目指して〜障がい児者の「人権」を尊重する刑法へ〜


※本イベントはおかげさまで多くの皆様からのお申し込みをいただいたため、申し込みを終了いたしました※


しあわせなみだが障がい児者への性暴力に関する院内集会を開催します。
ぜひお越しください。


景色病院草.jpg
[チラシはこちらです]

2014年12月、精神科医による性的搾取を苦に、1人の女性が自死を選択しました。
しかし現行の刑法では、医師に性犯罪を問うことはできませんでした。
本イベントでは、女性の遺族、この事件を取り上げた書籍の著者、障がい児者の権利に詳しい有識者をお招きして、現行法の課題を共有します。
ぜひお越しください。


【日 時】
2020年11月25日(水)16:30-17:30

【会 場】
衆議院第一議員会館 1階 第1会議室
▼東京メトロ丸ノ内線、千代田線「国会議事堂前駅」
1番出口直結
▼東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線「永田町駅」
1番出口から徒歩3分

【入館方法】
会館入口で、スタッフが通行証を配布しております。
お受け取りになり、会場までお進みください。
(館内向かって右側にあるセキュリティチェックは、不要です)


【内容ならびに登壇者】
▼刑法性犯罪における障がい児者
NPO法人しあわせなみだ 中野宏美
▼障がい児者が置かれた現状
倉岡久明さん、祐子さん
市民の人権擁護の会日本支部 米田倫康 
▼海外の現状
認定NPO法人DPI日本会議 崔栄繁 


【参加費】
無料

【定 員】
20名(新型コロナウイルス感染予防のため、会場定員の半数で開催いたします)

【新型コロナウイルス感染対策】
▼会場定員の半数で開催いたします。
▼事前に申し込まれた方のみ、ご参加いただけます(一般の皆様の当日参加はできません)。
▼体調不良の方の参加はお控えください。入館時にはマスク着用、会場内での検温とアルコール消毒にご協力ください。


【登壇者】

物ぬいぐるみテルテル坊主.jpg
▼倉岡久明(くらおか・ひさあき)さん、祐子(ゆうこ)さん
精神科に通院していた次女が自死を選択。携帯に残されたやり取り等から、主治医による性的搾取が明らかになったが、現行の刑法では、性犯罪を問うことができなかった。2019年、男性医師の医師免許などの剥奪を求める要望書を厚労省に提出。

photoyoneda.jpg
▼米田倫康(よねだ・のりやす)
市民の人権擁護の会日本支部代表世話役。倉岡夫妻からの相談により、同事件に関わる。当該医師の診療報酬の不正請求を明らかにし、2019年3月、詐欺罪で有罪判決を勝ち取る(2020年2月
有罪確定)。主な著書に『もう一回やり直したい:精神科医に心身を支配され自死した女性の叫び』(萬書房、2019)等。

崔写真.JPG
▼崔栄繁(さい・たかのり) 
認定NPO法人DPI日本会議議長補佐。担当は障害者権利条約関係、差別禁止法・条例関係、教育、労働・雇用等。重度障害者の介助者歴7年。
主な著書に「韓国の女性障害者-実態と法制度-」小林昌之編『アジア諸国の女性障害者と複合差別〜人権擁立の観点から〜』アジア経済研究所研究双書No.629、アジア経済研究所、2017)(共著)等。

IMG_5461.JPG
▼中野宏美(なかの・ひろみ)
NPO法人しあわせなみだ理事長。社会福祉士。精神保健福祉士。
学生時代、重度障がい児者のボランティアサークルに所属。
NPOの活動等を通じて出会った、性暴力を経験した方の中に、障がいのある方が少なくない、という気づきから、障がい児者への性暴力に取り組む。


【事件について】
鹿児島県の精神科クリニック院長が、患者の精神疾患の特性につけ込み、性的関係を持ちました。既婚者と知って抗議した女性は、急な断薬等の嫌がらせをされ、自死に至りました。女性の携帯には、医師との1,000通を超えるやり取りが残される等、多数の物的証拠がありました。しかし現行刑法には、障がい特性を踏まえた性犯罪がありません。このため、精神科治療現場で起きやすい「陽性転移(治療者に対して尊敬,情愛等の感情を示す)」が「性行為に同意した」と判断され、被害届を出すことも、できませんでした。

mouikkai1.jpg
[詳細は書籍「もう一回やり直したい」(2019年萬書房)をご覧ください]


【主 催】
NPO法人しあわせなみだ

【協 力】
認定NPO法人DPI日本会議
市民の人権擁護の会日本支部

【問合せ】
NPO法人しあわせなみだ 


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2020年11月06日

警察官へ「障害児者への性犯罪」をテーマに研修を実施しました


photoILADY.png
【11/18:東京】I LADY.に生きる!子どもが生きるチカラを身に付けるために、親が大人が学ぶこと

==============


FullSizeR1.jpg
10/28、警察大学校で開催された「警察官の理解を深めるための研修」で、「障害児者に対する性犯罪」をテーマに、研修を実施しました。
この研修は、各都道府県警察で性犯罪捜査の指導等を行っている警察官に対して、毎年開催されています。
「障がいのある性犯罪被害者」を取り上げるのは初めて、とのことでした。


FullSizeR2.jpg
以下の内容をお話しました。

1.はじめに
1)自己紹介
2)障がい児者への性暴力に関わるきっかけ
3)アイスブレイク

2.障がいとは
1)身体障がい
2)知的障がい
3)精神障がい
4)発達障がい

3.障がい児者に対する性暴力の実態
1)刑法性犯罪
2)実態調査
3)なぜ障がい児者が性暴力を経験するのか
4)なぜ被害者に障がいがある性犯罪事件は不起訴になるのか

4.障がいのある犯罪被害者への対応
1)警察官が持つ「権力」と「暴力性」の理解
2)障がいがあることへの気づきと対応
3)警察官が持つ「スキル」の活用


しあわせなみだでは、障がい児者への性暴力に関する研修を、積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせはこちらから】


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】