CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月29日

衆議院法務委員会で障がい児者に対する性暴力の質疑が行われました


IMG_5563.jpg
【本日11/29:東京】令和時代の恋愛事情を考える〜もし、デートDVに気づいたら〜
==============


11/27衆議院法務委員会で、障がい児者への性暴力の質疑が行われました!
2名の議員から質問がありました。

動画はこちらでご覧いただけます!


☆立憲民主党山川百合子衆議院議員
yamakawa.jpg
(「山川百合子」をクリック、障がい児者への性暴力については2:20:05からです)
障がい児者への性暴力に関する調査実施の状況や、司法面接の必要性について、答弁を引き出してくれています。


☆日本共産党藤野保史衆議院議員
hujino.jpg
(「藤野保史」をクリック、障がい児者への性暴力については3:37:12からです)
障がい児者への性犯罪事件が無罪になったことや、2017年の改正にあたっての検討において、知的障害のある被害者に対する暴行脅迫要件撤廃の検討が盛り込まれていることに触れ、その必要性に言及してくれています。


これからもこうした機会を増やし、改正への必要性が議員、省庁に共有されるよう、努力してまいります。

==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年11月26日

法務大臣大臣政務官に要望書を提出しました


IMG_5563.jpg
【今週金11/29:東京】令和時代の恋愛事情を考える〜もし、デートDVに気づいたら〜
==============


DSC_5456.jpg
しあわせなみだ他12の市民団体で構成する「刑法改正市民プロジェクト」が、11/21「刑法性犯罪の再改正に向けての審議に、被害当事者・支援者の参画を求める要望書」を、宮ア政久法務大臣政務官に提出しました。

宮路拓馬衆議院議員立会いのもと、以下の3つを要望しました。

1)刑法性犯罪の再改正に向けた審議を早急に実施すること
2)上記の審議における委員に被害実態を理解した人を複数入れること
3)検討や審議にあたって、被害当事者や支援者の声を反映すること

宮ア政務官は、2017年の刑法性犯罪改正時には、法務委員会の委員として、改正を後押ししてくれました。
お渡しした要望書についても、「しっかりと取り組んでいきたい」と話してくれました。

今後もこうした機会を増やしていかれるよう、努力してまいります。

↓提出の様子が動画でご覧いただけます!
【テレ朝ニュース『性暴力 刑法改正に向け要望書提出』】


IMG_5663.JPG
要望書提出に先立ち、刑法プロジェクトは、衆議院議員会館で『なぜ「更なる改正」が必要なの?〜私たちが求める刑法性犯罪の処罰規定とは〜』を開催しました。
11/25からの犯罪被害者週間にあたり、プロジェクトでは、刑法性犯罪の処罰規定案を作成しました。
あわせて、被害当事者や支援者が改正に関わることを求める要望をまとめ、刑法性犯罪見直しの必要性を共有しました。

IMG_5695.JPG
しあわせなみだは、9/24に参加した、法務省「性犯罪に関する施策検討に向けた実態調査ワーキンググループ」の内容を報告しました。
国会議員20名超、メディア30名超を含め、150名の皆さんと、現状を共有することができました。

↓院内集会の様子が複数のメディアで紹介されました!
【毎日新聞(有料記事)「同意ない性交処罰を」性暴力被害者ら、刑法見直し求め院内集会】
【ハフィントンポスト 性犯罪刑法のさらなる改正求め、要望書提出。支援団体が作成した改正案叩き台の内容とは?】


今後もこうした機会を増やし、刑法性犯罪見直し、そして障がいに乗じた性犯罪創設への機運を盛り上げられるよう、努力してまいります。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年11月22日

自民党性暴力議連が“障がい者への性暴力”第4回勉強会を開催


DSC_5334.jpg
11/20、自民党には「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」が、障がい児者への性暴力に関する第4回勉強会を開催しました。


この議連では昨年から、障がい者に対する性暴力について、勉強会を重ねています。

【第1回】国内における障がい児者への性暴力の実態
【第2回】海外における障がい児者への性犯罪処罰規定
【第3回】障がい児者への性犯罪事件


今回は、障がい児者への性犯罪事件を担当した弁護士芹澤杏奈さん、ならびに、しあわせなみだ理事長中野が登壇し、9/24に参加した、法務省「性犯罪に関する施策検討に向けた実態調査ワーキンググループ」の内容を報告しました。

会には11名の国会議員が足を運んでくださり、課題への関心の高さを感じることができました。

DSC_5252.JPG
冒頭では会長の上川陽子元法相からご挨拶をいただきました。

DSC_5313.JPG
会長代理赤沢亮正衆議院議員からは、的確なアドバイスをいただきました。

75061082_2444383479113459_4894014791686815744_n.jpg
取りまとめをしてくださる宮路拓馬衆議院議員


今後も多くの人と現状を共有し、刑法に「性犯罪被害者としての障がい児者」の概念が盛り込まれるよう、働きかけてまいります。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年11月19日

衆議院法務委員会で山川百合子議員が障がい児者への性暴力を取り上げてくれました


191121image.jpeg
【11/21:東京】なぜ「更なる改正」が必要なの?〜私たちが求める刑法性犯罪の処罰規定とは〜
↑しあわせなみだが登壇します

==============


191113yamakawa.JPG
しあわせなみだでは、刑法に「性犯罪被害者としての障がい児者」の概念を盛り込むために、国会議員に調査報告書を持参し、現状を説明しています。
54人目は立憲民主党山川百合子衆議院議員です。

山川議員は、「武力によらない平和をつくる」をスローガンに、構造的暴力をなくすことに取り組んでいます。
障がいがあることが性暴力へのリスクにつながり、また潜在化しやすい現状に、とても共感してくださいました。


IMG_5641.jpg
その後11/15に開催された衆議院法務委員会で、山川議員は障がい児者への性暴力について、約20分に渡り、質問してくれました!
【山川百合子議員の質疑の様子はこちらでご覧いただけます(「山川百合子」をクリック、障がい児者への性暴力については2:27:56からです)】


以下の内容を法務大臣らに質問してくれました。
施設長から障がい者への性暴力事件の紹介
内閣府調査の紹介(性被害者127件のうち、何らかの障がいのある事例が70件)
▼しあわせなみだが実施した、発達障害当事者団体を対象とした調査の紹介(調査回答者32人のうち23人が何らかの性被害を経験)
WHO調査(英語です)の紹介(障がいのある子どもの性被害リスクは、健常児に比べ2.9倍、特に精神・知的障害がある場合4.6倍)

森雅子大臣からは、しあわせなみだが参加した法務省ヒアリングの紹介(もうすぐ議事録がウェブ公開予定です)を踏まえ、実態把握ならびに取り組み強化の必要性について、発言がありました。
また宮ア政久政務官からは、「障害に乗じた性犯罪の創設」について、障がいの種類や程度、要件の明確化等について、検討していく必要がある、との発言がありました。

今後もこうした機会を増やせるよう、努力してまいります。
応援よろしくお願いいたします。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】




2019年11月15日

【11/29:東京】令和時代の恋愛事情を考える〜もし、デートDVに気づいたら〜


191121image.jpeg
【11/21:東京】なぜ「更なる改正」が必要なの?〜私たちが求める刑法性犯罪の処罰規定とは〜
↑しあわせなみだが登壇します

==============


しあわせなみだ会員松浦が千代田区男女共同参画センターMIW主催講座に登壇します。
是非お越しください。


IMG_5563.jpg

−−*…*−−*…*−−*…*−−*…*−−*…*−−*…*−−*…*−−

【11/29:東京】令和時代の恋愛事情を考える〜もし、デートDVに気づいたら〜

[イベント詳細はこちらです]
[チラシはこちらです(PDFです)]

−−*…*−−*…*−−*…*−−*…*−−*…*−−*…*−−*…*−−

最近の若者たちの恋愛は、どうなっているのでしょうか?
デートDVについて学び、相手を支配しようとしない対等な関係について考えます。


☆日時
2019年11月29日(金)午後6時30分〜8時

☆会場
千代田区男女共同参画センターMIW交流サロン
(千代田区九段南1-2-1千代田区役所10階)
[地図はこちらです]

☆講師
松浦 薫(NPO法人しあわせなみだ)

☆定員
25名(区内在住・在勤・在学の方を優先)

☆参加費 
無料

※託児サービス
区内在住・在勤・在学者の生後6か月以上の未就学児
予約制、定員あり
2週間前までにお申し込みください

※手話通訳・要約筆記等
2週間前までにお申し込みください


☆申込・問合せ
「講座名(令和時代の恋愛事情を考える)」「氏名」「住所」「電話番号(昼間の連絡先)」「千代田区との関係(在住、在勤、在学、その他)」をご記入の上、下記いずれかの方法でお申し込みください。

電話番号:03-5211-8845(月〜金9:00-21:00、土9:00ー17:00)
ファクス:03-5211-8846
メールアドレス:miw@city.chiyoda.tokyo.jp


☆主催
千代田区男女共同参画センターMIW


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】


2019年11月12日

大学院生に「ソーシャルアクション」をテーマに講演しました

191121image.jpeg
【11/21:東京】なぜ「更なる改正」が必要なの?〜私たちが求める刑法性犯罪の処罰規定とは〜
↑しあわせなみだが登壇します

==============


FullSizeR2.jpg
理事長中野が、明治大学公共政策大学院で、ソーシャルアクションをテーマに講演しました。

「社会を変える取り組み」をテーマに、以下をお話しました。

☆私のこれまで
1)活動のきっかけ
2)活動のきっかけ
3)しあわせなみだの事業と特徴

☆ソーシャルアクション事例〜刑法性犯罪改正〜

☆ソーシャルアクションのポイント
1)課題を明確にする
2)課題を解決するための目標を明確にする
3)目標達成のための戦略を明確にする
4)戦略達成のための行動を明確にする(

☆今取り組んでいること〜“障がい児者への性暴力”が認識される社会を実現したい〜
1)取り組むきっかけ
2)実態調査
3)法制度化に向けた取り組み

☆あなたにできること
1)署名賛同
2)活動へのご支援
3)イベント開催の応援


しあわせなみだでは、ソーシャルアクションに関する講演を、積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

[お問い合わせはこちらから]


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】


2019年11月08日

山下貴司元法務大臣、宮路拓馬衆議院議員と面会しました


191108-10photo.jpg
【11/8-10:埼玉】<SHE検定パネル展示>「子どものsosを受け止めよう 大人のあなたができること」

==============


74274587_511599592756688_1828240227831906304_n.jpg
しあわせなみだでは、刑法に「性犯罪被害者としての障がい児者」の概念を盛り込むために、国会議員に調査報告書を持参し、現状を説明しています。
52人目は自民党山下貴司元法務大臣です。

山下議員は、議員になる前は検事として活躍されており、性犯罪事件にも関わってきました。
その経験を活かし、改正ストーカー規制法リベンジポルノ防止法 といった性暴力関連の議員立法成立に携わってきました。
今回は、「障害に乗じた性犯罪」創設について相談させていただき、課題等をアドバイスいただきました。


73078425_517549085464818_3251863226069024768_n.jpg
自民党宮路拓馬衆議院議員には、自民党内に設置された「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」で、障がい児者への性暴力について、先頭に立って取り組んでくれています。
今回の面談では、今後の議連勉強会の進め方などについて、相談させていただきました。


引き続き議員の皆様との面会の機会を増やし、障がいに乗じた性犯罪の創設が実現するよう、努力してまいります。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】


2019年11月05日

【11/8-10:埼玉】私たちは「買われた」展


shetop.png
会場にて、しあわせなみだが一般社団法人誕生学協会とともに作成したSHE(Sexual Health Education)検定がパネル展示されます。
ぜひお越しください。
※SHE検定が展示されている「子どものsosを受け止めよう 大人のあなたができること」は無料、私たちは「買われた」展は有料です


191108-10photo.jpg
[イベント詳細(私たちは「買われた」展チケット購入)はこちら]
[facebookイベントページはこちら]


私たちが、いま、 ここに生きていることを知ってほしい。
家庭での虐待やネグレクト、DV、学校でのいじめ、不登校等、過酷な環境の中で「買われる」に至った少女達の経緯や思いなどを綴ったパネルを展示します。


【日時】
2019年11月8日(金)〜10日(日)

【会場】
さいたま市子ども家庭総合センター あいぱれっと
〒3300071 さいたま市浦和区上木崎4ー4ー10
JR 京浜東北線 与野駅東口から徒歩約7分
[地図はこちらです]

【入場料】
一般1,500円 前売り1,300円 高校生以下無料
[前売り券の購入はこちらです]

【共 催】
さいたま市子ども家庭総合センター指定管理者アイル・オーエンスグループ

【企 画】
Tsubomi(Colaboとつながる少女によるグループ)/(一社)Colabo

【後 援】
埼玉県、さいたま市、上尾市、埼玉県教育委員会、さいたま市教育委員会、(一社)埼玉県助産師会、東京新聞さいたま支局


★同時開催★子ども達のSOSを受け止めよう〜大人のあなたができること〜
【入場料】
無料

【内 容】
★ミニ講演会★ 
※講演会参加無料、当日先着順で整理券を配布いたします。

@ 11月8日(金) 14:00〜15:00 
「なんで行ったの?!スウェーデン性教育視察報告会」
講師:高橋幸子氏
(埼玉医科大学 産婦人科医師)

A 11月8日(金) 16:00〜17:00 
児童心理治療施設における共育実践
〜ここにある現実と、ここから見出す希望〜
講師:上野陽弘氏(こどもの心のケアハウス嵐山学園 ファミリーソーシャルワーカー)

B 11月9日(土) 15:30〜17:00 
「北欧×性教育」〜北欧の本から学ぶ 性と教育〜
講師:高橋幸子氏(埼玉医科大学 産婦人科医師)/枇谷玲子氏(翻訳家)

C 11月9日(土) 17:30〜18:30 
「一緒に考え、取り組みたい「子どものSOSへの気づきと支援者の姿勢」
講師:上野陽弘氏(こどもの心のケアハウス嵐山学園 ファミリーソーシャルワーカー)

D 11月10日(日) 14:00〜15:00 
 子どもを誰ひとり見捨てない〜「子どもの貧困」の実態と支援〜
講師:白鳥勲氏(彩の国子ども・若者支援ネットワーク代表理事)

E 11月10日(日) 16:00〜17:00 
「若年女性の人権問題」〜日本とヨーロッパの事例から考える〜
講師:石川裕一郎氏(聖学院大学 教授)

★イベントブース★
・若年女性等に関する無料法律相談(法テラスを利用します)
性犯罪・貧困・母子家庭問題・風俗で働く女性の相談、子供の権利などの問題を数多く取り組んでこられた先生方が対応いたします。
※1回30分 事前予約不要、当日先着順にて受付
【相談対応予定時間】
 11月8日(金) 10:00〜16:00
 11月9日(土) 13:00〜17:00
 11月10日(日) 15:00〜18:00
・DV(女性)無料相談

民間支援団体相談員による女性相談を実施します。
※事前予約は不要、当日先着順にて受付
【相談対応予定時間】
 11月8日(金)〜10日(日) 10:00〜19:00

★展示ブース★
埼玉県内、県外の若年女性・若者に関する支援や情報・資料を掲示、配架します。
参考図書コーナーや役立つアプリ情報も展示予定


【問合せ】
kokokaraねっと埼玉 
貧困、虐待、ネグレクト、DV、いじめ、性的搾取など様々な問題を抱えている若者・子どもたち、とくに女の子たちの SOS をうけとめる埼玉県内の支援は充分ではありません。私たちは若者・子ども達をとりまくこの現状や課題を社会へ広く啓発し、青少年の育ちを見守り、支援し、伴走していく環境づくりに寄与することを目的に活動しています。
kokokara.net.saitama@gmail.com


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年11月01日

国民民主党源馬謙太郎衆議院議員、稲富修二衆議院議員と面会しました


FullSizeR.jpg
しあわせなみだでは、署名が求める「性犯罪被害者としての障がい児者」の概念を盛り込むために、国会議員に調査報告書を持参し、現状を説明しています。
今回は国民民主党の皆さんと面会しました。

国民民主党は、障がい児者への性暴力に関するヒアリングを開催。
参院選マニュフェストでは、「障害に乗じた性犯罪に対する処罰規定」の実現を盛り込んでいただきました。

FullSizeR.jpg
源馬謙太郎衆議院議員は、先の通常国会の法務委員会で、障がい児者への性暴力に関する質問をしてくださいました。
今回の訪問では、昨年から今年にかけて起きた、親から障がい児への性犯罪裁判の無罪判決や、法務省ワーキンググループの状況を、共有することができました。


photoinatomi.jpg
面会50人目(!)は、稲富修二衆議院議員です。
稲富議員は今国会から、刑法を取り扱う法務委員会の理事に就任されています。
今回の面会でも、稲富議員は、障がい児が置かれた現状に深く心を寄せて下さり、法務委員会としての取り組みの必要性を、強く認識してくださいました。


引き続き議員の皆様との面会の機会を増やし、障がいに乗じた性犯罪の創設が実現するよう、努力してまいります。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】