• もっと見る

2024年05月31日

神奈川県警で「障がいのある人に対する性犯罪」をテーマに講義


240626image.jpg
【6/26:東京&オンライン】パートナーが性被害を経験した男性向けチャットボット「Two Drops」リリースイベント

==============

IMG_0084.jpg
↑神奈川県警で撮影

しあわせなみだ理事中野宏美が、神奈川県警察本部が主催する「性犯罪捜査専科」で講義を行いました。
各警察署で性犯罪捜査に携わる警察官を対象に、以下をお話しました。


☆1.はじめに

☆2.「障がいのある人」とは
1)身体障がい
2)知的障がい
3)精神障がい
4)発達障がい

☆3. 加害者は「障がいがあること」につけこむ
1)加害者は“被害者に障がいがある”ことを知っている
 (1)場所
 (2)外見
 (3)コミュニケーション
2)人を信じなければ“生命・生活の維持”ができない
3)障がいのある性犯罪被害者の声

☆4.障がいのある人に対する性犯罪を「迷いなく」立件する
1)本人から話を聞くために
 (1)音声によるコミュニケーションが苦手な方のために
 (2)言語によるコミュニケーションが苦手な方のために
 (3)意図が伝わりにくい方のために
2)事情聴取に関わる「特性」
 (1)“いつ”“どこで”が言えない
 (2)加害者を“好き”と言う
 (3)被害後も“これまでと変わらない”生活を過ごしている
3)障がいにつけ込む性犯罪を立証する
 (1)障害福祉サービスとは〜障がいのある人の生活の支援〜
 (2)認定調査とは〜支援がどの程度必要かを評価〜
 (3)障害福祉サービスによる脆弱性の証明


しあわせなみだでは、公的機関で性暴力被害者に携わる皆さんへの講義を、積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせはこちら】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動