• もっと見る

2022年12月02日

障がいのある性被害者への聴取の課題が「共同通信」で取り上げられました

ファミリー.jpg
[12/7:東京]「寅さんのなみだ」パートナー、家族が性被害に遭った男性の語りの場

==============

IMG_1754.jpg
共同通信配信記事で、障がいのある性被害者への聴取の課題が取り上げられました。
下野新聞、神奈川新聞、産経新聞、熊本日日新聞等に掲載されました。

記事では、2019年に起きた、施設職員から知的障がいのある女性への性被害を紹介。
この事件は、捜査の結果、一旦不起訴となりましたが、検察審査会は、不起訴不当を議決しました。
しかし再捜査でも、再び不起訴となりました。
背景には、障がいのある被害者への聴取の困難さがあります。

しあわせなみだ理事長中野からは、不起訴になった理由の開示や、障がい特性に配慮した法整備、事件を起こさないための、施設側の取り組みの重要性を、指摘しています。
ぜひご覧ください。

【「男が乗っかってきた」19歳女性の訴えは届かなかった 記事はこちらです】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【Instagram】
【twitter】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】