CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年06月28日

犯罪被害者支援に携わる皆さんに「障がい児者への性暴力」についてお話しました


220806image.jpg
[8/6:オンライン]―共に変えよう― これからのソーシャル・ジャスティス 連携ダイアローグ2022

==============

IMG_1371.jpg
理事長中野が、みやぎ被害者支援センター研修に登壇しました。
みやぎ被害者支援センターは、事件や事故の被害者及びそのご家族・ご遺族に対する精神的支援に関わる様々な事業を行っています。

「障がい児者に対する性的暴力・性的虐待と被害者支援」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.はじめに
1)自己紹介
2)障がい児者への性暴力に関わるきっかけ

☆2.障がいとは
1)日本では“13人に1人”が障害者手帳を持っている
2)障害者手帳を“持っていない”障がい児者もいる
3)障がいによる“困りごと”

☆3.“障がいのある性的暴力被害者”の実態が明らかになりつつある
1)障がいのある女性“87人中31人”が性的被害を経験
2)視覚に障がいがある女性“68人中48人”が性的な被害を経験
3)発達に障がいのある方“32名中23人”が性的な被害を経験

☆4.性的暴力を経験した障がい者の声

☆5.障がいならではの“特性”と“育ち”
1)障がいならではの“特性”が「犯行がばれにくく、逃げやすい」要因に
2)障がいならではの“育ち”が「断れず、強要される」要因に
3)人を信じなければ“生命・生活の維持”ができない

☆6.障がいの有無に関わらず「性的暴力被害者」として対応するために
1)障がいに“気づく”
2)障がいによる“困りごと”を推測する
3)“信頼のネットワーク”に入れてもらう


しあわせなみだでは、犯罪被害者支援に携わる皆さんへの講義を、積極的にお受けしています。
ぜひお問い合わせください。
【お問い合わせはこちら】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【Instagram】
【twitter】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】