• もっと見る

2024年03月01日

高校生に性暴力をテーマに講義!

IMG_2676.jpg
理事長千谷直史が、大東学園高等学校「性と生」に登壇しました。
高校1年生約40名を対象に「性暴力と性の問題について」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.性暴力とはなにか
1)性暴力とは
2)認知のゆがみ
3)性暴力被害の影響について

☆2.もし知り合いが被害に遭ったら

☆3.「同意」とついて
1)そもそもセックスってなに?
2)でも同意ってどうすればいい?


しあわせなみだでは、学生向けの講演を、積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせはこちらから】



==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動

2024年02月20日

〜映画を通じて性暴力について考える〜イベントに登壇しました


240216photo.jpeg
2/16、川添ビイラル監督主催『Indigo Mourning』チャリティー上映会&パネルディスカッション (映画を通して性暴力について考える)」に、理事長千谷直史が登壇しました。
約30名の参加をいただきました。
登壇した千谷より、報告です。


428597220_716046490673237_3096540548427657700_n.jpg
映画の内容は、吸血鬼と人間が共存している世界で、愛する人が友人の吸血鬼に噛まれたことで、自死を選択した男性のお話です。

indigomourning.jpeg
知人から性被害に遭ったことをカミングアウトされたことをきっかけに、性暴力に関心をもった私としては、主人公の冷たい表情から、友人の吸血鬼は普段から女性をいやらしい目で見ているような描写がありましたが、これまでは主人公の男性も友人の素行の悪さは知っていながらも、特になにも言わず、特段それを良くも悪くも思っていなかったんじゃないかと思います。
ですが、愛する人が噛まれて(性被害に遭い)失ったことで、今まで他人事だった「性暴力」が急に心を浸食してきて、その気持ち悪さや友人に対する憤りを感じ、ラストシーンにつながるのだと思いました。


240216menbersmall.jpg
パネルディスカッションでは、どうすれば性暴力に対する問題意識が低い人の問題意識をあげることができるかなどを、
川添ビイラル監督
「Open the Black Box 伊藤詩織さんの民事裁判を支える会」代表 新畑信さん
と議論を交わしました。

photokawazoe.jpeg
【川添さん】
性暴力を防ぐためには、個々の意識が変わることが不可欠です。
「自分には関係ない」と思わず、先ずは関心を持ち、対話を通じて意識を変えていくことができると思います。
「男性が性暴力にもっと問題意識を持ち、性暴力を容認しない社会を作っていく為にどのような行動が必要なのか」というダイアローグが必要だと感じています。

photoarahata.jpeg
【新畑さん】
教育によって性暴力は良くないことであることが広く知らせ、「プライベートゾーンは他人に侵害させてはならない」ことなどセクシュアリティ教育、包括的性教育が浸透することが大切。また、性被害は女性が被害に遭うことが多いが男性が被害に遭うこともあり、ないがしろにしてはいけない。

photochiya.jpeg
私個人としては、性暴力に関して問題意識が低い人の原因は、特に男性に多いと感じますが、性欲による犯罪であると誤解されており、自分はしないと高をくくっていること、そして自分や近しい人は被害者にはならない、他人事であることだと思います。
また、性欲によるものだと思われているため、世間的にエンタメ化されているものも多く、被害者の心情を考えるきっかけの妨げになっていると思います。
少年漫画でもひと段落ついた所のおふざけ回として、お風呂の覗きが面白おかしく描かれるなどして被害側を描くことより、加害行為を容認する場面をよく目にします。
そういった擦り込みが行われて、認識を甘くしていくのだと思います。

indigomourning2.jpeg
無意識化で擦り込まれている価値観に是非を問うのは難しい作業ですが、きっかけ次第で誰でもできると思います。
衝撃的なニュースかもしれないし、友達に指摘されることかもしれません。
効果があるものは人それぞれだと思うので、違和感を無視しないことが非常に大事だと思います。

indigomourning.jpeg
今回の映画のように映像として表現することや、やり方はそれぞれの方がいいと思います。
どうすればいいか分からない人は、性暴力関連のことを見聞きしたときに「最低だな」とかひとこと、どう思っているか感情をあらわにすることから始めてみたらいいと思います。
だんだんと行動が伴ってきたり、共感した人が近くに増えてくるはずです。
被害者が声をあげないで済む社会にするために今多くの人が小さくてもいいので、声をあげることは大切だと思います。


しあわせなみだでは、イベントへの登壇を積極的にお受けしています。
【お気軽にお問い合わせください】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動

2024年02月13日

「読売新聞」に、刑事手続きにおける氏名秘匿に関するコメントが掲載されました

240216photo.jpeg
【2/16:東京】短編映画『Indigo Mourning』チャリティー上映会&パネルディスカッション (映画を通して性暴力について考える)

==============


IMG_2664.jpg
理事中野宏美のコメントが、2/8付「読売新聞」に掲載されました。

性犯罪裁判にあたっては、起訴状等を通じて、面識のない加害者に、自分の氏名が伝わることになります。
このため、氏名を知られることに抵抗があったり、報復を恐れ、起訴を断念する方もいます。
こうした現状を踏まえ、起訴状を含む刑事手続き書類に記載する被害者名を加害者に秘匿する新制度が、2/15から開始されます。

中野からは、制度の意義や、被害者が安心して裁判に臨める環境整備の必要性を、お話しています。
ぜひご覧ください。

【「逮捕状や起訴状の被害者名「秘匿」、15日から新制度…被告側の「反証」困難との懸念も」記事はこちらです】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動

2024年01月26日

「As club」にてチャリティステッカー販売!


asclubsticker.png
購入額の一部がしあわせなみだへの寄付となるチャリティグッズに、As clubさまのステッカーが加わりました!

As clubさまは、痴漢やセクシャルハラスメントなどの犯罪に対し「被害者の心の傷や被害そのものを軽減、減少したい」との思いで、デザインを通してこのような問題の解決を目指し活動しています。
この度、As clubさまのステッカーをご購入いただいた際、ステッカー1つ毎に50円の寄付をいただけることになりました。
【As clubさまからしあわせなみだへのメッセージはこちらです】


しあわせなみだへの寄付になるステッカーはこちらです。

sticker1.png
sticker1-1.png
【Sticker set (fancy ver)】(ステッカー6種、2500円)


sticker2.png
sticker2-2.png
【Sticker set(stylish ver)】(ステッカー6種、2500円)


しあわせなみだへの応援を、よろしくお願いします!


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動

2024年01月23日

「しあわせなみだファンミーティング〜性暴力ゼロに向けて〜」開催しました!


491295675486306532.jpg
1/19「しあわせなみだファンミーティング〜性暴力ゼロに向けて〜」を開催しました!
現地、オンラインあわせて34名の皆さんにご参加いただき、無事終了することができました。


IMG_2622.jpg
まず、前理事長中野より、活動開始からの13年を振り返りました。
性暴力等を経験し、施設で暮らす人々を対象とした事業からスタートし、刑法性犯罪改正の後押しを実現するまでの過程を、共有しました。


733B106016852B2861166DF4D9A0EC24DD2012BB.jpg
次に新理事長千谷より、新しいミッションと行動指針、
そして新事業プランを発表しました。

☆新しいミッション
性暴力ゼロで誰にとってもしあわせな社会を創る

☆新しい行動指針
1.性暴力は絶対許さない
2.当事者のチカラを信じよう
3.すぐそばにある性暴力に目を向けよう
4.性暴力はカッコ悪いと言おう
5.すべての性を大切にしよう

☆新事業プラン
1.パートナーが性被害に遭った男性向けリーフレットの作成
2.パートナーが性被害にあった男性向けチャットボットの作成
3.性暴力被害者カウンセリング費用サポートシステムの設立


logo2.png
最後に、皆さんの投票で、新しいロゴが決定!
しあわせなみだの文字がつながるデザインが、多くの方に愛されるよう、活動を拡げられるよう、頑張ります!


IMG_2624.jpg
私たちは、新しいしあわせなみだを一緒に盛り上げてくれるメンバーを募集しています。
「話を聞いてみたい!」という方、お気軽にお問い合わせください!

というわけで、これからも、しあわせなみだを、よろしくお願いします!


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動

2023年12月29日

「みみよりくらし解説」で被害者に障がいのある性犯罪が取り上げられました

DSC_3444.jpg
【1/19:東京&オンライン】しあわせなみだファンミーティング〜性暴力ゼロに向けて〜

==============

231228info.png
12/28付「みみより!くらし解説」で、被害者に障がいのある性犯罪が取り上げられました。
ぜひご覧ください。
【動画はこちら(10分、「NHKプラス」への登録で無料でご覧いただけます)】


そして2023年のブログは今日で終了です。
今年も色々な出来事がありました。

IMG_1949.jpg
2018年から取り組んできた、障がいのある性暴力被害者の現状。
2023年6月の刑法性犯罪改正で「心身に障害があること」が盛り込まれました。


スクリーンショット (155).png
警察官をはじめ、自治体や学校が主催する講座に登壇し、多くの皆さんと、性暴力の現状を共有することができました。


IMG_1913.jpg
9月には新たな代表に、千谷直史が就任しました。
【新たなビジョンと講堂指針】も定めました。


IMG_2514.jpg
【2022年度(2022年10月〜2023年9月)の活動報告書はこちらです】


ここで。年末のご寄付のお願いです。

しあわせなみだの活動は、みなさまからのご寄付で成り立っています。
さまざまな事業を、利害関係なく行うことができているのは、個人の方に「ご寄付」という形で、しあわせなみだを支えていただいているおかげです。
代表を交代し、新たな活動を拡げていくためには、多くの方からのご支援が必要です。
ぜひ、しあわせなみだへのご寄付をお願いいたします。


物ファッション.jpg
【年末の大掃除で不要になったブランド品はbrand-pledgeへ】

物書籍.jpg
【年末に断捨離した本・DVD・CD・ゲームはありがとうブックへ】

物ハート.jpg
【現金ならびにクレジットカードによるご寄付はsyncableへ】


次回は2024年1月5日にお会いしましょう。
おだやかな年末年始をお過ごしください。


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動

2023年12月26日

大学院で【事業継承」について講義

DSC_3444.jpg
【1/19:東京&オンライン】しあわせなみだファンミーティング〜性暴力ゼロに向けて〜

==============

IMG_2552.jpg
理事中野宏美が、法政大学大学院「NPOとヒューマンリソース」で、講義を行いました。
「人的資源で振り返る 代表交代までの13年」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.はじめに
  ・社会を変えたと思ったわけ

☆2.しあわせなみだの事業と特徴
 1)ビジョンと行動指針
 2)特徴
 3)事業

☆3.人的資源
 1)特徴
 2)集め方
 3)卒業する理由

☆4.代表交代
1)なぜ代表を交代したのか
2)引継ぎにあたり意識したこと
3)新代表に求められるもの

しあわせなみだでは、非営利組織の運営に関する講義を、積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。
【お問い合わせはこちら】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動

2023年12月19日

【12/19】理事中野が「ABEMA Prime」に出演いたします


231219image.png
しあわせなみだ理事中野宏美が、インターネットTV『ABEMA TV』「ABEMA Prime」に出演いたします。
ぜひご覧下さい。


▼日時
2023年12月19日(火)21:00-23:00
※中野の出演は22:00-22:45頃の予定です

▼テーマ
「(仮)被害者を二次被害から守る なぜ服装(見た目)議論が起こってしまうのか?」

▼司会 
テレビ朝日アナウンサー 仁科健吾さん、田中萌さん

▼コメンテーター  
田村淳さん(吉本興業)、パックンさん(タレント)、山田俊浩さん(ジャーナリスト)


ABEMAPrimeimage.jpg
▼視聴
【ABEMA NEWSチャンネルはこちらです】
【ABEMAビデオはこちらです】
【番組公式YouTubeはこちらです】
※放送後6日間無料視聴可能です


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動

2023年12月12日

活動報告書ができました


IMG_2514.jpg
2022年度(2022年10月〜2023年9月)の活動報告書ができました。
【こちらからダウンロードできます】

主なトピックスはこちらです。

☆刑法性犯罪に「心身の障害」が盛り込まれる
 *アドボカシー[政策提言]
  ・齋藤健法務大臣への署名提出
  ・5年間で125名の国会議員と面会
  ・与野党が議員連盟や部会等で、しあわせなみだに対するヒアリングを実施
  ・法務委員会では11名の国会議員が「障がいのある人への性暴力」について質問
 *ムーブメント[世論喚起]
  ・2018年から「ブリッジング・プロジェクト」を立ち上げ
  ・国会議員会館での集会を計5回開催
  ・全国8か所で映画上映会を開催
  ・オンラインイベントを9回開催

☆情報発信
 *メディア掲載17回
 *講演依頼17回

☆代表者変更
 *2023年9月に新代表千谷直史が就任

☆ビジョン・行動指針見直し
 <ビジョン>
  ・性暴力ゼロで誰にとってもしあわせな社会を創る
 <行動指針>
  1 性暴力は絶対許さない
  2 当事者のチカラを信じよう
  3 すぐそばにある性暴力に目を向けよう
  4 性暴力はカッコ悪いと言おう
  5 すべての性を大切にしよう

☆収支報告
 *収入:869,349円
 *支出:595,601円

☆ご寄付のお願い


2023年度も変わらぬ応援をよろしくお願いします!


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動

2023年11月21日

しあわせなみだNEWビジョンと行動指針の発表!!


231109chiya.jpg
この度、私たちしあわせなみだはビジョンと行動指針の見直しを図り、改めて性暴力ゼロの社会の実現に向けて再スタートをきりたいと思います!
理事長千谷より、新しいビジョンと行動指針にこめられた思いをお伝えします。


<ビジョン>
・性暴力ゼロで誰にとってもしあわせな社会を創る

<行動指針>
1 性暴力は絶対許さない
2 当事者のチカラを信じよう
3 すぐそばにある性暴力に目を向けよう
4 性暴力はカッコ悪いと言おう
5 すべての性を大切にしよう


<ビジョン>
・性暴力ゼロで誰にとってもしあわせな社会を創る

201112photo.jpg
しあわせな社会の実現において性暴力がゼロであることは不可欠です。
セクハラや「いじり」のようなものも含めて、性暴力が社会生活の充実に大きな障害になっている人は既にたくさんいます。
性暴力がある社会で充実した生活を送っている人は1人もいないはずです。
加害者であっても喜びを感じているのは一時的に支配欲が満たされているからで、本当の喜びや充実した社会生活は性暴力では得られません。
たばこが苦手な私には性暴力とたばこは似ていると思ってしまいます。
ひと昔前の男らしさのイメージや象徴みたいなものにもリンクする所があるのではないでしょうか。
そして、性暴力がゼロであるだけではなく、セクシャルマイノリティであることや健常者、障害者など属性に限らず「誰にとってもしあわせな社会」を創りあげるのがこれからの私たちしあわせなみだです。


<行動指針>
1 性暴力は絶対許さない
2 当事者のチカラを信じよう
3 すぐそばにある性暴力に目を向けよう
4 性暴力はカッコ悪いと言おう
5 すべての性を大切にしよう


1 性暴力は絶対許さない

all.jpg
読んで字のごとくですが、暗黙の了解ではなく、文字にすることにしました。
そうすることで私たちの思いはより伝わり、賛同してくださる人も増えるのではないかと思います。


2 当事者のチカラを信じよう
FullSizeRender (11).jpg
被害者はいつまでも「被害者」という訳ではなく、回復するチカラがあります。
性暴力によって社会的に孤立をした方々を支え支援をすることはとても重要です。
ですが、あくまで回復するのは本人のチカラです。
また、直接被害に遭っていなくても性暴力に苦しめられる、例えば、被害者の家族やパートナーも当事者という言葉に包含されるため性暴力に打ち勝つべき人という意味が込められています。
一番、性暴力に打ち勝たないといけないのは加害者でしょう。
社会的には加害者を信じることも重要になってきます。
性暴力は再犯率の高いことで知られていますが、周囲が厚生することを信じることが再犯を防ぐひとつの策です。
加害者のチカラを信じて更生の道へ導くことがとても重要になってきます。
こちらも結局、更生するのは本人のチカラです。


3 すぐそばにある性暴力に目を向けよう
4 性暴力はカッコ悪いと言おう

44896259_918296555034647_6605199276458901504_n.jpg
これらは以前から掲げていたことですが、性暴力というと人によって距離感のギャップがありすぎるとよく思います。
被害を受けて渦中の人もいれば、フィクションくらいに思っている人もいます。
たいてい後者の人は他人事のため配慮に欠けた発言をしたりするので、誰からも相談などをされないため、いつまでも意外と近くにあることを知ることがない悪循環に陥っているのですが。
気をつけていれば、本当にすぐ近くにある世の中だと思います。
毎日通勤や通学の電車で痴漢をされている人がいます。
「いじり」という名目で性的な辱めを受けている人もいれば、まだエンタメとして性的ないたずらを笑う文化は残っています。
いじりやいたずらというと軽く感じますが、その場の空気や大多数の意見を恐れ正当化するのではなく、本人はどう思っているのか、これをみた人は不快にならないかなど疑問をもつことが大切です。
そして、「それはカッコ悪いことだから辞めよう」と行動できるようになれば最高です。


5 すべての性を大切にしよう

IMG_1919.jpg
5つ目はビジョンの後半部分「誰にとってもしあわせな社会を創る」ためには性暴力をゼロにするだけでなく、誰もが自分は大切な存在だと感じていることが必要で、性暴力がなくなることは「下地作り」となります。
日常生活の中での言動ももちろんですが、人権に基づいた性教育、包括的セクシュアリティ教育をすべての人に届けることが必要になってきます。


IMG_1913.jpg
これまでの活動で成長したしあわせなみだが新たに性暴力ゼロに向けて躍進していく姿を多くの方にお届けしたいと思っております!
今後とも、しあわせなみだをよろしくお願いいたします!!


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | しあわせなみだ:活動