• もっと見る

2024年03月19日

ソーシャルアクションの実践を拡げるために〜研究に協力しています〜


IMG_1919.jpg
しあわせなみだでは、刑法性犯罪に「障がい」の概念を盛り込むために、2018年から様々な事業を実施してきました。
1つの成果として、2023年6月の改正で、不同意性交の要件に「心身の障害があること」を盛り込むことができました。


IMG_2690.jpg
法政大学の岩田千亜紀さんが、この活動を、グッドプラクティスとして共有することで、「社会をもっと良くしたい」と考える人や団体に活用してもらうための研究を、進めてくれています。
社会福祉が持つ様々な役割の中で、近年特に「ソーシャルアクション」の実践が、期待されています。
しかし、日本での実践はまだまだ未成熟な段階にあり、特に施策の整備や政策の改正を求めるアクションの展開が、課題となっています。
そこで、今回のしあわせなみだの活動を整理し、客観的に評価することで、誰にでもわかりやすく、参考にできる事例になるよう、検討しています。

IMG_2701.jpg
先日は、事業に携わったメンバーによるワークショップを開催。
「ステークホルダー分析」「ロジックモデルの作成」「ログフレームの作成」を行いました。
5年間の活動を振り返り、成果をまとめていく作業は、大変充実したものとなりました。
また、事業を応援してくれた、寄付者の方々や署名賛同者、イベントに協力してくださった皆さん、そして国会議員をはじめとする、施策立案に関わった皆さんへの、感謝の気持ちも、新たにすることができました。


IMG_2726.jpg
これからも「性暴力ゼロで誰にとってもしあわせな社会を創る」ビジョンの実現に向け、活動していきます。
応援よろしくお願いします!


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【LINE】
【Instagram】
【X】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【ステッカー購入によるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
posted by 中野宏美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 障がい児者への性暴力
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック