• もっと見る

2022年11月29日

参議院法務委員会で「障がい児者への性暴力」関連の質問が相次ぎました

ファミリー.jpg
[12/7:東京]「寅さんのなみだ」パートナー、家族が性被害に遭った男性の語りの場

==============


現在開催されている臨時国会で、複数の議員が、「障がい児者への性暴力」に関連する質問をしてくれました!(掲載は質問順)


221101参議院法務委員会.png
11/1参議院法務委員会では、公明党佐々木さやか参議院議員が「障がい児・者に対する性犯罪に対処するための法整備」について質問してくれました。
▼法制審議会試案に「心身の障害」が盛り込まれている
▼障がい特性が被害の遭いやすさにつながる可能性が指摘されている
▼障がい児者への性犯罪は顕在化してこなかった
といった現状を踏まえ、被害者の声に耳を傾け、実態を明らかにし、刑法性犯罪改正を検討していく必要があることを、言及してくれました。
葉梨康弘法務大臣(当時)からは、被害者の心情をくみ取る努力を重ね、バランスの取れた議論が進められていくことへの期待が示されました。

【質疑はこちらでご覧いただけます】
※「2022年11月1日」「法務委員会」「佐々木さやか」を選択
※障がい児者への性暴力は53:00から56:56まで


221110参議院法務委員会.png
11/10参議院法務委員会で、日本維新の会梅村みずほ参議院議員が「性犯罪事件に対応できる裁判官・検察官の待遇」について質問してくれました。
▼裁判官・検察官の待遇が公務員給与を社会一般に適応した適正なものとする必要があること
▼被害者に障がいのある事件をはじめとする、性犯罪裁判への適切な対応ができる人材を確保するための待遇の検討
について、質問してくれました。
葉梨康弘法務大臣(当時)からは、刑事事件が複雑化・困難化していることを踏まえ、使命感や緊張感が持続する待遇をバックアップしていきたい、というコメントがありました。

【質疑はこちらでご覧いただけます】
※「2022年11月10日」「法務委員会」「梅村みずほ」を選択
※「性犯罪事件に対応できる裁判官・検察官の待遇」は1:12:41から1:15:25まで


今後もこうした機会を増やしていかれるよう、努力してまいります。
応援よろしくお願いいたします。


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【Instagram】
【twitter】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック