• もっと見る

2022年11月04日

障がい児者への性暴力に心を寄せる議員の皆さんと面談しています

24475296_s.jpg
【明日11/5:東京】刑法性犯罪をUpdate!映画上映会

==============

しあわせなみだでは、刑法に「性犯罪被害者としての障がい児者」の概念を盛り込むために、国会議員に調査報告書を持参し、現状を説明しています。
今回は障がい児者への性暴力に心を寄せる議員の皆さんと面談しました。


221011自民党宮路拓馬衆議院議員 (1).jpg
宮路拓馬衆議院議員は、学生時代障がい児者のボランティアサークルに所属されていたことから、障がい児者が抱える課題に心を寄せてきました。
「障害者差別解消法」の見直しにおいては、障がいを理由とする差別の解消及び社会的障壁を取り除くため、事業者による合理的配慮の義務化や、障がいを理由とする差別を解消するための支援措置の強化などに尽力。
自民党「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」内に設置された「障がい者等に対する性暴力問題を考える PT 」では、リーダーを務めています。
今回の面談では、法務省で進んでいる刑法性犯罪見直しに、「障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪」が盛り込まれるために、様々なアドバイスをいただくことができました。


IMG_1615.jpg
日本維新の会金村龍那衆議院議員は、子育てアドバイザー高祖常子さんからの紹介で、面談の機会をいただきました。
金村議員は、発達障がい児をはじめとする児童福祉施設8か所を立ち上げ。
障がいへの不安と負担を抱える子どもやご家族に出会ってきた経験から、「子ども真ん中社会」を実現するために、政治家を志しました。
面談でも、障がい児が置かれた現状や、今後の福祉教育施策のあり方について、ご自身の思いをたっぷりお話くださいました。


今後もこうした機会を増やせるよう、努力してまいります。
応援よろしくお願いいたします。


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【Instagram】
【twitter】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック