• もっと見る

2022年09月30日

千葉県警で講義を行いました


221016image.png
【10/16:オンライン】障害がある子どもを性犯罪と虐待から守るために『まず大人が学ぼう会』

==============

IMG_1429.jpg
しあわせなみだ理事長中野が、千葉県警察本部被害者支援専科で講義を行いました。
「障がいを持つ犯罪被害者への支援」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.はじめに
 ・障がいのある人への“イメージ”

☆2.「障がいのある人」とは
(1)身体障がい
(2)知的障がい
(3)精神障がい
(4)発達障がい

☆3.それは“本当のこと”なのか
1)“いつ”“どこで”を覚えるのが苦手
2)“好き”の意味が違う
3)“人として”扱われない経験
(1)邪魔者
(2)みそっかす
(3)お姫様

☆4.犯罪を経験した障がい者の声

☆5.「障がいがある」からこそ経験する犯罪
1)障がいならではの“特性”が「犯行がバレにくく、逃げやすい」要因に
2)障がいならではの“育ち”が「断れず、強要される」要因に
3)人を信じなければ“生命・生活の維持”ができない

☆6.障がいの有無に関わらず「犯罪被害者」として対応するために
1)“事件の解決”と“被害からの回復”との矛盾を埋める
2)障がいによる“困りごと”を推測する
3)“当たり前”こそ丁寧に

今後も障がいのある性犯罪被害者への理解が進むよう、努力してまいります。
応援よろしくお願いいたします。


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【Instagram】
【twitter】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック