• もっと見る

2022年07月22日

非営利組織の皆さんに「障がい児者への性暴力に関するアドボカシー事業」を紹介


220806image.jpg
[8/6:オンライン]―共に変えよう― これからのソーシャル・ジャスティス 連携ダイアローグ2022

==============

IMG_1416.jpg
しあわせなみだ理事長中野が、NPOサポートセンター「アンケート/ヒアリング設計 実践プログラム」にゲストスピーカーとして登壇、しあわせなみだが実施した「障がい児者への性暴力に関するアドボカシー事業」報告書を紹介しました。
講師である牛堂雅文さん(株式会社ジャパン・マーケティング・エージェンシー)にお招きいただき、「“障がいを知りうる立場に乗じた性犯罪” 創設に向けたアンケート/ヒアリング設計」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.はじめに
1)自己紹介
2)なぜアンケート/ヒアリングを実施する必要があったのか

☆2.アンケート/ヒアリングの効果
1)“存在意義”の証明
2)“事業”への活用
(1)WEBサイト・チラシのデザインリニューアル
(2)専門家の知見による活動の強化
(3)ストーリー発見
3)アンケート/ヒアリングで“社会を変える”

しあわせなみだでは、非営利組織の皆さんを対象とした講義を、積極的にお受けしています。
ぜひお問い合わせください。
【お問い合わせはこちら】


==============

本ブログは毎週火・金更新!

【ウェブサイト】 
【facebook】
【Instagram】
【twitter】
【メールニュース「Tear's Letter」】

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック