CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年03月25日

地元国会議員に「障害のある女性に係わる0歳児遺棄事件に関する要望」を行いました


seikyoikuphoto.jpg
【『児童福祉施設における性的問題対応ハンドブック』3月下旬発売!】

==============

220323立憲民主党道下大樹衆議院議員.jpg
NPO法人しあわせなみだは、「障害のある女性に係わる0歳児遺棄事件に関する要望」を、厚生労働大臣、北海道知事、北海道檜山振興局長、江差町長に宛てて、2022年3月12日に、DPI女性障害者ネットワーク、DPI日本会議、DPI北海道ブロック会議の連名で提出しました。

3月23日、DPI女性障害者ネットワーク代表藤原久美子さん、DPI日本会議事務局次長白井誠一朗さんとともに、事件が起きた北海道を地元とする道下大樹衆議院議員(立憲民主党)、ならびに木村英子参議院議員(れいわ新選組)、福島みずほ参議院議員(社民党)、大河原まさこ衆議院議員(立憲民主党)に、要望書を手渡す機会をいただきました。


20220323道下議員と.jpg
道下議員ヘの提出には、しあわせなみだ理事長中野が同席いたしました。

まずDPI女性障害者ネットワーク藤原さんより、事件の詳細の説明ならびに私たちの要望について、説明しました。
障がいのある方への不妊手術を強制してきた旧優生保護法や、障がい児者への性教育の必要性についても、言及がありました。
DPI日本会議白井さんからは、海外事例を交えた、取り組み強化の必要性について、お話がありました。
中野からは、他の施設でも、職員から入居者への性暴力が起きていることを踏まえた、法制度整備を要望しました。

道下議員からは、事件が起きた施設での虐待の状況を踏まえ、北海道としての対策を確認すること、また、ご自身が事務局長を務める、党内のプロジェクトの勉強会への登壇も、ご検討いただけるとのことでした。

【他の議員の皆さんへの提出の様子はこちらをご覧ください】


今後も現場の声を届けていく機会を増やしてまいります。
引き続き応援よろしくお願いいたします。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】


この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック