CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年10月22日

犯罪被害者支援に携わる皆さんに講演しました


210814image.jpg
【11/2まで限定配信】『“見て見ぬフリ”という名の暴力』


==============

IMG_0228.jpg
↑写真は会場付近の東京タワーです

理事長中野が、全国被害者支援ネットワーク主催講座で講演をいたしました。

「障がい児者に対する性犯罪と被害者支援」をテーマに、以下をお話しました。

☆1.はじめに
1)自己紹介
2)障がい児者への性暴力に関わるきっかけ

☆2.障がいとは
1)身体障がい
2)知的障がい
3)精神障がい
4)発達障がい

☆3.なぜ障がいのある犯罪被害者への対応が必要なのか
1)海外調査
2)性犯罪被害における障がい児者
3)障がいのある性犯罪被害者の声

☆4.なぜ障がい児者は性犯罪に巻き込まれるのか
1)障がいならではの「特性」
2)障がいならではの「育ち」
3)暴力の構造

☆5.なぜ障がい児者は性犯罪を証言することが困難なのか
1)障がいが「ない」ことが基準の法制度
2)障がい児者が性犯罪を経験することが想定されていない
3)障がい児者が性犯罪を訴える環境が整備されていない

☆6.障がいのある犯罪被害者への対応
1)障がいがあることへの気づき
2)障がい児者との信頼構築
3)聞き取りにおける工夫

☆7.障がい児者への対応を促進する環境整備
1)第4次犯罪被害者等基本計画
2)性暴力被害者ワンストップ支援センター
3)代理人聴取


しあわせなみだでは、犯罪被害者支援に携わる皆さんへの講演を、積極的にお受けしています。
ぜひお問い合わせください。
【お問い合わせはこちら】


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【リボンドネーションによるご寄付はこちら】
【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック