CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年01月29日

「同意のない性交を性犯罪に」刑法改正市民プロジェクトがキャンペーンを開始


物六法全書.jpg
刑法性犯罪見直しに向けた議論が、山場を迎えています。
見直しの必要性を議論する、法務省「性犯罪に関する刑事法検討会」は、3月に一定の結論を出す予定です。
検討会で見直しの必要性が認められた項目が、新たに開催される「法制審議会」で、議論されることになります。
「検討会」で「見直しが必要」と判断されなければ、その後再び議論の土壌に乗ることは、極めて困難であるとされています。

そこで、しあわせなみだも参加する「刑法改正市民プロジェクト」では、実態に即した見直しが行われるよう、キャンペーンを展開することになりました。


210128photo.png
キャンペーンのスタートとして、昨日1/28「だれひとり取り残さない刑法改正を-どうなっている?刑法改正検討会」を開催しました。
【当日の様子はYoutubeでご覧いただけます】


皆さんに参加していただけるキャンペーンをご紹介します。

★緊急署名「不同意性交等罪をつくってください!」 
【オンライン署名への賛同はこちらです】

★Twitterデモ
2月 1日 お昼12時開始
2月11日 お昼12時開始
3月 7日 お昼12時開始(検討会の前の日)

統一ハッシュタグ
#同意のない性交を性犯罪に
であなたの一言をつぶやいてください!

【刑法改正市民プロジェクトのtwitterはこちらです】


photo1small.jpg
特に被害者に障がいや疾患がある場合、暴行・脅迫に抵抗することが困難です。
法務省「性犯罪に関する施策検討に向けた実態調査ワーキンググループ」による取りまとめでは、平成30年度に取り扱われた、暴行脅迫の有無が問われる「強制性交等罪」について、被害者に障がいがある場合、43件すべてが不起訴、1件も裁判に至っていないことが、明らかになりました。
障がい特性を踏まえた罪の創設が必要です。


ともに声を届けていきましょう!
応援よろしくお願いいたします。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック