CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年12月25日

実父から障がい児への性犯罪裁判で逆転有罪、コメントが掲載されました

景色裁判所.jpg
2019年3月、静岡地方裁判所で、12歳の実子への強姦事件に対する、無罪判決が言い渡されました。
この判決は、全47都道府県に拡がった、性暴力根絶を目指すフラワーデモのきっかけとなりました。

この事件は上告され、12/21、東京高等裁判所は、懲役7年の逆転有罪判決を言い渡しました。
静岡地裁で無罪となった理由の1つが、「証言の信用性」です。

被害児には軽度知的障害と自閉症スペクトラム障害があります。
この障がいには、「日時の特定が難しい」という特徴があります。
また子どもは、障がいの有無に関わらず、「誘導されやすい」等の特性が指摘されています。

静岡地裁では、こうした「障がいのある子ども」の状況が踏まえられず、「証言の信用性に欠ける」とされました。
一方東京高裁では、「被害者の証言は具体性及び迫真性がある」とされ、姦淫の事実が認められました。

ヤフーニュースでこの事件、ならびにNPO法人しあわせなみだ理事長中野のコメントが掲載されました。
ぜひご覧ください。
【「高裁が被害者の証言に「高度の信用性」を認めた理由ー12歳実子への強姦、父親に逆転有罪判決」記事はこちらです】


2020年も残すところ、あと1週間となりました。
本年のブログはこれが最終、2021年のはじまりは1月5日です。

2020年も応援ありがとうございました。
2021年もよろしくお願いいたします。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック