CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年10月13日

オンライン受診の浸透に向けた動き


3711951_s.jpg
【10/25:東京】フラワーデモで「#Metoo」した女性たち〜新たなソーシャル・チェンジのカタチ〜
==============


物パソコンカウンセリング.jpg
現在新型コロナウイルス対策として実施されている、医療機関のオンラインでの受診が、今後も継続して実施される見込みとなりました。
【詳細は10/9付『時事通信』をご覧ください】


性暴力被害後は、心身の傷の手当、妊娠や性感染症の予防等のために、医療機関を受診することが、とても大切です。
一方で、内閣府の調査では、無理やり性交された後「異性と会うのが怖くなった」「誰のことも信じられなくなった」「人づきあいがうまくいなかくなった」「外出するのが怖くなった」といった回答が、多く寄せられています。
その結果、医療機関の受診も、避けられる傾向にあり、被害後医療機関に相談した方は、1.8%にとどまっています。


性暴力被害後、早期に適切な支援を受けることが、回復を早めることが明らかになっています。
オンラインでの受診が浸透することで、被害後の受診も浸透することが、期待されます。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】


この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック