CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年05月22日

井出庸生衆議院議員、宮路拓馬衆議院議員、馳浩衆議院議員と面会しました


coronaimage.jpg
「#コロナを超えて〜STOPコロナ暴力キャンペーン」

#コロナを超えて 
#BeyondCorona
STOPコロナ暴力への意思を、SNSでシェアしよう!

==============

しあわせなみだでは、刑法に「性犯罪被害者としての障がい児者」の概念を盛り込むために、国会議員に調査報告書を持参し、現状を説明しています。

今回は自民党の国会議員の皆様と面会しました。

200513自民党井手庸生宮路拓馬衆議院議員.JPG
宮路拓馬衆議院議員井手庸生衆議院議員は、自民党性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟に参加してくれています。

政府は3月末、性暴力の根絶に向けた対策強化を検討する関係省庁会議を設置しています。
5月中をめどに方針を取りまとめる予定です。
お二人には、この取りまとめの中に「障がい児者への性暴力」に関する項目を盛り込んでいただくことができないか、相談させていただきました。
お二人は、障がい児者が置かれた現状に大変心を寄せてくださり、具体的なアドバイスを、たくさんいただくことができました。


200513自民党馳浩衆議院議員.JPG
自民党馳浩衆議院議員には、井出庸生衆議院議員のご紹介で面会することができました。

馳議員は文部科学大臣時代を含め、性的虐待を含めた児童虐待に、長年に渡り熱心に取り組んでいます。
今回の面会では、障がい児者への性暴力の現状、特に、障がい児への性的虐待が明らかになっていないこと等を、共有しました。
子どもたちが置かれた現状に強い問題意識を感じてくださり、引き続き取り組んでくださるとの、心強いメッセージをいただきました。


引き続き議員の皆様との面会の機会を増やし、障がいに乗じた性犯罪の創設が実現するよう、努力してまいります。

==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック