CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月01日

国民民主党源馬謙太郎衆議院議員、稲富修二衆議院議員と面会しました


FullSizeR.jpg
しあわせなみだでは、署名が求める「性犯罪被害者としての障がい児者」の概念を盛り込むために、国会議員に調査報告書を持参し、現状を説明しています。
今回は国民民主党の皆さんと面会しました。

国民民主党は、障がい児者への性暴力に関するヒアリングを開催。
参院選マニュフェストでは、「障害に乗じた性犯罪に対する処罰規定」の実現を盛り込んでいただきました。

FullSizeR.jpg
源馬謙太郎衆議院議員は、先の通常国会の法務委員会で、障がい児者への性暴力に関する質問をしてくださいました。
今回の訪問では、昨年から今年にかけて起きた、親から障がい児への性犯罪裁判の無罪判決や、法務省ワーキンググループの状況を、共有することができました。


photoinatomi.jpg
面会50人目(!)は、稲富修二衆議院議員です。
稲富議員は今国会から、刑法を取り扱う法務委員会の理事に就任されています。
今回の面会でも、稲富議員は、障がい児が置かれた現状に深く心を寄せて下さり、法務委員会としての取り組みの必要性を、強く認識してくださいました。


引き続き議員の皆様との面会の機会を増やし、障がいに乗じた性犯罪の創設が実現するよう、努力してまいります。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック