CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年03月05日

【3/12:東京】緊急避妊薬アクセスの諸課題を考える


06.jpg
【購入費が寄付に!ちかんにあった友だちを励ますLINEスタンプ】

==============


理事長中野が登壇します。
ぜひお越しください。


***

190312image.png
[イベント詳細ならびにお申し込みはこちらです]


女性にとって、妊娠を防ぐ最後の砦となるアフターピル(緊急避妊薬)。
日本初のジェネリック薬が富士製薬工業より製造販売の承認を受け、近日中に発売予定となります。
アフターピルのアクセス改善を巡り、2017年にOTC化(市販化)について厚生労働省の検討会で話し合われ、また現在は別の検討会でオンライン診療への適用が議論されています。
現行のアフターピルは1回1万5千円ほどと高額で、医療機関の受診が必要とされる一方で、SNS等を使った非合法な販売が横行していることが問題となっています。

2月27日、衆議院予算委員会第五分科会にて自由民主党の木村やよい議員より緊急避妊薬のアクセス改善に関する質問・答弁がありました。
衆議院インターネット審議中継 ビデオライブラリからもご確認いただけます。

現在大きな転換期になるアフターピルのアクセスについて、どうすれば必要な人に安全に届けることができるのか、緊急避妊の「今」そして「これから」を専門家、当事者で共に考えます。

***

■日時:2019年3月12日(火)17時〜19時30分(開場16時30分)

■会場:衆議院第一議員会館 大会議
【アクセス】
・「永田町」 ●有楽町線 ●南北線 ●半蔵門線 1 番出口 徒歩 5 分
・「国会議事堂前」 ●丸ノ内線 ●千代田線 1 番出口 徒歩 5 分
[地図はこちらです]


【開催概要・プログラム】
1.ご挨拶・参加議員からのご発言

2.講演・報告(敬称略)
●産婦人科医 遠見 才希子「緊急避妊薬を巡る現状とアクセスの課題」
●#なんでないのプロジェクト 福田 和子「海外の先進事例に学ぶ緊急避妊政策」
●NPO法人ピルコン 染矢 明日香 「性教育・当事者の視点から考える緊急避妊薬」
緊急避妊薬の使用経験のある当事者の声(予定)

3.有識者を交えてのパネルディスカッション
報告者に加え、木村やよい衆議院議員、NPO法人しあわせなみだ中野宏美氏他が登壇予定

4.当事者・関係者のリレートーク


■対象者:問題に関心のある一般の方、国会議員の方、医療・薬事に携わる方、メディアの方

■定員300名(定員に空きがあれば当日参加可)

■参加費:無料

■お申込み
[フォーム]からお申し込みください

■主催:NPO法人ピルコン 

■協力:#なんでないの。プロジェクト

***

アフターピル(緊急避妊薬)を必要とするすべての女性に届けたい!署名キャンペーン中!
ピルコンでは、厚生労働大臣、日本産科婦人科学会理事長、日本薬剤師会会長に対し、若者・当事者の立場から、アフターピルのアクセス改善を求める署名活動を行っています。2019年3月現在、1万7千筆以上が集まっています。
▼オンライン署名は[こちら]


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック