CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年03月01日

自民党国会議員に障がい児者への性暴力の現状を報告しました


36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
しあわせなみだが2018年に実施した調査で、発達障がい者32名中23名が、何らの性暴力を経験していました。

海外では障がい児者への性暴力に関する大規模調査が行われ、性犯罪規定に反映されています。

一方日本ではこうした調査はほとんど行われておらず、刑法にも概念が盛り込まれていません。

しあわせなみだでは、刑法をはじめとする法制度で、障害児者の特性を踏まえた対応が行われるよう、国会議員に働きかけています。

今回は自民党の国会議員と面会しました(掲載は面会順)。


52835959_362086431311425_6204942254713339904_n.jpg
長峯誠参議院議員
障がい者施設の運営に携わっていたことがあり、この課題に大変関心をもってくれました。


52947166_2096517557136534_5329746546785255424_n.jpg
武井俊輔衆議院議員
委員会の合間に駆けつけて下さり、真剣に耳を傾けてくれました。


障がい児者への性暴力は、その存在もほとんど知られてきませんでした。
多くの人と共有し、取り組みが進むよう、声を届けてまいります。
応援よろしくお願いします!

【〜刑法に「性犯罪被害者としての障がい者」の概念を盛り込みたい〜署名賛同はこちら】


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック