CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年12月11日

自民党、公明党の国会議員に障がい児者への性暴力の現状をお届けしています


s_メイン.jpg
(c)2013「くちづけ」製作委員会
障がい児者への性暴力を取り上げた映画「くちづけ」上映ならびにトークセッション、いよいよ明日12/12開催です!
当日参加も大歓迎ですので、ぜひお越しください!


開催に先立ち、障がい児者への性暴力の現状を、与党自民党、公明党の皆さんにお届けしています。
(掲載は五十音順)


FullSizeR.jpg
井野俊郎衆議院議員(自民党)
性交同意年齢(暴行脅迫がなくても罪に問える年齢)引き上げに向けて、頑張ってくれています!

47100567_2294628660770647_5993595375162753024_n.jpg
遠山清彦衆議院議員(公明党)
AV出演強要問題に熱心に取り組んでおり、障がい児者への性暴力の現状にも、様々なアドバイスをいただきました。

46990548_301185940728250_2345219647340544000_n.jpg
細田健一衆議院議員(自民党)
昨年の刑法性犯罪改正でもお力をいただきました!ドールが着用しているガンダムの洋服は特注!とのこと。


IMG_3540.jpg
また12/4には自民党性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟「障がい者に対する性暴力問題を考えるプロジェクトチーム」が、勉強会を開催しました!

写真向かって左から、
☆プロジェクトチーム座長の宮路拓馬衆議院議員
☆日本貿易振興機構アジア経済研究所 主任調査研究員 小林昌之さん
☆DPI日本会 議長補佐 崔 栄繁さん
です。

小林さんと崔さんには、アジア、特に韓国の性犯罪処罰規定について、お話いただきました。
また法務省の皆さんからは、欧米の法制度をご説明いただきました。


これからも市民団体としてできること、やるべきことを通じて、刑法に「性犯罪被害者としての障がい児者」の概念が盛り込まれるよう、活動してまいります。


====================

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック