CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
10498576_845742372152015_8335320676785484951_o.jpg

====================================

【特定非営利活動法人しあわせなみだ ウェブサイト】
http://shiawasenamida.org/
【メールニュース「Tear's Letter」ご購読はこちらから】
http://shiawasenamida.org/m07_03
【facebookページはこちら】
https://www.facebook.com/nposhiawasenaida/

2020年01月24日

犯罪被害者支援センター会報に寄稿しました


759065c93d10882851a9ba34fa16a43d_s.jpg
【明日1/25:宮崎】障がい者への性暴力が認識される社会へ〜映画 「くちづけ」 上映会&トークセッション〜

==============

2001fukuoka2.jpg
理事長中野の文章が、福岡犯罪被害者センター「NEWS LETTER」2020年1月発行の44号に掲載されました。
事務局長浦尚子様には、昨年6月に福岡で開催した全国キャンペーンで、トークセッションにご登壇いただきました。

「障がい児者への性暴力が認識される社会へ」をテーマに、実態調査、被害の背景、私たちにできること、等を提案しています。
ぜひご覧ください。

[「障がい児者への性暴力が認識される社会へ」はこちらです(PDFファイルです)]


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】


2020年01月21日

教師によるわいせつに関するコメント、「毎日新聞」に掲載!


759065c93d10882851a9ba34fa16a43d_s.jpg
【今週末1/25:宮崎】障がい者への性暴力が認識される社会へ〜映画 「くちづけ」 上映会&トークセッション〜

==============


200120image.jpg
理事長中野のコメントが、1/20付「毎日新聞」に掲載されました。

昨年の教師によるわいせつは、過去最高となりました。
一方で事件を公開しない教育委員会も、少なくありません。
事件を非公開にすることは、性暴力の黙認につながることを、指摘しています。
ぜひご覧ください。

☆中野のコメントはこちらです(有料会員登録で全文ご覧いただけます)
『教員わいせつ、再犯防げず 18年度最多282人 処分歴の共有に「穴」』

<関連記事>(こちらは皆さん全文ご覧いただけます)
『教員わいせつ公表に差 31教委、被害者に確認 処分者氏名公表16教委 毎日新聞調査』


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2020年01月17日

都が「犯罪被害者等実態調査」結果を公開


759065c93d10882851a9ba34fa16a43d_s.jpg
【1/25:宮崎】障がい者への性暴力が認識される社会へ〜映画 「くちづけ」 上映会&トークセッション〜

==============


景色東京.jpg
しあわせなみだも協力した、東京都「令和元年度 犯罪被害者等の実態に関する調査」結果が公開されました。
[結果の詳細はこちらです]


調査は、性暴力等の犯罪被害を経験された方、ならびに支援団体を対象に実施されました。
性暴力を経験された方からは、以下の声が届けられました。

☆心身の状況の変化
・被害後「不眠」「PTSD(フラッシュバック、回避・まひ、過覚醒)」「疲労」を7割以上の方が経験しています。
特にPTSDについては、他の犯罪被害では44.8%であり、被害の特徴を示しています。

☆生活上の変化
「加害者からの再被害の不安を感じるようになった」「自分を責めるようになった」がともに 9 割となっています。
他の犯罪被害では、再被害は32.1%、「自分を責める」についてはそもそも回答項目として設定されておらず、性暴力が抱えるスティグマが明らかにされています。

☆二次的被害
二次的被害について「傷ついた」と回答した方は、「加害者及び加害者関係者(加害者側弁護士を含む)」が 68.6%と最も高く、次いで「友人、知人」が 54.3%、「親、兄弟、姉妹」が 51.4%となっています。
他の犯罪被害では、「友人・知人」は43.1%、「親、兄弟、姉妹」は31.0%となっており、身近な人からの傷つきが大きいことがわかります。

☆被害者のおかれた状況等について
被害者のおかれた状況の世間一般の認知については、8 割弱の方が「全く知られていない」「あまり知られていない」と回答。
被害者の人権への配慮については、6 割の方が「全く配慮されていない」「あまり配慮されていない」と回答しています。


これらの結果を踏まえ、令和2年度末をめどに、新たな犯罪被害者等計画が策定される予定です。
被害を経験された方、支援の現場の実態が、適切に法制度に反映されるよう、引き続き声を届けてまいります。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2020年01月14日

東洋大学で社会福祉専攻の学生にお話しました


759065c93d10882851a9ba34fa16a43d_s.jpg
【1/25:宮崎】障がい者への性暴力が認識される社会へ〜映画 「くちづけ」 上映会&トークセッション〜

==============


81865303_1941685985978159_7696195349886533632_n.jpg
理事長中野が、東洋大学社会学部社会福祉学科の授業に、アドバイザーとして参加しました。

参加したのは、「ソーシャルワーク演習W」の授業。
4年生の皆さんが、メゾ・レベルとマクロ・レベルのソーシャルワークを理解するために、行政機関、政治家、ソーシャルアクションを行っている団体等に、訪問調査を行ってきました。

今日の授業では、まず学生が訪問の様子を発表。
以下の報告がありました。
▼しあわせなみだ(11/21院内集会の様子をご報告いただきました)
▼都内自治体障害福祉課
▼社会福祉士会
▼市議会議員
▼国会議員

81578898_2518025875140958_2771476695994073088_n.jpg
中野からは、各報告を総括したコメントとアドバイスをさせていただきました。


しあわせなみだでは、学校での講演を積極的にお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。
[お問い合わせはこちらから]


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2020年01月07日

あけましておめでとうございます

2020image.png
2020年も、性暴力のない世界の実現に向け、歩んでまいります。
よろしくお願いいたします。


36537309_1845019515557624_3274840678332366848_n.jpg
昨年から全国で開催している、障がい児者への性暴力撲滅啓発キャンペーン「ブリッジング・プロジェクト〜Bridging the Gap〜」。
今年は4か所で開催いたします。
[1/25宮崎の詳細はこちらです]

2020年も皆さんとお会いできることを楽しみにしています!


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年12月27日

武井俊輔議員の地元、宮崎県宮崎市で「ブリッジング・プロジェクト〜Bridging the Gap〜」を開催します!



191204自民党武井俊輔衆議院議員.JPG
しあわせなみだでは、刑法に「性犯罪被害者としての障がい児者」の概念を盛り込むために、国会議員に調査報告書を持参し、現状を説明しています。
今回は、自民党武井俊輔衆議院議員です。
武井議員には、今年2月にも面会し、障がい児者への性暴力の現状をお伝えし、大変深いご理解をいただきました。


759065c93d10882851a9ba34fa16a43d_s.jpg
今回改めての訪問となったのは、武井議員の地元、宮崎県宮崎市で、来月1/25、障がい児者への性暴力撲滅啓発キャンペーン「ブリッジング・プロジェクト〜Bridging the Gap〜」を開催する運びとなったからです。
知的障がい児者への性暴力を取り上げた映画 「くちづけ」上映会、ならびに有識者をお招きしたトークセッションを開催します。

宮崎のゲストは
★小野 公治さん(障害児・者入所施設 ひまわり学園 園長)
★廣川 真美さん(ライツ オブ チャイルド みやざき)
です。

九州地方では最後の開催となります。
ぜひお越しください!
[イベント詳細はこちらです]


75332756_2551869245035079_5836217306602012672_n.jpg
そして2019年の本ブログの更新は、今日が最後です。
1年間ありがとうございました。
新年最初の更新は1月7日(火)です。
どうぞ良い年末年始をお過ごしください。


物書籍.jpg
年末年始の大掃除で、不要になった書籍、DVD、ゲーム、ブランド品の販売代金が寄附になる仕組み、ぜひご活用ください!
☆クレジットならびにブランド品販売によるご寄付はこちら
☆ご不要になった本・DVD・CD・ゲームによるご寄付はこちら


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年12月24日

【2/23-24:東京】第10回 性教育研究会学術大会 <記念大会>児童福祉施設における 性暴力・性支配・性虐待


759065c93d10882851a9ba34fa16a43d_s.jpg
【1/25:宮崎】障がい者への性暴力が認識される社会へ〜映画 「くちづけ」 上映会&トークセッション〜

==============


理事長中野が、性教育研究会主催大会に登壇します。
ぜひお越しください。
※中野の登壇は2/24(月祝)9:00-分科会Cです。
【チラシはこちらです(PDFファイルです)】


200224image.png
第10回性教育研究会学術大会<記念大会>
児童福祉施設における性暴力・性支配・性虐待

「性教育研究会」は10周年を迎えることができました。
研究会の「今まで」と「これから」をつなぐ新たな取り組みを皆さんとともに歩み出す大会としたいと思います。多くの方々のご参加をお待ちしています。


●日時
令和2年2月23日(日)9:00〜18:00
    2月24日(祝)8:30〜16:40

●場所
国立オリンピック記念青少年総合センター
(東京都渋谷区代々木神園町3-1)
小田急小田原線 参宮橋駅下車徒歩7分
東京メトロ千代田線 代々木公園駅下車 4番出口から徒歩10分
[地図はこちらです]

●参加費
2日間参加:12,000円 
いずれか1日参加:6,000円
情報交換会:4,000円(希望者)

●定員
150名(先着順)
※例年早期に定員に達しますのでお早めにお申し込みください。

●プログラム
〇1日目 2月23日(日) (終日:センター棟 310号室)
9:00     受付開始 
9:45〜10:00  開会
10:00〜12:00 基調講演@ 「性犯罪の被害者の被害実態と加害者の社会的背景」
        講師:内山絢子氏(元・科学警察研究所研究官)
13:00〜13:30 基調報告「性教育研究会の10年」
        講師: 小木曽宏 (性教育研究会会長、東京経営短期大学教授)
13:40〜15:20 講座 「児童福祉施設における性的問題への対応〜発生要因とケア〜」
        講師:山口修平(児童養護施設 一宮学園 副施設長)
15:40〜18:00 シンポジウム「性暴力・性支配・性虐待防止に向けて」
        コーディネーター:小木曽宏 
        シンポジスト(五十音順)
         小林千夏(社会福祉法人敬老園うえだみなみ乳児院 社会福祉士) 
         杉浦ひとみ(東京アドヴォカシー法律事務所 弁護士)
         信田力哉氏(相模原市児童相談所 児童福祉司)
         芳賀英友氏(社会福祉法人同仁会 同仁会子どもホーム・同仁会児童家庭支援
                 センター 施設長) 
18:30〜20:30  情報交換会(希望者)(国際交流棟レセプションホール)

〇2日目 2月24日(祝)
8:30開場・受付 (センター棟 306号室:2日目のみ参加の方)
9:00〜11:30 分科会@ 
 【A】「実践施設から学ぶ性教育」(センター棟 304号室)
     講師:性教育研究会(小木曽、荘司、小林)
 【B】「性的問題の背景を探る〜トラウマインフォームド・ケアの視点を持つために〜」 
(センター棟 403号室)                      
     講師:足立泰代(性教育ファシリテーター)
        性教育研究会(関、久野)   
 【C】「性的虐待への対応〜被害開示・法律・ケア〜」(センター棟 409号室)   
    講師:中野宏美氏(NPO法人しあわせなみだ代表)
     性教育研究会(杉浦、山口)         

12:30〜14:00 分科会A
 【A】「思春期のSNS利用と性被害」(センター棟 304号室)
     講師:宮崎豊久氏(日本思春期学会理事)              
 【B】「児童養護施設における調査報告を踏まえた性的マイノリティへの対応」
     (センター棟 403号室)
     講師:藤めぐみ氏(レインボーフォスターケア代表理事)   
 【C】「デートDV〜わたしの力に気がつくこと〜」(センター棟 409号室)
     講師:橋本明子氏(リアライズYOKOHAMA代表)       

14:30〜16:30 基調講演A「性加害児童の理解と治療教育」(センター棟 310号室) 
     講師:藤岡淳子氏(大阪大学大学院人間科学研究科教授) 

16:30〜16:40 閉会式 アンケート記入(センター棟 102号室)

●参加申し込み
◆申し込み用紙に必要事項を記載の上、FAXまたはEメールにてお申し込みください。
【FAX申し込み要旨はこちらです(PDFファイルです)】
お申し込み締め切り後、2月14日前後には到着できるよう参加券および参加費の請求書を発送いたします。
請求書が到着いたしましたら、大会3日前までに参加費(希望者は情報交換会費を含む)を必ずお振込みください。
連絡なくお振込みがされない場合、不参加として扱わさせていただきます。

◆申し込みは先着順となります。
分科会もお申し込み順に決定させていただきますので早めのお申し込みをお願いいたします。

◆分科会はそれぞれ第2希望までお書きください。
こちらで人数調整等を行い決定させていただきます。

※1 Eメールでのお申し込みをされる場合は、申し込み用紙の各項目を記載の上、送  信してください。郵送でのお申し込みはご遠慮させていただいております。
※2 当日参加者名簿を作成いたします。名簿の記載を拒否される方は申し込み用紙の  備考欄にその旨をお書きください。
※3 ご宿泊は、各自ご手配ください。

〇振込口座
千葉銀行 幕張本郷支店 普通 3002663
京成トラベルサービス株式会社旅行口
※4 お振込みの際には請求書に記載のお客様番号をつけてください。
※5 現金での収受は事故防止のため行いません

〇お申し込みのお問い合わせ
京成トラベルサービス株式会社 千葉支店(担当:金澤)
〒262-0033 千葉市花見川区幕張本郷2-5-1
電話 043-297-2151 FAX 043-297-2122
Eメール chiba-event@keiseitravel.co.jp

〇内容に関するお問い合わせ
0475-42-2069(児童養護施設 一宮学園 山口・関)

〇主催
性教育研究会
性教育研究会は、児童福祉施設における性的問題への対応と防止策として性教育を考えるために発足し2009年より活動しています
会 長 小木曽 宏
事務局 山口 修平(児童養護施設一宮学園)
    相澤 林太郎(児童自立支援施設国立武蔵野学院)
    関 尚美(児童養護施設一宮学園)
    荘司 貴代(児童養護施設同仁会子どもホーム)
    小林 千夏(乳児院うえだみなみ乳児院)
    足立 泰代(性教育ファシリテーター)     
    久野 恵雅(NPO法人ひだまりの丘 )
顧問  杉浦 ひとみ(東京アドヴォカシー法律事務所 弁護士)


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年12月20日

法務委員会所属議員の皆様と面会しました


759065c93d10882851a9ba34fa16a43d_s.jpg
【1/25:宮崎】障がい者への性暴力が認識される社会へ〜映画 「くちづけ」 上映会&トークセッション〜

==============


しあわせなみだでは、刑法に「性犯罪被害者としての障がい児者」の概念を盛り込むために、国会議員に調査報告書を持参し、現状を説明しています。
今回は、刑法性犯罪を取り扱う、法務委員会に所属する与党議員の皆様と、面会することができました(掲載は面会順)。


191127公明党竹谷とし子参議院議員small.jpg
公明党竹谷とし子参議院議員
竹谷議員は、現在参議院法務委員会で、委員長を務めています。
議事を取り扱う立場にある方と、障がい児者への性暴力の現状を共有でき、とても心強く思いました。


191127自民党田所嘉徳衆議院議員.JPG
自民党田所嘉徳衆議院議員
お忙しい中時間を割いてくださり、障がい児者への性暴力の現状をお伝えすることができました。


191211自民党藤井比早之衆議院議員.JPG
自民党藤井比早之衆議院議員
障がい児者が置かれた現状にとても心を寄せてくださり、また海外の法制度の状況や、身体・知的・精神・発達それぞれの障がいが、どのような性暴力のリスクを有しているのか等、大変熱心にご質問くださいました。


引き続き議員の皆様との面会の機会を増やし、障がいに乗じた性犯罪の創設が実現するよう、努力してまいります。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】

2019年12月17日

自民党性暴力議連勉強会でご縁をいただいた皆様と面会しました


759065c93d10882851a9ba34fa16a43d_s.jpg
【1/25:宮崎】障がい者への性暴力が認識される社会へ〜映画 「くちづけ」 上映会&トークセッション〜

==============


しあわせなみだでは、刑法に「性犯罪被害者としての障がい児者」の概念を盛り込むために、国会議員に調査報告書を持参し、現状を説明しています。
今回は、11/20に開催された、自民党「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」第4回勉強会でご縁をいただいた皆さんと、面会することができました(掲載は面会順)。


191127自民党笹川博義衆議院議員.JPG
自民党笹川博義衆議院議員
笹川議員は、超党派で作る、「国連障害者の権利条約推進議員連盟」に所属されていることから、障がい児者への性暴力に関心を持ち、勉強会に、足を運んでくださいました。
日ごろから障がい児者団体とのやり取りも多く、面会では、障がい児者が証言することの困難性や、司法関係者の研修育成の必要性など、大変具体的なアドバイスをいただくことができました。


191127自民党小田原潔衆議院議員.JPG
自民党小田原潔衆議院議員
小田原議員は、障がい児者を接する機会があったことを機に、勉強会に足を運んでくださいました。
会では、性暴力の現状に非常にショックを受け、大変熱心にご質問くださいました。
面会では、障がい児者や性暴力に対するご自身の思いをたくさん伺うことができ、この課題を政治の場で解決していく必要性を、共有することができました。


引き続き議員の皆様との面会の機会を増やし、障がいに乗じた性犯罪の創設が実現するよう、努力してまいります。


==============

本ブログは毎週火・金更新!
【性暴力に関する最新情報をお届けするメールニュース「Tear's Letter」毎週配信!】
【しあわせなみだウェブサイトはこちら】 

【クレジットによるご寄付はこちら】
【書籍・DVD・ゲームによるご支援はこちら】